映画の伏線!?名探偵コナン898話「ケーキが溶けた!」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

【スポンサードリンク】

 

3. 映画「ゼロの執行人」の伏線?

さて、今回は安室が主役になってくる映画「ゼロの執行人」の特別アニメであるため、何か伏線があるのかな?と思っている人も多いかと思います。

実際に見てみて、2つほど気になったのでご紹介します。

 

【スポンサードリンク】

 

安室の発言に注目

このお話でコナンと安室は少しお話をしていました。少年探偵団のために、今回の原因を突き止めるコナンに対して、安室は高発現します。

「君は大切な人のためなら、どんな捜査もするんだ。」

と言います。これは映画の予告を観ている人は聞いたことがあるかと思いますが、映画中に安室がコナンに

「毛利小五郎のことになると君は一生懸命だね。それとも蘭姉ちゃんのためかな。」

つまり、これは誰れかのためが、小五郎と蘭につながるんですね。映画への伏線となっている可能性大ですね!予告も観てみましょう↓

 

東京サミットについて

今回の映画の舞台にもなる「東京サミット」ですが。コナンがアニメの最後に、以下のように言いました。

「事件よりケーキ作りを楽しんでいた安室さんがあんな行動をおこすなんて、この時は思いもしなかった。」

つまり、東京サミットについて安室が関わっているのは間違いないですね。気になる方は、ページ下のあらすじも合わせて見ていきましょう!

 

【スポンサードリンク】

 

まとめ

今回は2018年4月7日放送の898話「ケーキが溶けた!」の簡単なあらすじを紹介しました。

映画のオリジナルアニメということで、物語に発展はありませんが、安室さんの面白い話が観ましたね。

そのまま映画も見ていきましょう!

2018年4月14日の放送のアニメは毛利小五郎が捕まります!

名探偵コナン199話・200話「容疑者・毛利小五郎 前編・後編」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)デジタル・リマスター

2018年映画「ゼロの執行人」のネタバレはこちら↓

【安室かっこよすぎ!】「ゼロの執行人」のネタバレと感想(2018年映画)

2019年映画「紺青の拳」のネタバレはこちら↓

【ネタバレ】「紺青の拳(フィスト)」のトリックや犯人の動機を徹底解説(2019年映画)|劇場版コナン

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)