名探偵コナン File938「死角での犯行」の考察とネタバレ(感想)

【スポンサードリンク】

名探偵コナンFile938「死角での犯行」

女性ガールズバンドで起きた事件名探偵コナン File937「消された手がかり」の最後では、コナンと安室、世良が犯人が誰かわかったみたいですね。

防犯カメラの死角で行われた犯行の犯人は誰だったのでしょうか?

ここからは938話の簡単なネタバレと感想(考察)をお届けしていきます。

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

 

 

File938「死角での犯行」のネタバレ

目暮警部が犯人の凶器を探しているが、一向に見つからず。

容疑者でもあるギターの木舩染花(きぶねそねか)、ベースでボーカルの笛川唯子(ふえかわただこ)、キーボードの小暮留海(こぐれるみ)の持ち物からも何も持っていませんでした。

ここに世良真純と安室透がやってきて、犯人は3人の中にいると進言をします。

 

犯人が使用した凶器とは?

さて疑われている3人で、殺害されたドラムでリーダーの山路萩江を殺害した紐状の凶器とは何でしょうか。

安室が凶器については既にスタジオの外に出されいてるため、ないとのこと。そして、それを持ち出したのは容疑者ではなく警察とのこと…。

そして、世良が反抗に使用されたヒモ状の物が編み込まれて形を変えてたと言います。

 

犯行に使用されたものは、山路が被っていたニット帽に編み込まれていた

まさかの展開ですが、今回の殺人事件に使用されたヒモ状のものは“毛糸”。そして、被害者の山路が被っていたニット帽に犯行後編み込まれたみたいです。

編み込みに使われたのがドラムスティックみたいです…。

そして、それができるのはキーボードの小暮となりました。3人は一度貸しスタジオに入っていますが、楽譜を直すのは事前にでき、防犯カメラに背を向けていた、小暮なら犯行は可能とのこと。

防犯カメラの件についても、左上のキーボードの小暮次第で死角をを作れるというトリックでした。

 

【スポンサードリンク】

 

犯行の原因は元ボーカルの死

他の2人が小暮が殺害するはずがないと言いますが、原因は元々バンドメンバーでもあったボーカルの朱音の死とのこと。

朱音はこのバンドの元々ボーカルでしたが、酔った山路に「もっと歌声に深みが欲しい…」と言われ、お酒でうがいやクッションに顔を押し当てて大声を上げたりして、ハスキーボイスになりました。

しかし、山路に「何だよ?その声…前の方が良かったよ…」

と言われて、その数日後に朱音は車に飛び込んで自殺してしまったとのこと。

 

しかし、本当は交通事故であった

朱音は自殺したと思っていた小暮であったが、実は朱音は信号無視して飛び出した子供を守るために、自分が轢かれてしまったとのこと。

そして、山路は事前に朱音にも謝っていたとのこと。しかし、小暮は朱音が死んだショックをしらずにそのまま勘違いしたまま犯行してしまったことになります。

 

【スポンサードリンク】

 

世良真純は赤井秀一の妹であった

ほとんどの方はこれまでの流れで、世良真純が赤井秀一の妹では?と思っていた方も多いと思いますが、この話でついに明るみにでます。

そして、4年前の話を聞いた時に安室透は、ベースを教えていた「スコッチ」という男性について、心の中で…。

「彼は…警視庁公安部の…潜入捜査官…君の兄に殺された男だよ」

と言いました。

スコッチの本名は“景光(ひろみつ)”!登場回や安室との関係を全網羅|コナン解説

つまり、安室透と同じ潜入捜査官だったが、赤井秀一のせいで死んでしまい、安室透が恨んでいることがここではっきりしましたね。

今後の物語に大きく繋がりそうですね…。

 

【スポンサードリンク】

 

File938「死角での犯行」の感想

今回は悲しい事件になってしまいましたね。それにしてもドラムスティックで編み物とは…本当にできるのかどうかは際どいですよね…笑

そして、お話の最後には今までにも出てきた「スコッチ」の正体が、公安の潜入捜査官とわかりました。

つまり、安室透と同じ仲間だったということですね。まだまだ先になりそうですが、何故、スコッチが死んだのか?というのもわかりそうなので注目していきましょう^^

名探偵コナン File938「死角での犯行」の考察とネタバレ(感想)

2018年の映画は安室透が主役です↓

【予備知識】2018年劇場版名探偵コナン第22弾「ゼロの執行人」のあらすじを公開!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)