ゼロの日常Time2(2話)「It’s a piece of cake」(サンデー25号)のネタバレと感想

【スポンサードリンク】

ゼロの日常Time2「It’s a piece of cake(イッツアピースオブケーキ)」

前回のさんせー24号から始まった名探偵コナンのスピンオフ漫画「ゼロの日常」ですが、本編とは違い安室透にフォーカスしており、まだまだ楽しみなお話になりそうですね。

Time1(1話)「三足の草鞋」前回は安室透のポアロでの日常のお話でしたが、今回はどのようなストーリーになるのか注目です。

ここからは2018年5月16日発売のサンデー25号の「It’s a piece of cake(イッツアピースオブケーキ)」第2話をお届けします。

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

 

 

Time2「It’s a piece of cake(イッツアピースオブケーキ)」のネタバレ

今回の扉絵は、安室が黒の組織の一員として動く時の黒パーカー、黒キャップです。かっこいい〜笑

そして2話の物語は、高級レストランでとある美女とお話をするところから始まります。

 

バーボンとしてベルモットと会食

その美女のお相手はもちろん、黒の組織の一人でもある「ベルモット」。

今回はどうやら安室透ではなく、“バーボン”としてお話がスタートするみたいですね。バーボンはベルモットと後始末の件について話していました…。

相変わらず、怖い話をしている二人ですね笑

ベルモットは怖い顔をしながら、ご飯を食べているバーボンに対して

「あら、お口に合わなかった?」

と言います。安室としてはビジネスの場では、素晴らしい料理を楽しめる料理を楽しめる度量がないとのこと。

 

【スポンサードリンク】

 

デザートで「フランベ」を見て

二人の食事の最後に、洋酒のアルコールを炎でとばし、素材の香り付けをする「フランベ」を見ていました。

これを見て、何も痕跡を残さないで、芳醇な酒の香りをまとわせる我々の組織みたい。という少し怖い会話をしていましたね笑

そして、その炎を見ていたバーボンは凄い剣幕で見ていました。

恐らく黒の組織を敵対視をしている一人として、絶対潰してやろうみたいな顔をしていましたね。

これを見たベルモットが、次の仕事に関して、考えていると感じており、

「心配はしていないわバーボン…あなたほどの能力があれば It’s a piece of cake(楽勝よ)」

と今回のタイトルになりましたね。それにしてもこの二人は結構一緒にいるので、意外と好きなコンビです笑

 

【スポンサードリンク】

 

安室がある日の家で

後日、安室が家で調理する姿がありました。安室はポアロで働いている時から、料理の腕前は一流ですが…ここでもまさかの展開に。

「日本の酒、日本の素材で…フランベ!」

とまさかの、家で本格的な料理を作っています笑

まだまだバリエーションがあり、サンドイッチや煮物、どんだけ作るんだ〜って感じですよね。

そしてご飯を作って一言。

「作り過ぎた…風見にやるか…」

風見さん…。ここでも使われるのか笑

相変わらず、これは天然なのか?と思う、安室透の第2話目でした。

 

【スポンサードリンク】

Time2「It’s a piece of cake(イッツアピースオブケーキ)」の感想

今回はベルモットとのディナーで物語が始まりましたね。お互いに情報収集や、変装が得意二人はコンビとしては最適ですよね。

しかし、やはり安室は公安の人間であるために、黒の組織をいつか倒すと考えている所が垣間見えた物語でした。

料理の腕前が良いのはしっていますが…風見にやるか…は個人的にツボでしたね。第3話もどうなっていくのか楽しみにしていきましょう!

第3話のあらすじとネタバレはこちら↓

ゼロの日常Time3(3話)「眠くない…」(サンデー26号)のネタバレと感想

ゼロの日常の単行本第1巻のネタバレはこちら↓

ゼロの日常“1巻”の発売日はいつ!?簡単なネタバレと振り返りを紹介!

安室透についてはこちら↓

安室透の全貌を大公開!バーボン、公安の降谷零のトリプルフェイスの秘密とは

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)