凶器の行方は?File854「探偵はBARで推理する」の考察とネタバレ(感想)|漫画コナン

【スポンサードリンク】

名探偵コナンFile854「探偵はBARで推理する」

前回のFile853「探偵はBARで事件に遭遇する」では、まさかの「探偵はBARにいる」のオマージュしたようなお話でしたが…。

やはり事件は起きてしまいました。小五郎はきどっている感じですが、やはり問題なく事件を解決させそうな気がします笑

ここからは854話の簡単なネタバレと感想(考察)をお届けしていきます。

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

 

File854「探偵はBARで推理する」のネタバレ

コナンと小五郎がBARにいると。バーテンダーである福井柚嬉(ふくいゆずき)より、たまに店内で“ポンッ”という音が鳴り、ゆずの小香りがするという相談をうけた。

そんな中、4人客でいた同じ会社の人たち。部長の薄田周史(うすだちかふみ)、岸浦実夏(きしうらみか)、初村健策(はつむらけんさく)小暮紋平(こぐれもんぺい)が飲んでいましたが。

部長の薄田が倒れてしまい、亡くなってしまった事件。。。犯人はどのようなトリックを使ったのでしょうか?

 

【スポンサードリンク】

 

被害者の薄田は何者かに毒殺されていた

今回の被害者の薄田は、首の後ろより何者かに毒殺されていました…。

そして、小五郎と目暮警部はお話をし、容疑者を3人に絞り込みました。そこで軽く話をすると…。

部下であった3人は部長に無理矢理高額な誕生日プレゼントを買わされてしまったとのこと。そして、部長がバカにしていたい吉桑という人物が自殺し、それが岸浦の恋人だったことも…。

そして初村は吉桑の大学の先輩であり、小暮は動機入社と何か関わっている感じがしますね…。

4人は最初はダーツをやろうとしたものの、ソフトダーツだったため、その後ビリヤードをやっていたとのこと、そしてそれぞれ部長と二人きりになる機会はあったとのこと。

 

【スポンサードリンク】

 

それぞれの容疑者の所有物やプレゼントを調べることに

初村は高額なビリヤードのキュー、小暮もハードダーツの高級品をプレゼントしていた。

そして、岸浦の所持品はカメラフィルとアイドルのポスターになります。

アイドルのポスターは濡れており、その香りが柚子の香りがしていることに、コナンは気づきました。どうやらシャンパンがこぼれてしまったとのこと。

 

いろいろな所を調べるも毒物は出てこず…。

目暮や高木刑事がいろいろ調べていましたが…。結局毒物はどこからも出てきませんでした。凶器がでないことに、目暮警部が、、、

「ったく、凶器がないんじゃこの前のスリの事件と同じじゃないか…」

と言った後に、高木刑事が

「スリの事件といえば…あの事ジョディさんに話しました?」

と言いました。コナンはあの事??ということに疑問を持ちました。あのこと…と疑問を持っている時にコナンはあることに気づきました。

天井にぶら下がっている画鋲に気づきました。そして毛利の足の裏にガムが付いていることに気づきました。

 

【スポンサードリンク】

 

小五郎についていたのは粘土だった

小五郎の足についていたのは粘土であり、アルファベッドで「EPDH」と型取りされていました。

逆さまで読むと「HDPE」となり、これは高密度ポリエチレンのことであり、コナンはあることに気づきました。

凶器をリフトオフさせた…ということに。

File855に続く…。

 

 

File854「探偵はBARで推理する」の感想

今回は少しだけ黒の組織のについて何かあったことがわかりましたね。花見の時に高木刑事があのことと言っていました。

このあのこととは何なのでしょうか?そして犯人が凶器をリフトオフさせたというはどういうことでしょうか?次回、注目していきましょう!

855話のあらすじとネタバレはこちら↓

柚子の香りの正体?File855「探偵はBARで事件を解決する」の考察とネタバレ(感想)|漫画コナン

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)