名探偵コナン893話「星付きレストランの謎」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

【スポンサードリンク】

名探偵コナン893話「星付きレストランの謎」

2018年2月24日放送の893話「星付きレストランの謎」の簡単なあらすじを紹介します。

2月最後の放送でしたが、2月3日、10日はアニメオリジナルの「幕末維新ミステリーツアー山口編・萩編」で、2月17日はデジタル・リマスターの91話「強盗犯人入院事件」でしたね。

さて今回は新たなお話になりますが、漫画orアニメオリジナルなのでしょうか?あらすじと一緒にお届けしていきます。

  1. 「星付きレストランの謎」の対象マンガ
  2. 893話「星付きレストランの謎」のあらすじと予想
  3. 893話「星付きレストランの謎」のネタバレと感想<2ページ>

※ここからはネタバレを含むため注意が必要です。

 

 

1. 「星付きレストランの謎」の対象マンガ

アニメを見る時に気になる漫画の原作かどうか。今回の「星付きレストランの謎」は、アニメオリジナルのお話です。

1月の放送の名探偵コナン889話・890話「新任教師の骸骨事件 前編・後編」では、今後のコナンの中でも特に重要になってくる人物の若狭留美が登場したりと、物語が進んできました。

只今、少年サンデーでは青山先生がおやすみしているため、物語が進んでいません。そのため、アニメの話が進みすぎないように調節もしているのかなと思います。

893話はどうやら一話完結型なので、物語を把握してない方でも大丈夫ですね!

 

【スポンサードリンク】

 

2. 893話「星付きレストランの謎」のあらすじと予想

公式ページのあらすじは↓のようになります。

小五郎、コナン、蘭は湖畔にある人気レストランにやってくる。テーブルには始まったばかりの5人分のディナーが供されていたが、肝心の客の姿はなかった。

この後、コナンたちは頭から血を流したオーナーシェフの口石を発見。小五郎が消えた客の事を訊ねると、口石は裏口を指し示す。

ドアには「呪」と書かれた紙が貼られ、5人の足跡は10m先の湖に続いていた。コナンは現場の状況に違和感を抱き、謎めいた事件の真相に迫るが…。

 

ネクストコナンズヒントは「メアリー・セレスト号」

ネクストコナンズヒントに「メアリーセレスト号」と出てていたため、恐らくこの豪華客船が事件に何か関係がありますね。

あらすじ動画の中で、謎の男性がアタッシュケースを開いていたため、何か事件に関係あるのかなと思います。

テレビのあらすじの中でコナンが「メアリー・セレスト号事件じゃない?」と発言しています。これは実在するのかな?とGoogle先生で調べて見ると…。

どうやら1872年にポルトガル沖で発見された、無人のまま漂流された船のことでした。つまり今回の事件が関係があるのか、それとも小五郎達がいったレストランが誰もいなかったということで、「メアリー・セレスト号事件」と似ているということなのでしょうか?

 

三ツ星レストランということはミシュラン?

「三ツ星レストラン」と聞くと、やはりミシュランの三ツ星という意味なのかな?と捉えることができます。

今回の事件はコナン達が行く、レストランが有名どころでそこで事件が起きるというのが想定できますね。どのような展開になるのでしょうか。

【次ページ】893話「星付きレストランの謎」を実際に見た感想と全ネタバレをご紹介。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)