名探偵コナン904話「相討ちの果て」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

【スポンサードリンク】

名探偵コナン904話「相討ちの果て」

先週と先々週のお話でもあった107話・108話「モグラ星人謎の事件 前編・後編」は昔のお話でしたが、とても面白かったですよね。アニメオリジナルなのに、ストーリーも凝っており、個人的には満足でした。

4月に公開された映画「ゼロの執行人」では、コナンシリーズで再び最高の興行収入を達成しましたね!コナンファンとしては最高ですよね^^

【安室かっこよすぎ!】「ゼロの執行人」のネタバレと感想(2018年映画)

さて今回は2018年6月16日放送のアニメ名探偵コナン「相討ちの果て」についてご紹介していきます。

  • 「相討ちの果て」の対象マンガ
  • 903話「相討ちの果て」のあらすじとネタバレ
  • 感想

 

 

1. 「相討ちの果て」の対象マンガ

今回放送される904話の「相討ちの果て」はアニメオリジナルストーリーとなります。

少年サンデーで連載されている漫画のお話はちょいちょいお休みになっているので、まだまだアニメオリジナルストーリーが進みそうですよね。

今後はどうなっていくのでしょうか。

 

2. 904話「相討ちの果て」のあらすじとネタバレ

公式HPから公開されている、アニメのあらすじは以下のようになります。

コナンたちは絶命した不動産会社社長の河合信蔵と元従業員の柴田健介を発見する。現場は信蔵の自宅だった。

会社のお金を着服してクビになった柴田。事件の時、仮眠していた妻の河合優子はこの日は着服したお金の返済期日だったと証言。

信蔵はお金を返せばクビはなかった事にすると柴田に約束。だが、信蔵は再び雇うつもりはなかったという。目暮警部は2人が言い争って相討ちになったと判断するが、コナンは何かが引っかかって…

 

【スポンサードリンク】

 

「相討ちの果て」のネタバレ&感想

コナンと歩美、元太、光彦、灰原、そして博士の6人でサッカーをしていたところ。元太がサッカーボールを一軒家にいれてしまいます。

ここで元太がサッカーボールを取りに行ったところ、元太の大声が…。コナンが元太の元に行き、部屋を覗いたらアイスピックが胸に刺さっている男性の姿が…。

インターホンを何度鳴らしても出ない…窓をわろうとした時に、中から女性が…。その女性を遮ってコナンが中に入ると。

不動産会社社長の河合信蔵が亡くなっており、その反対には元従業員の柴田健介の死体が…。コナンたちは警察を呼ぶことに…。

 

目暮警部と高木刑事が到着する…。

2人が現場検証をしていると、信蔵と柴田が争った形跡があり、ふたりとも亡くなっていました。出てきた女性は河合の妻の河合優子でした。

優子は朝から介護に言っており、部屋で仮眠をしていたとのこと。優子は右足をねんざしており、殺害は厳しいという見方もありました。

そして警察が柴田のことを聞くと。

柴田は河合の会社のお金を着服しており、今日はその返済日とのこと。そしてその返済金額は100万円みたいですね…。

 

【スポンサードリンク】

 

優子が起きた理由は?

優子は仮眠していましたが、元太の叫び声で起きたとのこと。

この時、インターホンの調子が悪くて、鳴りにくくなっていたみたいです。そのため、コナンや元太がインターホンを鳴らしても優子は出なかったみたいですね…。

そして警察から新たな情報が…。

信蔵は柴田を再度雇うつもりはないとの、他の従業員が漏らしていたとのこと。つまり、柴田がそれに逆上して殺害したとのこと。

しかし、コナンは少し引っかかっている様子であった…。

 

コナンはあることに引っかかる

事件が起きた時に元太が叫び声をあげたことに対して、コナンはあることに気づきます。。

そして博士と一緒にコナンは現場に戻ることに。

警察では新たな証拠が見つかり、植木鉢に柴田のシャツのボタンが入っていました。しかし、柴田はセーターを着ていたため、シャツのボタンはどうやって飛んだのでしょうか。

 

【スポンサードリンク】

 

阿笠博士が推理をする

今回は小五郎がいないため、阿笠博士を使ってコナンが推理することに。

推理の中で、アイスピックを使用した時の血痕の位置でおかしな点を指摘し、シャツのボタンの矛盾、優子が2階の寝室に寝ていたのに、元太が叫んだということを知っていたことを推理しました。

つまり、優子は殺害した時にこの部屋におり、現場にいたとのこと…。しかし、どうやって事件は起きたのでしょうか?

 

事件の真相と真犯人

事件の真相としては、柴田と河合は争っており、河合は腹部をアイスピックで刺されており、その時に柴田を倒して、柴田は机の角に頭をぶつけてなくなりました。

そして、腹部を刺されていたまま座っていたのです。この時に優子がもう一度、アイスピックで河合の心臓を刺して殺害したのでした。

この時に優子はセーターに返り血を浴びていたのです。もともと柴田はセーターを着ておらず、実は優子のセーターを着ていたのでした。

つまり、優子は死んだ柴田に罪をなすりつけたのでした。

犯行動機は河合の心無い言葉に、優子がかっとなって刺してしまったとのこと…。なんとも苦い殺人事件でしたね。

 

【スポンサードリンク】

 

「相討ちの果て」の感想

今回はアニメオリジナルストーリーの1話完結であったため、スラッと終わりましたが、容疑者が一人ということもありすんなりとわかりましたね。

しかし、柴田が着ていたセーターが優子のセーターであったことはなかなか気づきませんでした。

まだまだ突っ込める所はありましたが、1話完結なのでスピーディーに進んだという印象でした。次回は2話続くのでどのような話になるのか注目していきましょう!

次回2018年6月23日放送のお話はこちら↓

名探偵コナン905話・906話「七年後の目撃証言 前編・後編」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

6月の放送予定一覧はこちら↓

【アニメ】名探偵コナン「2018年6月」放送予定一覧!

2019年の映画は怪盗キッドが主役!?↓

【怪盗キッド!?】2019年度の劇場版第23弾は名探偵コナンの予想!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)