犯人は誰?「天罰くだる誕生パーティ」のネタバレ|トリックや犯行動機とは?アニメコナン

【スポンサードリンク】

「天罰くだる誕生パーティのネタバレを知りたい!」

「このアニメの犯人は誰?」

アニメ1045話・1046話「天罰くだる誕生パーティ」について知りたい方へ。

どんな事件の内容だったのか?ネタやトリックを簡単に解説していきます!

犯人とネタバレを完結に説明していくので、物足り無い方は単行本やhuluでチェックしてみてくださいね。

天罰くだる誕生パーティの原作や単行本について知りたい方はこちら↓

【関連記事】1045話/1046話「天罰くだる誕生パーティ前編・後編」は何巻?原作の何話まで?

※ここからはネタバレを含むため、注意してください。

この記事の目次
【スポンサードリンク】

「天罰くだる誕生パーティ」の事件のネタバレ|犯人&トリック

関澤礼美(せきざわれみ)の誕生日パーティに行った蘭、園子、コナン、世良真純。

関澤礼美の妹である関澤裕美(せきざわゆみ)が蘭達の同級生ということで、一緒について行けました。

そこで会ったのが、関澤礼美礼美のマネージャーの櫛山認(くしやまみとむ)、礼美同級生である初根継男(はつねつぐお)、礼美ヘアメイクの花崎瑞俊(はなさきみずとし)

そして誕生会がスタートして、周りが暗くなっている時に「うゎゎ!!」という声を出して亡くなったのがはメイクである花崎。

その花崎のおでこにはマジックで「天罰」と書かれており、筆跡を隠すように利き手と逆に書かれていたのでした。

【スポンサードリンク】

「天罰くだる誕生パーティ」の犯人は〇〇/トリックは?

最初からネタバラシをするとこの事件の犯人はマネージャの櫛山認となります。

亡くなった原因は青酸系の毒を体内に摂取したことによるもの。

犯人の櫛山が自分のケーキに毒を盛り、何かしらの理由で花崎が食べて亡くなったという流れになります。

事件が起きた時の流れとしては以下のような感じ。

犯人はマジックキャップに除光液を入れておき、マジックを一時的に復活させる

プロジェクターを写すため、周りが暗くなる

花崎のメガネが光り、暗闇でも場所がわかる

ケーキがそれぞれに配られる

櫛山は自分のケーキに毒を盛る
※毒の入った瓶はこの時から事件後に床に捨てる

電話がかかってきた振りをして、電話に出る時に花崎のケーキの苺を傾ける

花崎は対称であったり、美しいものでないと気がすまない性格であるため、隣の櫛山のケーキを入れ替える

花崎がそれを食べて亡くなる

暗闇で花崎の額にマジックで「天罰」と書く


キャップに入っている除光液を捨てる

それぞれの行動について解説していきます!

【スポンサードリンク】

マジックのキャップに除光液を入れておく

犯人の櫛山は冒頭にマジックが乾燥し、使えないことをアピールしています。

そのため、まずマジックキャップに除光液を入れておき、一時的に使える状態にします。

暗闇でも光るメガネを事前にプレゼントする。

後に暗くなっても場所がわかるようにプレゼントしたもの。

関澤礼美にウケが良いと言い、適当にプレゼントして準備をする。

【スポンサードリンク】

自分のケーキに毒を盛った理由

暗闇だといえ、人のケーキに毒を塗るのは少し不自然な感じになります。

花崎はバランスをとても気にする性格であり、この事件の少し前にフォークとナイフが少し曲がっており、平行でないことに怒りました。

この時に食器を投げてしまい、他のお客に当たってしまい、それが過去に問題になりました。

そのため、苺が傾いてるのは自分的には許せない、ただ苺が傾いただけで取り替えてくれと言うと、またクレーマーと言われてしまう。

この心理が働き、隣で電話の席にたった櫛山のケーキを入れ替えました。

そのため、櫛山は苺の傾いた食べてないケーキがあり、勝手に花崎が毒入りケーキを替えることで、殺人が成功するというトリックだったのです。

【スポンサードリンク】

マジックで「天罰」と書いた理由

今回、恨みの犯行に見せるためにわざわざ「天罰」と額に書きました。

ただ、これを書くことによって、マネージャの櫛山は冒頭で自分のマジックは乾燥していることを周りに印象付けています。

するとマジックは持っていても、書くことはできないので容疑者から外れるという狙いがありました。

また、妹である関澤裕美もマジックを持っていましたが、席の距離的にキツイ&櫛山が被っている時に…。

事前に仕込んだ、食堂のゴミ箱からマジックが出てくることにより、パティシエの初根継男に容疑を被せようとしたのです。
※本当はワインが割れるというアクシデントがなければ複数人に容疑が分かれた説。

つまり「天罰」と書くことにより、自分が容疑から離れるというトリックだったのです。

キャップに入った除光液を捨てる

現場検証中に、ケーキを配っている時にはなかった黒いシミが床に落ちていました。

これは櫛山のマジックに入っていた除光液がマジックによって黒くなったもの。

犯行した後に、マジックが使えてしまうと容疑者から外れることができないため、除光液を捨てた経緯があります。

【スポンサードリンク】

天罰くだる誕生パーティ」の犯人の動機は?

今回の犯人である櫛山は実は花崎に脅されて、お金を要求されていたことが犯行の原因でした。

では何で脅されていたのか?

それは、櫛山は関澤礼美のことが好きということに繋がります。

礼美のメイク室の飲みかけのジュースやお菓子がなくなっていることがあり、これは櫛山の犯行だったのです。

この変態好意をヘアメイクの花崎に見られてしまい、脅されていたのでした。これが犯行の動機です。

事件の中でも妹の裕美をかばうことで、自分に好意を向けさせようと思った狙いがある、とんだやばい犯人だったのでした。

【スポンサードリンク】

アニメ「天罰くだる誕生パーティ」の感想

天罰くだる誕生パーティ」の名探偵コナンアニメ「仲の悪いガールズバンド」の犯人やネタバレ、殺人の動機について紹介します!なぜガールズバンドのドラムが亡くなってしまうのか?という部分を紹介していきます!話はどうしてもメアリーの過去に注目しまいがちで、犯人のことなんて全く気になりません笑

ただ、意外と犯人が用意周到にやっているところがあり、見てみると面白い話なので、ぜひ再度見直してみてくださいね!

犯人が気持ち悪かったという感想はなしでいきましょう!笑

【関連記事】アニメ「名探偵コナン」の最新話は何話?

【参考記事】世良真純の漫画&アニメの登場回を大公開|初登場から最新話まで全網羅

【参考記事】メアリー世良(領域外の妹)のアニメ・漫画・映画の登場回

ベルモットも登場します↓

【参考記事】黒の組織「ベルモット」の漫画&アニメの登場回は何話?

関連記事】映画「名探偵コナン」が無料で見放題の配信サイト一覧

【関連記事】アニメ「名探偵コナン」全タイトル一覧

【関連記事】名探偵コナンの重要回&見るべき回のまとめ

【関連記事】名探偵コナンの神回TOP10|面白い回のランキング

天罰くだる誕生パーティの犯人やトリック

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

この記事の目次