ゼロの日常Time9(9話)「いけないよ」(サンデー33号)のネタバレと感想

【スポンサードリンク】

ゼロの日常Time9「いけないよ」懐いた子犬が…。

今回のサンデー33号からは、名探偵コナンが発売しない時にゼロのティータイムが連載されることが決まりましたね。

本編はサンデー40号までお休みのため、当分はゼロの日常が中心になりますが、楽しんでいきましょう!

前回のTime8(8話)「綺麗にしてやるでは、安室に懐いた犬のお話ですが、今回もわのかわいいワンちゃんのお話になります。

ここからは2018年7月11日発売のサンデー33号の「いけないよ」第9話をお届けします。

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

 

 

Time9「いけないよ」のネタバレ

安室が家のドアを開けると、外にはあの助けたワンちゃんがいました。どうやら安室に懐いているみたいですね…。

そんな犬に安室が「ここはペット禁止だから飼うことはできない…」と言いかけた時に、同じマンションの住人が犬を連れてでてきました。

ペット禁止じゃなかったのか…と思いとどまる安室でした。

そこでワンちゃんを見てみると…

 

ワンちゃんが足に怪我をしていた

なんとワンちゃんが足を怪我していました。そんな姿を見た安室は、足を洗ってワセリンを塗ってあげました。最後に

「これでよし!」

という笑顔がとても素敵です。なんて優しい男なんでしょうね…。

「もうここにはきていけないよ」と、安室はワンちゃんに言い、そのまま車でいってしまいました。この時のワンちゃんの顔がとても寂しそう…。

 

【スポンサードリンク】

 

ワンちゃんとは離れたと思いきや

安室が真剣に電話をしている場面に再度…あのワンちゃんが現れます。

そして、電柱ぶつかったり、階段から落ちたりと何度も怪我をしてしまいます。その度に安室は手当てをしています…。

恐らくワンちゃんは安室の気を引こうとわざとやっているんですね。

 

ワンちゃんが車にひかれそうになる。

最後の手当てをした安室の後を追う、ワンちゃん。そこになんと車がきて、ワンちゃんがひかれそうに…。

ここで安室はダイビングキャッチをして、なんとか子犬を助けられることができました。

それにしても相変わらずレベルの高い身体能力ですよね笑

 

【スポンサードリンク】

 

安室は子犬と自分を重ね合わせる

安室はワンちゃんに向かって、怒ります。

「何度も手当てをする僕の身にもなってみろ!」

といった時に、安室はあることを思い出します。そうです、自分が小さい頃に宮野エレーナ先生の元にわざと怪我をして通っていた記憶を。

「次に怪我をして来てももう手当てできないよ…先生、遠くに行っちゃうから…バイバイ種…零君」

この時に安室は過去の自分とワンちゃんを重ね合わせて、わざと怪我をしていたことを。

そして、安室は最後にワンちゃんを抱えて

「一緒に帰ろう…」

と言います。ついに安室はワンちゃんを飼うことを決めたんですね。

Time10に続く…

 

【スポンサードリンク】

 

Time9「いけないよ」の感想

今回も可愛らしいお話がある反面、少し本編とリンクするようなお話でしたね。

安室がFile1012「ぬかったな」の時も自分はわざと通っていたことを、公開しており、それをワンちゃんに重ね合わせたお話でしたね。

それにしても、安室さんがメインの話ですので、少しずつ本編とリンクするのが楽しいですよね笑

次回はこのワンちゃんも登場するのでしょうか?注目していきましょう!

次回のゼロのティータイムは↓

ゼロの日常Time10(10話)「決めた」(サンデー34号)のネタバレと感想

ゼロの日常の単行本第1巻のネタバレはこちら↓

ゼロの日常“1巻”の発売日はいつ!?簡単なネタバレと振り返りを紹介!

安室透についてはこちら↓

安室透の全貌を大公開!バーボン、公安の降谷零のトリプルフェイスの秘密とは

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)