名探偵コナン898話「ケーキが溶けた!」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

【スポンサードリンク】

名探偵コナン898話「ケーキが溶けた!」

2018年4月7日放送の898話「ケーキが溶けた!」の簡単なあらすじを紹介します。

896話・897話では注目の新キャラクターの一人「若狭留美先生」が登場しましたが、今回のメインのお話は安室透(バーボン)になります。

  1. 「ケーキが溶けた!」の対象マンガ
  2. 898話「ケーキが溶けた!」のあらすじとネタバレ
  3. 映画「ゼロの執行人」の伏線?

今回は2018年映画を楽しめにしている人にとっては嬉しい回になるので楽しみにしていきましょう。

※ここからはネタバレを含むため注意が必要です。

 

 

1. 「ケーキが溶けた!」の対象マンガ

今回の物語はサンデーには載っていないオリジナルのお話となります。そのため、物語が先に進むマンガ対象のお話になりません。

2018年4月13日に公開される劇場版名探偵コナン「ゼロの執行人」を記念したオリジナルの物語です。つまり安室透が出演するというのはそういうことです。

完全オリジナルのお話になるので、ファンとして楽しめるような内容になっているので、見ていきましょう!

 

2. 898話「ケーキが溶けた!」のあらすじとネタバレ

安室さんと言えば、ポアロでレタスサンドを振る舞った時のお話も衝撃的でしたよね笑

今回は公式で発表されている簡単なあらすじと、見どころを紹介していきます。

 

【スポンサードリンク】

 

898話「ケーキが溶けた!」の予想。※下にネタバレあります。

アニメのネタバレでは冷蔵庫が壊れているのでは?というものです。しかし、それは違うということは何者かにケーキが舐められたり、食べられていることになります。

普通の線で考えると動物…。猫のような可愛らしい動物が食べてしまった!というような展開が普通ですが、冷蔵庫の中ということは誰かが開けた?ということになります。

動物が開けたとなると少し騒ぎになるので、梓さんを含めた誰かが安室のケーキが美味しすぎて食べてしまったなどはありそうですよね笑

サンドイッチのお話の時にも安室のサンドイッチが美味しすぎて、尾行されてしまうなんてこともありましたね笑

 

 

898話「ケーキが溶けた!」のネタバレ

朝、コナンと小五郎、蘭が喫茶ポアロに行くと、小型冷蔵庫に入れていた安室透の特製ケーキの形が崩れるという事件が起きる。

同じ事は何度もあったが原因は不明だという。この後、ポアロにやってきた光彦、元太、歩美。梓は冷蔵庫の修理を業者に頼むが、冷蔵庫は壊れていなかった。

元太はライバル店の店主が夜中にケーキを壊していると推理。コナンはこの推理は違うと思いつつも店の外にカメラを設置して閉店後の店内を撮影する事に。

 

事件の鍵はIoT家電にあった。

今回の事件の最初に、ポアロの電気ケトルがインターネットで操作ができるIoT家電に新しくしました。

そして、その近くにケーキのストッカーを置いていたことにつながります。

少年探偵団の家でドローンが勝手に動いた時に、探偵団バッジと同じ電波の周波数であったため、勝手に動きはじめました。コナンはここからヒントを得ました。

 

【スポンサードリンク】

 

ケーキが溶ける日は毎回同じタクシーが通っていた。

安室の特性ケーキが溶ける日は毎回、同じタクシーがお店の前を通っていました。つまり、タクシーの電波と電気ケトルの電波が鑑賞したことにより、夜中にも関らず、電気ケトルがお湯を作りました。

これにより、ケーキのストッカーにケトルの蒸気が入り込むことにより、溶けてしまったのです…。

 

安室の対策は溶けないケーキを作ること。

コナン達はケーキが溶けるカラクリを見つけましたが、この時安室はなんと溶けない半熟ケーキを作っていました笑

毎回思いますが、本当に公安の仕事は大丈夫なのかな?と心配になりますよね笑

半熟ケーキが作り終わったとこで、2018年の映画の伏線について少し触れていきたいと思います。

 

3. 映画「ゼロの執行人」の伏線?

さて、今回は安室が主役になってくる映画「ゼロの執行人」の特別アニメであるため、何か伏線があるのかな?と思っている人も多いかと思います。

実際に見てみて、2つほど気になったのでご紹介します。

 

【スポンサードリンク】

 

安室の発言に注目

このお話でコナンと安室は少しお話をしていました。少年探偵団のために、今回の原因を突き止めるコナンに対して、安室は高発現します。

「君は大切な人のためなら、どんな捜査もするんだ。」

と言います。これは映画の予告を観ている人は聞いたことがあるかと思いますが、映画中に安室がコナンに

「毛利小五郎のことになると君は一生懸命だね。それとも蘭姉ちゃんのためかな。」

つまり、これは誰れかのためが、小五郎と蘭につながるんですね。映画への伏線となっている可能性大ですね!予告も観てみましょう↓

 

 

東京サミットについて

今回の映画の舞台にもなる「東京サミット」ですが。コナンがアニメの最後に、以下のように言いました。

「事件よりケーキ作りを楽しんでいた安室さんがあんな行動をおこすなんて、この時は思いもしなかった。」

つまり、東京サミットについて安室が関わっているのは間違いないですね。気になる方は、ページ下のあらすじも合わせて見ていきましょう!

 

【スポンサードリンク】

 

まとめ

今回は2018年4月7日放送の898話「ケーキが溶けた!」の簡単なあらすじを紹介しました。

映画のオリジナルアニメということで、物語に発展はありませんが、安室さんの面白い話が観ましたね。

そのまま映画も見ていきましょう!

2018年に放映される映画のあらすじが気になる方は以下を観てください↓

【予備知識】2018年劇場版名探偵コナン第22弾「ゼロの執行人」のあらすじを公開!

2018年4月14日の放送のアニメは毛利小五郎が捕まります!

名探偵コナン199話・200話「容疑者・毛利小五郎 前編・後編」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)デジタル・リマスター

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)