名探偵コナン File965「日記」の考察とネタバレ(感想)

【スポンサードリンク】

名探偵コナンFile965「日記」

幕末のからくり士・三水吉右衛門が作ったからくり箱「木神(もくじん)」を巡って、怪盗キッドが登場するシリーズの解決編です。

名探偵コナン File964「接近」では、最後にコナンが「木神」の解除方法が書かれた紙のありかがわかったみたいですが、怪盗キッドよりも先に見つけられるのでしょうか。

ここからは965話の簡単なネタバレと感想(考察)をお届けしていきます。

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

 

 

File965「日記」のネタバレ

依頼人の友寄公華(ともよせきみか)の過去に主人との交換日記をしていたことにより、からくり箱の開け方が書いてある紙のありかがわかったコナンは皆に披露します。

それは紙を挟んだ際に、パラパラ開きだと対象のページが飛ばされてしまうというトリック。対象の2ページを少しちぎることで、パラパラする際に手にひっからないため、隠れたように見えるということ。

964話で友寄が学生時代になかったような、夫のびっしり書かれた日記は同様の仕組みで作られたものでした。相当な照れ屋だったんですね笑

 

1万冊の中にある対象の本とは?

問題は解き方が入っている対象の本がどれかということです。

友寄の夫は、友寄に対して「絶対に見つけられない」と言ったことが最大のヒントになります。

当初は推理小説や怪奇小説を当たっていましたが、全て調べ切っていました…。

コナンのページを呼んでも意味がない…と言った際に、沖矢昴が「料理本の肉じゃがのページ」ですねと答えました。

友寄は夫の母親より秘伝の肉じゃがを受け継いでいるため、料理本の「肉じゃがのページ」は読む必要がないということです…。

そしてコナンたちが料理本を調べようとすると…。

 

【スポンサードリンク】

 

怪盗キッドが現れる

急に鈴木大図書館が停電しました…。つまり怪盗キッドの仕業ということですね。

そしてからくり箱の方から「大きな古時計」が流れ、防犯装置が作動しました。コナンたちがからくり箱の方に行くと…。

「箱の中身は頂戴した」と書かれたカードが、つまり、このわずかな時間で怪盗キッドが盗んだということになります。

その間に友寄は、肉じゃがのページから「木神」の解き方が入った紙を見つけ出し喜びます。友寄は私が本当に手に入れたかったのは、ムーンストーンではなくもう一つの物とのこと…。

 

怪盗キッドは阿笠博士に化けていた

博士がトイレに行った際にコナンが怪盗キッドは阿笠博士に変装したと突き止めました。どうやら、からくり箱を解く時に博士も針で怪我をしており、絆創膏の位置などで博士を突き止めていたみたいです。

そしてキッドがまだ箱を開けてないことも暴きました。

キッドは過去に、友寄の夫がスリに遭った際にすり替えしたことがあり、それがブルームーンでした。

つまり怪盗キッドが欲しい宝石かどうかは既に確認してあったため、今回は中身を開けずにスルーしたとのこと。。

そして、からくり箱の中に入っていたのムーンストーンと一緒に交換日記がは入っており、大満足でした。

 

怪盗キッドVS沖矢昴

怪盗キッドが今回来たのは、売られた喧嘩を買いに来ただけでした。キッドが逃げようとした時、沖矢昴が到着しました。

昴は963話の最初に写真を撮られた時に、首のボイスチェンジャーをいじっていたため、その写真を取り返しにきました。

だから、沖矢昴が写真に撮られた時にすごい周りを気にしていたんですね…。

これには怪盗キッドも敵わず、停電して写真を撮ったスマホをとって逃げていきました…。これにて怪盗キッドの物語は終了しました。

 

File965「日記」の感想

ついにからくり箱「木神」の解き方が書かれた紙をコナン達は見つけ出すことができましたね。しかし、単純ですけどなかなかわかりにくいトリックでしたね。

友寄の夫は本当は生きている間に見つけてほしかったのかな?というのが伝わるような物語でした。

今回は怪盗キッドは阿笠博士に変身していましたね。それにしても怪盗キッドもベルモットみたいに、少しの体型変化なら上手に変身できるのは、相変わらずですね…。

そして、今回面白かったのはキッドの前に、沖矢昴になる赤井秀一が現れたことでしたよね。(笑)

赤井さんもファンが多いため、この2人の対面に嬉しかった方も多かったのではないでしょうか?今度は本格的に2人に対峙して欲しいですよね^^

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)