バーボン候補勢揃い!File820「ミステリートレイン[一等]」の感想とネタバレ|漫画コナン

【スポンサードリンク】

名探偵コナンFile820「ミステリートレイン[一等]」バーボン候補の一人も登場

ベルツリー急行でついに起きてしまった殺人事件。前回のFile819「ミステリートレイン[隧道]」では、最後の最後に密室殺人が起きてしまいました。

また、灰原は黒の組織の気配を感じると様々なことが一斉に起きるような展開に…。今回はさらにあの人物が登場します!

ここからは820話の簡単なネタバレと感想(考察)をお届けしていきます。

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

 

 

File820「ミステリートレイン[一等]」のネタバレ

コナン達はニセの推理クイズに参加をしており、それを伝えに行くために、8号車B室乗客の室橋悦人(むろばしえつと)の元を訪れましたが…。

室橋が部屋の中で何者かに殺害されていました。そして部屋は密室状態ということもあり、まさかの電車内で密室殺人が行われてしまいました。

 

世良とコナンが部屋の中を調べることに…。

コナンと世良真純が事件が起きたこの部屋をしっかりと調べることに。サイレンサーをつけていたことや、こめかみが火傷してないことから、自殺ではなく他殺ということがわかりました。

そして犯人は自殺に見せるために、一度試し打ちをしていることもわかりました…。なかなか複雑なトリックになりそうですね。

そんなところにコナンへ一通のメッセージが…。コナンはそれを見た瞬間に表情を変えて、少年探偵団に部屋に戻るように伝えました。それでも手伝うとうう3人に対して

「余計な事はすんな!!」

と、キレている口調で話しました。どうやら何かメッセージがあったみたいですね

 

【スポンサードリンク】

 

車内アナウンスをするも…。

車内アナウンスにより、全員部屋で待機をするように言われました。

8号車にはコナン達を残して、少年探偵団と灰原、蘭と園子は部屋の近くに戻っている時に…。

灰原は嫌な気配を感じました…。すると火傷をしている赤井秀一のような男性が、灰原のことを睨んでいました…。これは怖い…。

 

安室透もベルツリー急行に乗っていた

赤井秀一らしき男が歩いた後に、喫茶ポアロで働いている安室透のがいました。どうやら安室もこの電車に参加をしているみたいでした。

さらに…そんな安室を部屋の中から覗いている沖矢昴の姿が…。バーボン候補が勢揃いですね…。

そして沖矢昴は一人の謎の女性とおり、

「どうやら天は我々に味方しているようですね…」

と話していました。これはベルモットなのでしょうか?というより、豪華なメンバーが盛り沢山ですごい列車だ…。

 

【スポンサードリンク】

 

コナン達は事件を解決することに

ベルツリー急行はどうやら殺人事件があっても、他の駅に到着せずに「名古屋駅」まで走ることが決まったみたいです。

そして毛利小五郎と、世良真純、コナンの3人で事件を解決する流れになりました。

 

車掌の話を聞き、各部屋の人に事情を聞くことに。

3人はまず車掌が最初に訪れた8号車A室乗客の能登泰策(のとたいさく)の話を聞くことにしました。能登は車掌は呼んでないと伝えていました。

どうやら能登の部屋の呼び鈴だけ、ランプが壊れていることもあり、車掌は呼び鈴が鳴った時に能登だと思って訪れたとのこと。つまり誰かに故意的に鳴らされたみたいですね。

次にランプと呼び鈴がなった8号車E室乗客の出波茉莉(いでなみまり)から話を聞くことに。そうするとアラームがなっていたのは、部屋のソファに挟まっていた腕時計ということ。

そして出波は文句を言うために呼んだため、車掌はいで並みの部屋には入っておらず…。なんとも複雑な。

 

【スポンサードリンク】

 

車掌の証言で新たな部屋を調べる

出波の証言もあり、車掌はずっと廊下にいたにも関わらず、不自然な人が「B」に入るとこををみていない様子…。

そして出波の苦情を聞いている時に、扉越しに誰かに見られていたということがあったとのこと。そしてその少し前にD室から出てきた8号車D室の乗客の小蓑夏江(こみのなつえ)とメイドの住友昼花(すみともひるか)が出てきたのをみたとのこと。

小蓑の話を聞きましたが、廊下を歩いた時にA室の扉は空いてなかったとのこと。聞いたのはE室の怒鳴り声のみ。

コナン達も8号車に来る時に小蓑とすれ違ったが、A室は開いていなかったとのこと…。

 

さらにC室の安東に話を聞くことに

車掌の証言がさらに続き、コナン達が来る前に8号車C室乗客の安東諭(あんどうさとる)が様子を見にきたとのことで、安東の話を聞くことに。

安東は出波の声でふと様子を見たとのこと。さらにその時にトンネルに入っていることもあり、廊下は薄暗かったとのこと。

ここで小五郎は8号車の乗客全員が妙に、部屋とお互いの名前を把握していることに疑問をもっていました…。どうやら毎年同じメンバーがこの一等車で同じ部屋を予約するみたいですね…。

そして小五郎はこの犯行ができるのは車掌あんただけだ!と詰めるが、セラトコナンは「オリエント急行」の筋書きだろ…と呆れ顔…。犯人はどういうトリックを使ったのでしょうか?

 

【スポンサードリンク】

 

灰原がピンチの状態に…。

その頃、博士や蘭、少年探偵団は一つの部屋にいました。ここで灰原は前回のキャンプの時に、自分が成人した姿を毛利探偵事務所のパソコンに送られていたということを知りました。

これにより、灰原は自分は黒の組織に狙われているのでは?ということを察しました。

 

名古屋駅ではジンとウォッカがいる

名古屋駅では、次郎吉だけでなく、黒の組織のジンとウォッカがいるみたいです。そして、ベルモットからシェリーが電車の中にいるとの連絡が入ったみたいです。

そしてシェリーが電車の中にいるならそれで良いと話し、

「蛇に飲み込まれているのならシェリー…この名古屋がお前の終着駅だ…」

とジンが喋りました…。これはまさかということもありそうですよね…

FILE821に続く…。

 

【スポンサードリンク】

 

File820「ミステリートレイン[一等]」の感想

ベルツリー急行殺人事件ですが、今回も凄い楽しいお話でしたよね。

世良真純、安室透、沖矢昴、そして火傷をしている赤井秀一、ベルモットという豪華なメンバーが一つの列車の中にいます。何があるのかとても楽しみですよね。

そして、実際の事件もとても複雑で犯人がどのようなトリックを使用しているのか?というのも気になる所です。次の話も注目していきましょう!

821話のあらすじとネタバレはこちら↓

世良真純と赤井秀一?File821「ミステリートレイン[交差]」の感想とネタバレ|漫画コナン

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)