容疑者は3人!File867「イタズラっ子」の考察とネタバレ(感想)|漫画コナン

【スポンサードリンク】

名探偵コナンFile867「イタズラっ子」

前回のFile866「猫を被ってでは猫の大尉の飼い主が見つかって一件落着かと思いきや、その飼主の所で新たな事件が発生していましたね。

どうして飼い主は倒れてしまっていたのでしょうか?

ここからは867話の簡単なネタバレと感想(考察)をお届けしていきます。

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

 

 

File867「イタズラっ子」のネタバレ

益子さんの家に行き、大尉に会いにきた少年探偵団であったが、益子の部屋には管理人と隣にすむ住人の姿が…。

そして三毛猫の大尉の足には益子さんらしき人物の血が付いていました。

益子さんは亡くなってしまったのでしょうか?

 

コナンが外から益子さんを呼びかける

コナンは益子さんが中で何かあったと思い、何度も呼びかけるも返事はなく。そして部屋の鍵は空けたものの、ドアロックがかかっているため、中には入れない緊急事態に。

コナンは少年探偵団がもっていた、毛色やバンソコークリップを使用して、なんとドアロックを解除してしまいました。

なんとも…泥棒のような手さばきになりますね…。

 

【スポンサードリンク】

 

コナンが部屋の奥に行くと…。

コナンは部屋の中に入り、走って舞益子の部屋にいくと、頭から血を流している益子の姿が…。なんとか脈がある状態でした。

事件の現場を見てみると、ベッドの上に椅子があったり、カバーが外れた照明器具や壁に立てかけられた新品の蛍光灯

床に散らかった蛍光灯にみて、事故だと思いきや…事件の香りをコナンは感じていました。

 

佐藤刑事と高木刑事が到着する

益子の家に、佐藤刑事と高木刑事が到着し、現場の状況を確認することに。益子は意識不明の状態とのことお…。

現場を見るだけでは、蛍光灯を取り替えようとしてころんだ事故ですが、どうやら、コナンが細かいところまで築き、誰かに突き飛ばされた時に起きてしまったとのもの。

事故ではなく事件の方向性になることに。

 

インターホンの録画に3人の姿が…

益子の家に訪れたのは3人いたらしく、その3人の録画を元に容疑者を家に呼ぶことに。

この時に佐藤刑事と高木刑事はちょいちょいイチャイチャしていたシーンが個人的にツボです笑

高木刑事が

「本当に柔らかくて暖かったのは…もちろんベッドじゃなく…」

と言いかけていましたね…。ただの変態ですね笑

この時もコナンはこの部屋になければいけないものがなく疑問に思っていました・何が事件を解く鍵になるのでしょうか?

 

【スポンサードリンク】

 

容疑者は3人、益子のマンションにやってきた

インターホンに写った3人がやってきており、それぞれ目的などを話しました。

一人目はスナックのママで露口降代(つゆぐちふるよ)。訪れた理由は、益子が露口が探していたレコードを見つけたため、その受取とのこと。

二人目は元益子の会社の社員である麻生茉莉(あそうまり)。麻生は益子の会社で大ぽかをして首になってしまったが、新しい仕事先を探してもらったのでその御礼にきたとのこと。玄関口で話していたとのこと。

三人目は小説家の漆屋倫平(うるしやりんぺい)。大学時代からの付き合いで、アイディアに詰まったから来たとのこと。この時は玄関前まできたが、益子とは会えずじまいとのこと。

 

悩むと佐藤と高木…

高木と佐藤は事件解決への手がかりがわからず、悩んでいたが…どうやらコナンはわかったみたいですね。

益子を事故に見せかけた犯人は誰でしょうか?

File868に続く…。

 

【スポンサードリンク】

 

File867「イタズラっ子」の感想

今回は益子に怪我をさせた容疑者である3人との会話でしたね。

それにしても高木刑事と佐藤刑事のイチャイチャが地味に面白いですよね笑 高木刑事はちょいちょい下ネタいれてますし…。

さて今回の事件は大尉が関係してそうですので、大尉がどのように関わっていくか注目していきましょう!

868話のあらすじはこちら↓

猫を使ったトリック?File868「招き猫」の考察とネタバレ(感想)|漫画コナン

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)