REIちゃんの正体 Time20(20話)「ゲームだよ」ゼロの日常 (サンデー47号)のネタバレと感想

【スポンサードリンク】

ゼロの日常Time20「ゲームだよ」

さて今回のサンデー47号は2話連続のお話になっており、Time19(19話)「心のオアシス」のお話では、風見がスマホゲームをやっていいるところでした。

そしてその中でも仲が良い女性キャラクター「REI」について、風見は降谷零なのでは?と思っています。REIちゃんの正体は何でしょうか?

2018年10月17日発売のサンデー47号の「ゲームだよ」第20話をお届けします。

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

 

 

ゼロの日常Time20「ゲームだよ」のネタバレ

風見は降谷にこないだの休暇をもらったことについて聞くことに…。

そして降谷が昨日から時間を気にしていることを、風見に質問してみると…

「ゲームだよ…公安部の君の仲間には言うなよ?…まったく」

といつもどおり、クールな場面から物語がスタートします。そして、風見は自分の頭の中で決定づけました…

REIちゃんは降谷零であるということに…

 

【スポンサードリンク】

 

再びゲームのイベントを始めることに…。

風見は再びゲームの世界に入り、「REIちゃん」と会話をすることに…しかし、風見は

「そうですね!REIちゃん。」

とまさかの敬語を使ってしまうという展開に…風見の中では、既に降谷零と一緒にゲームをしている感覚になっているため、「おかしい…です。」と自然と敬語になっていたのです。

 

風見はREIちゃんに質問をしていく

風見はREIちゃんが降谷零だともっと確信をしていくために、色々な聞くことに…。

そして、好きな色が白、好きなことは料理と喫茶店…と聞き、最後には…。

名前はどうしているのか?と聞くと

「本名からでーす!」

と帰ってくる始末…そして風見の中で

「REI=零」

ということを確定して、降谷零と一緒にゲームをしていると思い…冷や汗が止まらなくなりました…。

 

【スポンサードリンク】

 

その頃、喫茶ポアロでは。

その頃、喫茶ポアロでは…安室は梓に協力を頼まれて、ゲームをやっていました。どうやら梓がイベントのアイテムが欲しいため、安室にお願いしたみたいですね。

そしてもう一人のお客さんがおり、それは鶴山のおばあちゃんという常連客でした…。

鶴山のおばあちゃんもゲームをやっており、そのキャラがまさかの「REIちゃん」でした。

鶴山のおばあちゃんの本名は鶴山麗子であるため、どうやら「REI」と名付けていたみたいですね笑。

さらにおばあちゃんは華道の先生、社交ダンス、ゲーマーという3つの顔をもっていたため、トリプルフェイスということになります。

どうやら風見はこれを聞いて降谷零と勘違いをしてしまったみたいですね。。

 

【スポンサードリンク】

 

風見は降谷がREIちゃんだと勘違いしたまま

風見は次の日に

「降谷さんもゲームなさるんですね!」

と言われた時に、降谷は潜入先に馴染むためと答えましたが…風見はどうやらここで確信してしまったみたいですね笑

ここで安室に君もやるのか?と聞かれた時に

「滅相もない!自分はやっておりません!」

とその場から逃げ出してしまいました。またもや風見の勘違いで物語が終了しましたね笑

Time21に続く…

 

【スポンサードリンク】

 

ゼロの日常 Time20「ゲームだよ」の感想

わかってはいましたが、REIちゃんの正体は安室透ではなかったですね笑 まさかの鶴山のおばあちゃんということになりましたね。

出てきていはいたけど、名前まではわかりませんでしたね笑

今回も風見の勘違いで終わりましたが、今後もどんな風になっていくのか注目していきましょう!

ゼロの日常2巻についてはこちら↓

ゼロの日常“2巻”の発売日はいつ!?簡単なネタバレと振り返りを紹介!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)