名探偵コナン File121「本当の姿」の考察とネタバレ(感想)|ホームズ・フリークの動機

【スポンサードリンク】

名探偵コナンFile121「本当の姿」

前回のFile120「見破られたウソ」の最後にコナンはついに服部を麻酔銃で眠らせてしまいました。そして、名言である「わかってしもたんでんがな!!!」も出ましたね笑

今回の話ではまだ服部に正体がバレていませんが、ついに万事休すというところまできましたね。こん今回でコナンの正体がバレてしまうのでしょうか?注目です!

2018年8月11日に放送される57・58話「ホームズ・フリーク殺人事件 前編・後編」を記念して、今回は原作となったFile119のお話を紹介したいと思います。

ここからは121話の簡単なネタバレと感想(考察)をお届けしていきます。

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

 

 

File121「本当の姿」のネタバレ

コナンは服部を眠らせて眠りの平次で推理ショーをはじめました。

117話ではオーナーの金谷裕之(かねたにひろゆき)が亡くなり、118話では大木綾子(おおきあやこ)もガレージの爆発に巻き込まれ、119話の最後には、命は平気だったが駅員の藤沢俊明(ふじさわとしあき)が被害に…。

これを全て行った犯人とは…?

 

平次が指を指す

コナンが平次を使用して小五郎の方に指を指し…。

「ちがいまんがな!!!」

と謎の関西弁を話し…その後ろにいる…。犯人

「戸叶さん!!!あなたやで!!!」

と、まさかの大学生の推理研究会会長・戸叶研人(とかのうけんと)を犯人に指名しました。しかし、戸叶にはアリバイが…。

 

【スポンサードリンク】

 

戸叶にはアリバイがあった…

第一の事件の時に戸叶は平次やコナンと一緒にオーナーの車が動き出す時には、部屋にいました。。これを崩せません。

これに対して、小五郎が平次に向かって、

「そのとおりだバカタレ!!!」

とまさかのげんこつをしてしまいました…コナンは平次が起きないか心配である中、トリックを説明します、

 

第一の事件のトリックは死後硬直を利用したもの

事件はオーナーを一日前から殺害しており、車のシートに座らせ、ブレーキを踏んだ状態で固定することで、半日後には死後硬直でエンジンをかけてもブレーキを踏んだままのため、車は止まったまま。

そして事件当日の食事の前にガレージを開け、硬直がとけると自然に動き出すというトリックに。

 

【スポンサードリンク】

 

第二の事件は事前に仕込んでいたもの

第二のガレージの爆発は、車はガソリン漏れをしており、バッテリーが上がった状態。犯人は綾子に

「ガレージの車の後部席の下にホームズの初版本が隠してある」

と伝えることで。真っ暗なガレージでライターをつけると、ガソリンに引火して爆発したというもの。つまり犯人はその場にいなくても殺害できるというトリックになります。

そして戸叶が綾子を殺害した動機は「犯人がわかった」と言った時に、トリックを見破られていたためです。そのため、二人でトイレに行った時に戸叶は初版本のありかを伝えたのです。

 

死後硬直のトリックはとても複雑

第一の事件で死後硬直は40時間以上たたないと言う、小五郎の指摘に対して、眠りの平次は外気温が高ければ早く溶けることを伝えます。

つまり、車の中の変な音は暖房であり、毛布は暖房をつけることを隠すための仕掛けということになります。

そのため、ちょうど良い時間になって車が走りだすというもの。後で死後硬直を調べればわかるもんお犯人は崖下に転落させたのでした…。凄い手が混んでいる…。

途中スピードが上がったのは、荒れ地のためブレーキペダルから足が外れたとのこと。

 

【スポンサードリンク】

 

ガレージのトリックは本当は藤沢を殺害するためのワナだった

今回の事件の綾子は本当は殺害するつもりはなかったが、爆発しました。実は本当は藤沢の部屋にカードを指していた通り、藤沢を殺害するためのものでした。

予定がくるったため、第3の事件の停電の時は急遽作ったトリックで多くの証拠が残ってしまったのでした。

 

戸叶が殺害をしたという証拠は?

犯人の戸叶は証拠はどこにある?と言いました。

これに対して眠りの平次は昨日のホームズクイズの問題を次々に出題しました。しかし、出題されたものと違う問題を回答しました…。

これに対して眠りの平時は、綾子はカンニングをするために戸叶の部屋に入ったが、何も書かれていない白紙の答案用紙を見て、戸叶が犯人だとわかりました。

そしてオーナーが死ぬとわかっていた戸叶はテストに答えていないため、これが証拠となりました。

 

【スポンサードリンク】

 

犯人の動機は何か?

さて、今回の事件の犯人の動機ですが…。オーナー金谷と藤沢が共同で書いた

「アイリーンアドラーの嘲笑」

が殺害の動機になりました。戸叶はアイリーンはシャーロックが唯一認めた女性であり、そんな彼女があざけ笑うとは考えられない。

つまりその本を書いたのが、ホームズフリークの二人という理由で殺害を犯したのでした…。つまり、、、とんだとばっちりをうけたということになりました。

 

服部が目を覚ます

服部は蘭に起こされて、凄い!と言われた後に、

「当たり前やーー!こんくらいの事件、オレにかかりゃ朝飯前でんがな〜〜〜」

と調子にのっており、コナンも正体がバレてないと思いましたが。。。

服部が「なぁ」

「おまえ工藤やろ?」

とコナンを詰めます。そして服部は途中から起きて、コナンを監視していたとのこと。そしてコナンが本当のことを言わない…なら蘭にバラそうとする服部…。

それを制止したコナン。

コナンはついに服部に自分の正体がバレてしまいました。つまりこれが初めて服部にばれるお話になります。

 

【スポンサードリンク】

 

File121「本当の姿」の感想

ついにホームズ・フリーク殺人事件が終わりましたね。それにしても犯人の動機が凄いものでしたね…。そんなことで殺害をするな…と言いたいようなものでした。

そしてコナンはついに服部に正体がバレてしまいましたが、ここからが二人の関係が長いので、ファンとしてはとても楽しいシーンでした。

昔のお話でしたがとても楽しいお話になりました。

 

ホームズ・フリーク事件のアニメ版はこちら↓

名探偵コナン57・58話「ホームズ・フリーク殺人事件 前編・後編」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)