名探偵コナン909・910話「燃えるテントの怪 前編・後編」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

【スポンサードリンク】

名探偵コナン909話・910話「燃えるテントの怪 前編・後編」

前回放送のアニメコナン908話「川床に流れた友情」はアニメオリジナルストーリーでした。6月以降は以降はなかなか、原作ストーリーのお話が進んでいませんでしたが、今回は少し期待できそうなお話になります。

今回はRUM候補であるとある二人がついに鉢合わせをします…。物語はどのように進んでいくのでしょうか?

今回は2018年7月28日(土)・8月4日(土)放送のアニメ名探偵コナン909話・910話「燃えるテントの怪 前編・後編」のあらすじとネタバレを紹介していきます。

  • 1. 「燃えるテントの怪」の対象マンガ
  • 2. 909話「燃えるテントの怪 前編」のあらすじとネタバレ
  • 3. 910話「燃えるテントの怪 後編」のあらすじとネタバレ
  • 4.「燃えるテントの怪」感想

※ここからはネタバレを含むため、注意してくださいね。

 

 

1. 「燃えるテントの怪」の対象マンガ

今回のお話は本当に久しぶりに原作のお話となります。前回の原作は901話・902話「妃弁護士SOS 前編・後編」であったため、5月ぶりとなります。

だいぶ待たせましたね…笑

今回は単行本の93巻に収録されている以下の3つのお話になります。

 

コナンと少年探偵団は若狭留美先生付き添いのもと、キャンプに行くことに。そのキャンプ場で出会った大学生達のテントが燃えることに…。一人の被害者と隣にいたテントにいたのはなんと黒田兵衛でした↓

名探偵コナン File987「ティップオフ」(サンデー12号)の考察とネタバレ(感想)

若狭留美と黒田管理官が初めて顔合わせするが、険悪なムードに。黒田とコナンを中心に事件解決が進んでいくが、とあることがわかる↓

名探偵コナン File988「ヴァイオレーション」(サンデー13号)の考察とネタバレ(感想)

ついに犯人を追い込んだコナン達であったが…犯人がなんと逆上してしまう。人質に取られた歩美ちゃんを〇〇が救う…↓

名探偵コナン File989「ブザービーター」(サンデー14号)の考察とネタバレ(感想)

 

【スポンサードリンク】

 

2. 909話「燃えるテントの怪 前編」のあらすじとネタバレ

今回のお話はRUM候補でもある若狭留美先生と黒田兵衛がなんと初めて顔を合わせます。

二人とも只者ではないため、物語がどのように進んでいくのか注目していきましょう!

ここからは2018年7月28日放送のアニメ名探偵コナン909話「燃えるテントの怪 前編」のあらすじとネタバレを紹介します。

 

909話「燃えるテントの怪 前編」のあらすじ

公式サイトのあらすじは以下になります↓

コナンたちはクラス副担任の若狭とキャンプ場に来て、白網大学バスケ部の芦沢、漆原、段野、美鳥と知り合う。段野は練習中、漆原に肘を当てられ、片目を潰された元エースだった。漆原は段野、芦沢と揉めて険悪な雰囲気になる。

不貞腐れた漆原は酒を飲んで寝ると言って自分のテントに入っていく。段野、芦沢、美鳥は順番に漆原を呼びに行くが、テントから出てこない漆原。そして、元太が漆原のテントが燃えている事に気付いて…

 

909話「燃えるテントの怪 前編」のネタバレ

物語は「警視庁」の黒田管理官の一室から始まる。黒田兵衛はコナンが見ていた羽田浩司殺人事件の記事と、若狭留美がプロゴルファーを撃退した新聞記事を見ていた。何かを考えているみたいですね。

↓参考記事

名探偵コナン896話・897話「白い手の女 前編・後編」

羽田浩司殺人事件の考察。RUMや浅香、赤井務武との関係を個人的に考える

そこに白鳥警部がやってきて、報告書を持ってきました。この時に白鳥は黒田にコナン達少年探偵団が週末にキャンプ場に行くという話をされる。

この時に阿笠博士の代わりに、付きそうのが「若狭留美先生」と知らされた黒田の表情は一変する。そしてよかったら行ってみてくださいと白鳥にキャンプ場の紙を渡された黒田は。

「キャンプか…柄じゃないよ…」

と不気味な笑みを浮かべるのでした。

 

【スポンサードリンク】

 

コナン達はキャンプ場でご飯を食べることに。

週末になり、キャンプ場でテントを作った、コナンと少年探偵団。そして若狭留美先生。

この時、コナンは若狭留美先生のことを少し怪しいと思うのでした。それは「白い手の女」の事件の時に、若狭留美先生のコンビニのレシートを見ていたコナン。

実はこの時に、コナン達の皿やマグカップまで買い足していたことにも疑問を思っていました。

事前に事件を察知して、わざと家に呼んだのか?それともコナン本人を狙っていたのか?

そして、初登場した学校の倉庫の時にも、サビが剥がれた後が真新しかったこともあり、コナンは若狭留美先生はわざと自分を事件が起きるところに呼んでいるのでは?と勘ぐるのであった。

 

【スポンサードリンク】

 

コナン達の隣にキャンプをしている大学生達が

キャンプ場にはコナン達以外にもキャンプを楽しんでいる人達がいました。手を出す仕草を見て、コナンがバスケットボールの選手であることを見破ると、そこにいた4人が自己紹介をすることに。

4人は白網大学のバスケットボール部のマネージャーの古岡美鳥(ふるおかみどり)エースの芦沢純人(あしざわすみと)、ディフェンスの要の漆原文昭(うるしはらふみあき)、元エースで現マネージャーの段野邦典(だんのくにのり)です。

この時に、エースの芦沢は既にプロから声がかかっている実力。元エースの段野は、ディフェンスの漆原の肘が目に入り、失明寸前で後少しで義眼になるところだったとのこと、今ではマネージャー。

 

【スポンサードリンク】

 

失明・義眼という言葉に若狭留美が反応する。。

失明・義眼と聞いた若狭留美はなんと、異様な雰囲気が漂い、これにコナンと灰原は反応してしまう。

コナンが見ると、若狭留美は何か後ろのポケットに入っているものを握り締めている様子であった…。怖い若狭先生が出てきましたね…笑

 

大学生達は喧嘩をしてしまう

自分が肘打ちをしたおかげて、段野と美鳥が付き合えたことに感謝しろといった漆原。これに対して、言い過ぎだぞと注意する芦沢であったが、

「言葉に気をつけろよ…芦沢…。お前もいつだって…潰せるんだから…段野見てぇによ!」

という漆原。気分が落ちた段野は一人お酒を飲んで寝るから帰る前に起こしてくれと言い、テントに入りました。

この時、もう一つの他のテントから誰かが覗く様子が…。。

 

【スポンサードリンク】

 

コナンたちと段野達は一緒にカレーを食べることに

漆原以外の段野、芦沢、美鳥の3人とコナンたちは一緒にカレーを食べることに。

芦沢が漆原をテントに起こしにいったが、漆原はでてこず。しかし、その後に漆原がいるテントの明かりが付き、シルエットでスクワットをしている様子。

そこに段野がカレーを持っていき、再度漆原を起こしに行く。

 

コナン達がカレーを食べ終わると

コナン達がカレーを食べ終わり、お腹いっぱいになっていると、焦げ臭い匂いが…。

なんと、漆原がいたテントが燃えてしまっていたのでした。みんなで水をかけて消化活動をするも…。漆原は焼死体となってしまいました。

コナン達が隣のテントにいる人に何かを見てないか、聴きにくと、なんとテントから現れたのは「黒田管理官」の姿でした。

そして最後に

「一目で状況は把握した…警察を呼ぶとしよう。よろしいか? 若狭留美先生」

初めて会ったのに、黒田管理官はまるで何か意図があるような言い草でしたね…。そして顔が怖い。

 

 

若狭留美が黒田管理官を睨みつける

黒田が現れてから、若狭留美はずっと黒田のことを睨んでいた。ここに歩美ちゃんが

 「若狭留美先生!」

と3回呼んだ時に若狭留美は周りを見渡して、左目で歩美ちゃんをやっと見つけました。

この時、灰原とコナンは気づきました…若狭留美先生は右目が見えてないことに…。

 

若狭留美は右目が見えておらず、義眼である確率が高い

コナンと灰原は気づき、コナンは今まで若狭留美が頭をぶつけていたことや、墨をこぼしていたことなどを踏まえてドジの先生を演じていると思っていました。

しかし、今までの行動がわざとではないとなると、若狭留美は右目が見えていないということであり、義眼ということになります。

つまりRUM候補の一人となることになります…。

 

弓長警部が到着する

火災犯係でもある弓長警部が登場し、現場検証が始まる。どうやら、火元波乱単位使ったろうそくが、漫画や本、衣類に火が付き一気に燃え広がった可能性が高いとのこと。

被害者はお酒をそうろう飲んでいたことと、テントの出入り愚痴もしっかりと施錠されていたことから、事件性ではなく、事故の判断になろうとした時、コナンがあることに気づく。

それは竹ひごが混ざっており、そこには穴の空いたろうそくやVの字に焼けた本があったりと不自然なことに

誰かが仕掛けた方向で黒田管理官と弓長警部は捜査を始めることに。

容疑者はバスケ部の3人ということになりますね…。

 

 

3. 910話「燃えるテントの怪 後編」のあらすじとネタバレ

さて前回でまさかのRUM候補の2人である若狭留美と黒田管理官がまさかのキャンプ場で鉢合わせるということが起きました。

黒田管理官は事前にコナンたちがくることを知っていたため、わざとである確率が高いですがどうなるのでしょうか?

ここからは2018年8月4日放送のアニメ名探偵コナン910話「燃えるテントの怪 前編」のあらすじとネタバレを紹介します。

※ここからもネタバレがあるため、注意してください

 

910話「燃えるテントの怪 後編」のあらすじ

公式HPのあらすじは以下になります↓

燃えるテントから白網大バスケ部の漆原の遺体が発見される。コナンはテント内を見て、溶けたロウソクの中に竹ヒゴが1本混ざっている事に注目。

コナンは何かの仕掛けと推理し、仲間の美鳥、芦沢、段野の中に犯人がいると睨む

。弓長警部は漆原のテントに行った3人から話を聞き、最後にテントに行った段野の犯行を疑う。この後、コナンは黒焦げの漆原の左手の写真、遊んでいる歩美たちの姿から犯人のトリックを見破って…

 

 

910話「燃えるテントの怪 後編」のネタバレ

黒田とコナン、弓長警部は今回のテントが燃えたことは事故ではなく、事件性が高いと睨んでいました。

そのため、今回は同じバスケ部の3人を中心に捜査を初めて行きます。さて犯人はどのようにして仕掛けを作ったのでしょうか。

 

バスケ部3人が容疑者となる

今回の容疑者である3人に話を聞くことに。漆原は酔うと、全然起きなくなったり、寝る前にはスクワットするなど新たな情報がでてきました。

そして、実際に漆原のいるテントに訪れた瞬間は、訪れた順番はマネージャーの古岡→エースの芦沢→元エースで現マネージャーの段野となります。

スクワットをし始めたのは芦沢の後であり、段野が行った時にはスクワットをどんどん激しくしていたこともあり、コナンはここに疑問を思っていました。

 

元々、段野はバスケ部のエースであった

今回の大学生の中で、段野は大学のエースでもあり、プロにも目を付けられていた注目選手でした…。

しかし、練習中に漆原のひじが、段野の右目に当たったことにより、選手生命が絶たれてしまいました。

その後に芹沢が大学のエースとなり、段野はマネージャーとなり、古岡と付き合うようになったみたいです。何かドロドロのようなものを感じますね。

 

コナンはあることに気づき、犯人を特定する

警察が見つけた漆原の指の写真には、不自然なテーピングありました。これを見たコナンは何かを不自然なところを見つけました。

そして少年探偵団に確認を取ろうとした所で、子どもたちは若狭先生と遊んでいました。そして、歩美ちゃんが

「どんぐりのやじろべぇ!!!」

と言った時に、コナンと黒田は何かに気づき、今回の事件のトリックがわかったみたいですね…。それにしてもこの時の若狭先生の顔が怖いですね。

 

漆原を殺害した犯人のトリックとは?

コナンは今回の事件のトリックがわかった様子。この時にスクワットをしていたようでしたが、実はそれは漆原のスクワットではなく、自動発火装置のようなもので意図的に作られていたのです。

そして、コナンは実際に今回の事件のトリックを本やろうそく、竹ひごを使用して実験をしました。実際に高速で動き、影がスクワットをしているようかに見えました…。

これって本当にできるのかな。。笑

 

テントを燃やして、漆原を殺害した犯人は…芹沢!

今回の事件の争点となるのは、犯人がいつ火をつけたのか?ということになります。もう一度、漆原のテントに行った順番をおさらいすると…。

吉岡→芹沢→段野となります。そして、明かりがついたのは芹沢の後なので、犯人は芹沢ということに!

芹沢の服に土がついていることや、芹沢のテーピングが剥がれていることから決定的な証拠になりました…。

そして追い詰められた芹沢は、カッターナイフをもち…。

 

芹沢は歩美ちゃんを人質にとる

逆上した芹沢は歩美ちゃんを人質にとり、今回の犯人は自分であることを話しました。

芹沢は自分が試合に出たいがために、漆原に段野を怪我させて欲しいとお願いしました。そして、そのままエースになった芹沢は漆原に一生弱みを握られてしまいました

これを断つために今回の事件を試みたのでした…。

 

若狭先生は芹沢に近づく…。

芹沢は歩美ちゃんを人質にとり、森の奥にある崖に二人で飛び込もうと考えていました。歩美ちゃんは恐怖で気絶してしまい…コナンたちが為す術がない状態に…。

そこで若狭先生が一人で芹沢のもとに歩いていき「私の児童から手を離しなさい」と言い…どんどん近づきます。

そして…。怖い顔になり…

「どうしても離さないと言うのなら…  刺せよ… ホラ刺してみろよ… なんなら私が… 手伝ってやろうか?」

と芹沢がびびったところに…黒田管理官が芹沢を押さえつけて、なんとか芹沢を捕まえました…。この後、若狭先生はいつもの状態に戻りました。

 

コナンと灰原は若狭先生が怪しいと気づく…。

コナンと灰原は若狭先生は、何か怪しいということを二人で共有しました。しかし、灰原はすべてを気づいておきながら、

「言っとくけど、私、好きだから…若狭先生…。だから悪く言わないでくれる?」

と言い、コナンは仰天としてしまう…。

最後にコナンは若狭先生のポケットに入っている何かに気づいて、お話は終了を迎えました…

 

 

4.「燃えるテントの怪」感想

今回は原作マンガの中でもRUM候補でもある二人の初対峙でありましたが、いろいろ疑問点も多いところもありましたね。

初めて顔を合わした時に、若狭先生はずっと黒田管理官のことを睨んでいました。逆に黒田管理官は若狭留美のことを見るために、キャンプに来たようにも思えましたね。

まだまだ、二人の関係性はわかっていませんが、何かあることは間違いありませんよね…。黒田管理官の考察はこちら↓

「ゼロの執行人」から考察“黒田兵衛”の正体は?公安 or RUMなのか

 

若狭先生の正体とは?

さて、若狭先生が登場する回では毎回、怖い若狭先生がでましたが、今回もブラック若狭が垣間見えたお話でしたね。あれは怖い…。

まだまだ謎が多い女性ですが、今回で右目が見えてない、ポケットに何かあるということにコナンが気づきました。

RUMかな〜と思いきや、灰原はあまり若狭先生を敵対視してないので、まだまだわからないですよね…。詳しい考察は以下記事でやっています。

若狭留美先生の正体は浅香?RUM(ラム)?なのか徹底考察

まだまだ謎が多いですが、8月以降もアニメコナンを楽しんでいきましょう!

次回のお話はデジタル・リマスターです!

名探偵コナン57・58話「ホームズ・フリーク殺人事件 前編・後編」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

8月のアニメ名探偵コナンの放送予定一覧はこちら↓

名探偵コナン57・58話「ホームズ・フリーク殺人事件 前編・後編」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

7月のアニメコナンの放送予定一覧はこちら↓

【アニメ】名探偵コナン「2018年7月」放送予定一覧!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)