名探偵コナン File956「裏切りの矛先」の考察とネタバレ(感想)

【スポンサードリンク】

名探偵コナンFile956「裏切りの矛先」事件の真相とは?

File954「裏切りの制裁」から続く、ミュージシャンの殺人事件。初めて事件の場で一緒になる安室透と沖矢昴ですが…

File955「裏切りの行方」の最後には、沖矢昴が左利きであることがわかり、赤井秀一なのでは?と勘ぐっていましたね。

2人の関係はもちろん、起きている殺害事件の真相はどうなるのでしょうか。

ここからは話の簡単なネタバレと感想(考察)をお届けしていきます。

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

 

 

File956「裏切りの矛先」のネタバレ

955話で筆跡鑑定を行ったものの、結局ロックミュージシャンの波土禄道(はどろくみち)の胸ポケットに入っていた「ゴメンな」というメモは波土本人が書いていたということがわかりました。

つまり、自殺の線が濃厚になってきました…。

それぞれの容疑者でもあるレコード会社社長の布施億泰(ふせおくやす)、マネージャーの円城佳苗(えんじょうかなえ)、に波土が自殺するような動悸がないと聞き込みます。

そこでもう一人の容疑者でもある雑誌記者の梶谷宏和(かじやひろかず)が、佳苗に茶々を入れます。

元々お金がないころ佳苗と波土は運送会社でアルバイトをしていましたが、波土は16年前に別の女と結婚していたそうで、今回発表する「ASACA」という楽曲も17年前に作られたもののとのこと。

また布施も波土と一度揉めた時に「17年間なぜそれを黙っていた」と言っていたとのこと…。

 

【スポンサードリンク】

 

バーボンは沖矢昴が赤井秀一と感づいている?

バーボンは沖矢昴が左手で字を書いてから、ずっと沖矢昴のことを睨んでいました。そして、スコッチが亡くなった時のことを思い出しました。

スコッチは亡くなった時の手の親指の先と、手の甲には血が付着していませんでした。つまり…スコッチは自分で亡くなったことになります。

そして、バーボンはスコッチに自分の拳銃を渡し、自殺するように言ったのは赤井秀一と決めつけていました…。

スコッチの本名は“景光(ひろみつ)”!登場回や安室との関係を全網羅|コナン解説

 

事件が動きだす…

このまま不可能殺人となるなか、とある情報が警察に届きます。明日ライブする予定であった波土のバックで演奏する予定だったバンドのメンバーの一人がさっき麻薬取締官に逮捕されていたとのこと。

当初の予定なら明日のライブ直後にライブ会場に踏み込むとのことでした…。

その話の最中がコナンが動き出し、沖矢昴やバーボンに様々なヒントを与えます。そして、事件現場にあったパイプ椅子の裏側に穴が空いていました…これに2人はひらめきました…。

 

蘭はベルモットのことを思い出す。

今回、ベルモットは梓に変装し、事件現場に潜入しています。そして波土の死体が見つかった時に蘭に「エンジェル」と言っていました。

これに対して蘭は灰原が誘拐される時に、怪しい女性に「Move it Angel! (どいてエンジェル!)」と言われたことを思い出しました…。

そして何故、梓がおの女性と同じ言い方をしているのか疑問に思っていました…。

File957に続く…。

 

File956「裏切りの矛先」の感想

今回は波土の事件の真相に近づいたお話でしたね。波土が「ASACA」という曲名を出す時にはいろいろな背景があったみたいですね。

コナン達は真相にたどり着きそうな気がしますね。

同時に蘭は、梓に変装しているベルモットのことを怪しいと思い始めています。蘭は本当のことに気づけるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)