名探偵コナン107話・108話「モグラ星人謎の事件 前編・後編」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

【スポンサードリンク】

名探偵コナン107話・108話「モグラ星人謎の事件 前編・後編」

原作コナンの方も盛り上がっていますが、5月のアニメコナンでは妃英理が登場したりと盛り上がっていました。

前回の903話「似た者同士が犬猿の仲」ではアニメオリジナルシリーズでしたね。今回は2018年6月2日、9日に放送される107話・108話「モグラ星人謎の事件 前編・後編」についてお届けします。

100台のお話ということで、今回はデジタル・リマスター版となります。結構昔のお話なので覚えている人もそんなにいない気がしますね。

今回は以下の流れでお伝えしていきます。

  1. 「モグラ星人謎の事件」の対象マンガ・過去の放送日
  2. 107話「モグラ星人謎の事件 前編」のあらすじとネタバレ
  3. 108話「モグラ星人謎の事件 後編」のあらすじとネタバレ
  4. 感想

昔のお話とあり、少し深くまで公開しますのでお付き合いいただければと思います!

※ここからはネタバレを含むため注意が必要です。

 

 

1. 「モグラ星人謎の事件」の対象マンガ・過去の放送日

さて6月に放送される今回のお話ですが、原作対象漫画は何の話?と思う方もいるかと思いますが、実はこのお話はアニメオリジナルストーリーだったのです。

昔のアニメコナンでもオリジナルストーリーがあったんだ!という方もいるでしょう。放送日は1998年6月29日・7月6日と20年近く前のお話に…。コナンも長いですね笑

前編・後編のお話で結構な見応えがあるため、初めて観る方は楽しめるような内容になっています。

1時間スペシャルの184話「呪いの仮面は冷たく笑う」の時と同じ感じで楽しめるかなと思います。忘れている方もいると思うので必須です!

 

【スポンサードリンク】

 

2. 107話「モグラ星人謎の事件 前編」のあらすじとネタバレ

ここでは2018年6月2日に放送される(1998年6月29日放送)「モグラ星人謎の事件 前編」のあらすじとネタバレをお届けします。

公式ででているあらすじと、実際に見たネタバレや感想と合わせてお伝えするので楽しんでくださいね。

 

「モグラ星人謎の事件 前編」のあらすじ

公式で公開されているあらすじは以下になります。

コナン、元太、歩美、光彦は野球をしている時、洋館の庭に球を入れてしまう。コナンたちは球を取りに行くが、家主の綿貫に庭に入るなと追い返される。

この後、仮面ヤイバーに登場するモグラ星人にソックリな幸田が事務所にやってくる。幸田は妹の早苗が行方不明になったと小五郎に相談。

早苗は綿貫に殺害され、庭に埋められたという。結局、小五郎は依頼を断るが、元太、歩美、光彦は少年探偵団として事件を解決すると意気込むが…。

 

 

「モグラ星人謎の事件 前編」のネタバレ

今回の事件の鍵を握っているの洋館の家主・綿貫(わたぬき)、そして妹の早苗(さなえ)が綿貫に殺害されたと言っている、男・幸田(こうだ)です。

物語の最初にコナンたちはマンションの建築現場で野球をすることになりました。この建築現場は半月前から工事が中断しており、誰もいない状況。

その中で野球をしていると隣の洋館から双眼鏡で除く男性(綿貫)の姿を見つけて、野球ボールが洋館に入って物語がスタートします。

 

毛利探偵事務所に行くと依頼人の「幸田」がやってくる

コナンと少年探偵団が毛利探偵事務所の前にいる幸田に声をかけて、小五郎と相談をすることになります。

相談内容としては…妹が綿貫に殺されたとのこと。そして、その妹は綿貫の家の庭にあるという驚愕の事実に

幸田は妹の早苗はコスモスが好きであることと、証券会社に勤めていた。営業の支店で顧客の一人に会うと言い、その日以降行方不明になったとのこと。

綿貫は株で損失を出してしまい、この責任をとれと言われておりこれを断ったため殺害されたのでは?と幸田が言う。

そしてその日の深夜2時頃、持田というサラリーマンが洋館の路地裏で、なにかスコップを掘る音が聞こえたと証言していた。

しかし、このことを言っても持田は酔っていたことがあり、警察に言っても取り合ってもらえず、毛利探偵事務所に訪れたとのこと。

幸田は綿貫が毎週土曜日の朝に綿貫が病院に行くことを知っており、その時に小五郎も一緒にきて、洋館の裏庭に妹のいる場所を推理して、穴を掘ってほしいと伝えた。

小五郎は犯罪になるため、協力ができないと言うと、幸田はどこかへ行ってしまう。この時に歩美ちゃんが幸田の顔を見て、仮面ヤイバー登場するモグラ星人に似ていると言うのでした。

 

【スポンサードリンク】

 

少年探偵団は洋館の綿貫の家に入ることに

少年探偵団が綿貫の家に勝手に入り、洋館の庭を見ることに…。そうすると綿貫に見つかり、家の中に全員で入ることに…。

コナンが起点をきかせて、綿貫に野球ボールを返してほしい旨を伝えると、綿貫は笑顔でボールを返してくれた。実はいい人なのでは?と思うコナン達であったが。。。

綿貫が病院らしく留守電を聴くと表情を豹変させた…。この時、コナンと歩美ちゃんは留守電の声が病院ではなく、幸田の声であった時に気づいた。

つまり、幸田は綿貫に確実に病院に行かせて、2時間の中で遺体を掘り出すことを考えていた。

 

次の日、コナンが綿貫の家で張り込みを行うと…

病院の日、当日。コナンと少年探偵団が綿貫の張り込みを行うと、綿貫が時間通りでてきて、病院に向かうことに。

幸田がやってくるのでは?と張り込みをしているコナン達の前をパトカーが通り過ぎる。そして、コナンがパトカーを追うと宝石屋に強盗が入った模様。

そして、監視カメラに映っていたのはなんと幸田であったのだ。

幸田のバイクが「米花駅」に逃走に使われたバイクと、駅に宝石が落ちていたことがあり、環状線沿いに緊急配備をすることに。

ここでコナンは、幸田の話は全部嘘だったのか?と思っていましたが、コナンは「米花駅」近くのマンホールが開けた痕跡があり、綿貫の家の近くにマンホールがあったことから、コナンはある推理をします。

 

【スポンサードリンク】

3. 108話「モグラ星人謎の事件 後編」のあらすじとネタバレ

ここでは2018年6月9日に放送される(1998年7月6日放送)の「モグラ星人謎の事件 後編」のネタバレとあらすじをお届けします。

宝石泥棒を行った幸田であったが、本当は何が狙いであったのか?コナンは何を察したのか注目していきましょう。

 

「モグラ星人謎の事件 後編」のネタバレ

少年探偵団の歩美と元太が綿貫の洋館の前で幸田を張り込んでいた時に、幸田はなんとマンホールから現れました。これにより、2人は本当にモグラ星人では?と驚きました。

そのまま、幸田は綿貫の家に入ります。コナンは幸田の行動を理解し、綿貫の家に向かっていました。

同じ頃、綿貫は病院から電話がなかったことを知り、何かに気づき急いでタクシーにのって病院をでました。嘘がバレたんでしょうね…。

 

幸田は庭に棒のようなもので穴を開けていた

コナンが到着したころ、幸田は綿貫の庭に、棒のようなもので穴を複数開けていました。そして、綿貫が帰ってきて、幸田は綿貫に殴られてしまいます。

この時にも幸田は妹の早苗の遺体を探しにきている様子でした。この時に綿貫の顔が…もう犯人の悪い顔をしていましたね笑

コナンはすべてを知っているかのように、幸田に警察に自首を促すのでした。

 

【スポンサードリンク】

 

幸田の本当の狙いは“庭”にあった

幸田は自主をし、目暮警部が綿貫の家に訪れる。そして、幸田は自首しましたが、盗んだ宝石を綿貫の庭に複数の穴を開けて、そのいくつかに宝石を埋めたとのこと。

つまり、幸田は全て作戦通りであったのです。警察に綿貫の庭を全て掘り返してもらい、妹の遺体も見つけてもらうという思惑でした…。

しかし…。綿貫の家の庭からは遺体らしきものがでてこず、幸田の行動は水の泡になってしまったのです…。

コナンは綿貫の笑顔に確実に犯人ということを確信していた…。

 

コナンは情報収集をすることに。

コナンは情報収集をすることに。小五郎が会社の同僚に聞いたことによると、早苗はコスモスの種をもらっていたということ。

少年探偵団と図書館で調べるも、事件当日は東風の強い風が吹いていた。ことしかわからず。

そして、事件当日の夜中に証言者の一人である持田に話を聴くことに。この時にあることがわかります。

持田はタバコを吸うために路地裏に入って、音を聞いた時を証言しました。コナンはこの時に東風が吹いていたことを指摘すると、持田は左右逆であることに気がづきました。

つまり、穴を掘る音がしたのは綿貫の家ではなく、マンションが建つ予定の建築現場だったのです。

 

早苗の遺体は綿貫の家ではなく、建築現場に

ここからはあっというまでした。綿貫は自分の家の庭を掘られても余裕があったのは、遺体を埋めたのは建築現場であったから。

そのため、前編の最初に建築現場で野球をするコナン達を双眼鏡で見ていたのでした。

犯行動機を聞くと、怒っている時に階段の上から腕を払ったら、早苗が階段から落ち、倒れてしまったとのこと。なんとも辛いですね。

そして、早苗が埋まっている場所であろうところに、なんとコスモスの苗が生えていました。なんとも悲しい事件でしたね…。

 

 

4. 感想

最近のコナンでは、1話完結型のデジタル・リマスター版が多かったですが、今回は昔のアニメの放送でしたね。

2話もので、事件のトリックや幸田が何で強盗をしたことや、複数の穴をあけていたことなど、様々な考えることが多いようなお話でしたね。

107話の前編の最後には幸田が宝石強盗の犯人になって、何をしたかったのか?という意図はわかりませんでしたが、108話の後編でその全貌がわかりましたね。

犯罪を起こしたのは本当の真犯人のしっぽを掴むものであったということでしたね。なかなか賢い…。

そして、最後にコスモスの苗がでている部分にはふいに感動してしまいました。

幸田はこの後、その苗を地元に持ち帰ると少しハッピーエンドな終わり方で、今のコナンでは見れない、昔ならではのストーリーでした。

久しぶりに昔のコナンでしたがとても面白かったですね。次回の話も注目していきましょう!

次回のお話のネタバレをあらすしはこちら!↓

名探偵コナン904話「相討ちの果て」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

6月の放送予定一覧はこちら↓

【アニメ】名探偵コナン「2018年6月」放送予定一覧!

2019年の映画は怪盗キッドが主役!?↓

【怪盗キッド!?】2019年度の劇場版第23弾は名探偵コナンの予想!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)