名探偵コナン File945「意地悪なおじいさん」の考察とネタバレ(感想)

【スポンサードリンク】

名探偵コナンFile945「意地悪なおじいさん」太閤名人の大切なもの!?

945話からは新たな物語が始まります。今回の話ではコナンの中でも人気がある羽田秀吉と由美のお話です。

今回は2人の関係にとってもとても大切なお話になってきます。注目していきましょう!

ここからは945話の簡単なネタバレと感想(考察)をお届けしていきます。

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

 

 

File945「意地悪なおじいさん」のネタバレ

話は佐藤刑事と由美刑事の2人が非番の日で始まります。由美は羽田秀吉から貰った、婚姻届入りの封筒をまだ開けていない状態。

そして由美はまだ何かの名人ということですが、何の名人かは把握していません。

そんな中、2人が待ちの大型ビジョンでニュースが流れた時に「羽田秀吉が名人として七冠を維持できるかどうか注目」と出てきました…。

これを見た由美は驚愕…そして佐藤刑事も同じくびっくりしました…。加えて由美は封筒を雑誌にしおり代わりに挟んで、本日捨ててしまったとのこと。封筒は捨てられてしまったのでしょうか?

 

封筒はゴミにまとまってあるのか…?

由美が雑誌を午前中にまとめて捨ててしまったため、お昼にマンションに戻っても、既にゴミ捨て場には雑誌がなくなってしまいます。

太閤名人の年収はざっと1億円以上…由美はショックを受けているところに…。

コナンと灰原、歩美、元太、光彦と少年探偵団が揃いました。そして、コナン達が協力をすることに。

コナンが今日は資源ごみの日ではないから、まだマンションの中にあるはずと助言…。雑誌の行方はどうなるのでしょうか?

 

【スポンサードリンク】

 

雑誌は部屋の前に…しかし。。。

雑誌は管理人の手により由美の部屋の前に置かれていましたが…肝心の封筒は見つかりません。そして、灰原達は婚姻届が入ってると知っており、由美はさんざんな一日…。

そこで管理人のところに行ってみると…

「やっと来おったか…茶々め…」

マンションの管理人の八塚虎六(はちつかころく)が現れました。

羽田秀吉と由美が一緒に歩いてから、八塚は由美のことを茶々と呼ぶようになったみたいです…。

 

婚姻届は八塚は持っている?

八塚からスマホの写メを見せられると…そこにはなんと羽田秀吉が書いた婚姻届が映っていました。

つまり八塚は封筒を手にし、婚姻届をもっていることになります。

由美が部屋を探しても見つからない状況。ここで八塚が畳み掛けるように、今羽田秀吉は対局を行っているが、ここで負けたら七冠ではなくなってしまうとのこと。

しかも太閤名人は婚姻届が気になって、苦戦している次第…。ここで八塚は将棋の休憩時間まであと1時間の間に、太閤名人の嫁になる覚悟を見せろ!と由美に言い放つのでした。

 

謎を解いて婚姻届を見つける?

そこでコナンが八塚のパスワードを見ると、どうやらパスワードの入力欄が。一度しか入力できないパスワードを解くと婚姻届のありかがわかるとのこと…

そして少年探偵団が主体となって探すことに…。

早速、元太がヒントになるような変な紙を見つけました…。

File946に続く…。

File945「意地悪なおじいさん」の感想

今回は久しぶりの太閤名人のお話ですね。蘭や新一のようにこの二人の物語も早く進めばいいな…と思ったところで、このお話です。

今回は太閤名人が負けてしまうかもしれないという危機に、由美が間に合うかどうかです。八塚というおじさんは悪い人ではなさそうですが、とても意地悪ですね笑

由美は謎を解いて羽田秀吉と結婚できるのでしょうか?注目です!

次回のお話↓

名探偵コナン File946「真の夫婦」の考察とネタバレ(感想)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)