名探偵コナン903話「似た者同士が犬猿の仲」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

【スポンサードリンク】

名探偵コナン903話「似た者同士が犬猿の仲」

前回の放送の901話・902話「妃弁護士SOS 前編・後編」では久しぶりの原作のお話でしたね。妃英理の起点と毛利小五郎の愛が少しほっこりするような回でしたね笑

2018年の映画「ゼロの執行人」も絶好調のため、まだ観てない人はぜひ、足を運んでくださいね。

【予備知識】2018年劇場版名探偵コナン第22弾「ゼロの執行人」のあらすじを公開!

さて今回は2018年5月26日放送のアニメ名探偵コナン「似た者同士が犬猿の仲」についてご紹介していきます。

  • 「似た者同士が犬猿の仲」の対象マンガ
  • 903話「似た者同士が犬猿の仲」のあらすじとネタバレ
  • 感想

今回のお話はどのような事件でしょうか?注目していきましょう!

※ここからはネタバレを含むため注意が必要です。

 

 

1. 「似た者同士が犬猿の仲」の対象マンガ

5月26日放送の「似た者同士が犬猿の仲」はアニメオリジナルストーリーとなります。前回は漫画の原作のお話で、5月6日に放送されてた900話「密室の謎解きショウ」もオリジナルでしたね。

今回も一話完結型の物語ですが、どのようなお話になっていくのでしょうか。注目していきましょう!

 

【スポンサードリンク】

 

2. 903話「似た者同士が犬猿の仲」のあらすじとネタバレ

今回はアニメオリジナルストーリーとなるため、細かなネタバレはありません。公式で発表されたあらすじは以下になります!

コナンたちはレストランで日売スポーツ記者の橋爪と同僚の加賀爪が言い争う現場に遭遇。

2人は仲が悪いのに何から何までソックリだった。この後、橋爪は店を出て行くが、間違えて加賀爪のタンブラーを持ち帰る。

夜、川原で加賀爪の遺体が発見される。死因はタンブラーのコーヒーに混入された青酸化合物による中毒死。加賀爪のタンブラーから指紋が検出された橋爪は重要参考人として取り調べを受ける。橋爪はアリバイを主張するが…

 

【スポンサードリンク】

 

「似た者同士が犬猿の仲」のネタバレ&感想

冒頭で似た者同士である加賀爪と橋爪の二人が出てきました。何かを言い争っている様子。

そして、橋爪がレストランを出た時に、加賀爪のタンブラーを持っていきました。これに対してコナンは「あれ間違えてるけど言いの?」と言ったのにもかかわらず、加賀爪は追わず…

これは少し怪しい感じがしますね…。

この2人はとある大企業の社長が亡くなった時に、遺言書がなくなった家族間でもめたことをスクープしました。しかし、追い詰めすぎて家族間で殺人が起きてしまうほどの大きなものでした…。

 

その日の夜に加賀爪が亡くなってしまう

その日の夜に、加賀爪はタンブラーに入っていたコーヒーの中に、青酸化合物が入っており、亡くなったしまいました。

この時には橋爪の指紋がついていたこともあり、橋爪を重要参考人として呼び出すことに。

 

【スポンサードリンク】

橋爪には当日のアリバイがあった。

しかし橋爪はがある芸能人の不倫現場を張り込んでいたため、宅配便の特徴をこたえたりしたため、アリバイも完璧なものでもありました。

しかし、コナンは配達業者の時間指定便に目をつけて、橋爪のアリバイは崩せるという事に気づきました。その通り、宅配便の伝票はデタラメで時間指定のみされていたものとのこと。

つまり、撮影していた動画を見て、アリバイを主張としたとのもの。

 

亡くなった殺害計画書が見つかる?

亡くなった加賀爪のUSBメモリの中から、「橋爪の殺害計画書」が残されていたことがわかりました。つまり、本当は橋爪が殺される予定だったのです。

これを知った橋爪が加賀爪を殺害したのでは?と高木警部が追い詰めるも、容疑を否認しましす。

逆に橋爪が押収したパソコンから出てきたのは「加賀爪の殺害計画書」が出てきました。つまり、お互いに同時期に殺害をしようとしたのでした。

しかし、橋爪はある発言をします。橋爪が事件現場に行った時に「加賀爪はすでに死んでいた」ということもあり、容疑を否認しました…。どういうことでしょうか。

 

【スポンサードリンク】

 

コナンは事件の真相を調べることに。

コナンはスポーツ記者の細田と桑野のアリバイを聞くも、ぱっとせず。コナンは高木警部と事件現場に行くことに。

そうすると、被害者の靴下にコーヒーが付いていたこと。そして、コナンは容疑者の加賀爪の車の中を良く調べることを指示するのでした。

そして、いつも通り、毛利小五郎の推理ショーを行いました。調べた結果、加賀爪の車の運転席の下から青酸化合物が出てきました。橋爪を殺害するために。

しかし、亡くなった加賀爪が飲んだのは、もともと橋爪が持っていたタンブラーでした。これはコナンの指紋よりわかりました。

 

 

事件のキーは「遺言書」

加賀爪は自分で毒を入れたタンブラーを自分で飲んだのでした。そして加賀爪の別メモリで「遺言書」が出てきたみたいです。

これは1年前に加賀爪と橋爪が大スクープをとった事件の「遺言書」でした。つまり、1年前にスクープした時に、遺族間の間に起きた殺人事件は、この遺言書を2人が盗んだためでした。

罪悪感にあった加賀爪はこのことを世に公表しようと思って、橋爪ともめていたのです。

その責任をとって橋爪を殺して、自殺を考えたみたいでした。しかし、冒頭で橋爪がタンブラーを間違えてとった時に、「相手も自分を殺害する」と考えていると思ったため、加賀爪は思いとどまり、自分が死に橋爪を苦しめようと思ったみたいです。

そして。加賀爪は余命わずかの病気だったため、自分がわざと死ぬことを考えたみたいです。

なんとドロドロで複雑な事件だったのでしょうか…。

 

【スポンサードリンク】

 

3. 感想

今回の事件、とてもわかりにくかったですよね笑

加賀爪なのか、橋爪なのかと…目暮警部も困惑してましたよね笑

それにしても、お互いに似た者同士でこんなこと考えているのはなかなかできた話ではありましたが、今の世の中を少し映し出していました。

ちょっと変わったお話でしたが、面白かったですね!次週も期待していきましょう!

来月の放送のアニメコナンは↓

名探偵コナン107話・108話「モグラ星人謎の事件 前編・後編」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

2019年の映画は怪盗キッドが主役!?↓

【怪盗キッド!?】2019年度の劇場版第23弾は名探偵コナンの予想!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)