名探偵コナン199話・200話「容疑者・毛利小五郎 前編・後編」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)デジタル・リマスター

【スポンサードリンク】

名探偵コナン199話・200話「容疑者・毛利小五郎 前編・後編」

さて、前回は安室透が主役の映画公開記念ということで、名探偵コナン898話「ケーキが溶けた!」でしたが、今回は昔のお話、デジタル・リマスター版のお話になります。

2018年の映画では毛利小五郎が捕まってしまいます…。実は漫画やアニメの過去のお話でも重要参考人として呼ばれたことがあるんです。

それが今回紹介2018年4月14日、21日放送の199・200話「容疑者・毛利小五郎 前編・後編」のお話になります。

小五郎のために妃英理が活躍する楽しいお話になります。

  1. 「容疑者・毛利小五郎 」の対象マンガ
  2. 199話「容疑者・毛利小五郎 前編」のあらすじとネタバレ
  3. 200話「容疑者・毛利小五郎 後編」のあらすじとネタバレ

※ここからはネタバレも含むため、アニメをそのまま見たい!という方は注意してくださいね。

 

 

1. 199話・200話「容疑者・毛利小五郎」の対象マンガ

さて、今回のお話は2018年現在ではだいぶ昔のお話で見たことあるけど、いつだっけ?という方も多いのではないでしょうか。

もちろん「容疑者・毛利小五郎」は漫画でも掲載されており、単行本は名探偵コナン27巻になります。2000年に発行されたものなので、約18年目のお話になります。具体的なタイトルを一緒に見ていきましょう。

 

容疑者・毛利小五郎の対象のお話

27巻に掲載されており、3話構成のお話になります。先に予習されたい方や、もう一度復習をしたいという方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

軽井沢の別荘に来ていたコナンと蘭、小五郎の3人。なんとそこで妃英理と弁護士仲間にばったりと遭遇して、小五郎が事件に巻き込まれます↓

名探偵コナン File264「身から出た錆」の考察とネタバレ(感想)

小五郎が重要参考人として警察に連れて行かれてしまいました。そこで妃英理は自分が探偵となり、小五郎の無実を晴らすべく、事件を捜査します↓

名探偵コナン File265「重要参考人」の考察とネタバレ(感想)

コナンと小五郎の代わりに、妃英理が犯人を追い詰めて、最後には…。↓

名探偵コナン File266「思い切って・・・」の考察とネタバレ(感想)

 

【スポンサードリンク】

2. 199話「容疑者・毛利小五郎 前編」のあらすじとネタバレ

今回の事件は妃英理が活躍するお話になります。そのため、小五郎ファンの方は少し残念かもしれませんが、注目していきましょう。

ここからは2018年4月7日放送のアニメ名探偵コナン199話「容疑者・毛利小五郎 前編」のあらすじとネタバレを紹介します。

 

「容疑者・毛利小五郎 前編」のあらすじ

公式のお話では以下のようなあらすじになっています。

小五郎、コナン、蘭は軽井沢のホテルに行き、別居中の妻、妃英理と偶然会う。英理は弁護士仲間の佐久、律子、塩沢、三笠と旅行に来ていた。

この後、皆で飲みに行き、小五郎は酔って律子に言い寄る。深夜、英理と蘭は部屋に戻らない小五郎を探すため、皆の部屋を聞いて回る。

そして密室状態の部屋で首を絞められて殺害された律子を発見。律子の部屋のベッドでは小五郎が眠っていた。現場の状況から小五郎が容疑者として疑われる。

 

【スポンサードリンク】

 

「容疑者・毛利小五郎 前編」のネタバレ

↑のあらすじで大体のネタバレや話の流れがわかっていますね笑

今回の事件の始まりに、妃英理と小五郎達が出会ってしまうのが実は、英理が弁護士仲間の佐久と一緒にネクタイを選んでいるシーンでした。

これを見た小五郎と蘭は嫉妬をし、新たな男を見つけたのでは?と勘違いしています。実はこれには深い理由があったのです…。

 

英理は小五郎のためにネクタイを購入していた?

英理は最初に佐久と一緒にネクタイを買っていましたが、実はこれは小五郎のためということに感が鋭い人は気づいていたかもしれません。

実はこの次の日が小五郎と英理の「結婚記念日」だったのです。別居中とはいえ、英理が小五郎のことを思っていることがわかる少しほっこりするお話ですね。

 

英理は小五郎のために捜査をする。

英理は小五郎が犯人ではないと確信しているため、事件の手がかりを探ります。それにしてもここでも蘭がお父さんはきっとやってない…

という中、英理が「あなたより、私の方が長くいるからわかる」というシーンはかっこよかったですね。ぜひ、アニメでも再復習してみてくださいね。

 

【スポンサードリンク】

 

事件のキーはメモ!?

机の上のメモ用紙が破られ、ゴミ箱の中にあるメモに「ハヤシ 2」という文字がありました。

これは殺害された碓氷弁護士と連絡を取りたがっていた林弁護士のことをさしていましたが、これには深いヒントが隠されていました。

 

ボーイの証言が鍵になる

ハヤシのメモを見た後に、ホテルのボーイからとある証言がありました。それは林弁護士から電話があり、碓氷に1回目は繋いだが、2回目は繋がらなかったこと。

そして、その後に2回部屋の前に訪れても返事がなく、2回目訪れた時には

「すみません、お金はちゃんと払いますとお伝えください」

といういびつなメモがありました。コナンの言うとおり、これは犯人が書いたものですが、これが事件を裏付けるものになるのです。200話に注目していきましょう!

 

【スポンサードリンク】

 

3. 200話「容疑者・毛利小五郎 後編」のあらすじとネタバレ

さて、199話では毛利小五郎が容疑者として、警察に連れて行かれてしまいました。そして、小五郎の代わりに妻である妃英理が事件を解決に導きます。

犯人はどうやって密室殺人のトリックを作り、小五郎に罪をなすりつけたのでしょうか。

 

鍵になるのはチェーンと糸

今回の事件の中で、妃英理はとあることに気づきます。それは、碓氷の部屋に入る時にチェーンを壊しましたが、そのチェーンの後に奇妙な跡が付いていることに気づきました。

そして、ドアの近くには糸くずのような物が落ちていたため、恐らく犯人はそれをトリックに使ったみたいですね。コナンはこれに気が付きます。

 

英理は弁護士の佐久を誘う

英理は弁護士の佐久を2人で話をしたいということで、碓氷の部屋に待ち合わせをします。そして、佐久はハヤシライスが2つ置かれている部屋にはいると…そこにはコナンがいました。

そして、コナンは佐久に今回の事件のトリックを話します。

 

トリックはチェーンは元々壊れていた。

今回、碓氷の部屋に行く時に佐久はチェーンを破壊しましたが、コナンが言うには元々鎖は切れていたとのこと。

そして、英理が登場し、予め糸でチェーンを結んで佐久がドアを開ければ、密室のようにみせれたというトリックと伝えました。

 

決定的証拠は佐久がこの部屋に入ったこと

しかし、決定的な証拠がありませんでしたが…実は佐久が来た部屋は碓氷の部屋ではなかったのです。

ハヤシライスが2つ置かれた部屋に来た佐久でしたが、実は「ハヤシ 2」というメモはハヤシライスのことではなく、林弁護士のことを指していました。

つまり佐久は「ハヤシ 2」を知っていることになり、犯人となります。

そのため、佐久がこの部屋を訪れたことが決定的な証拠になりました。ここで自白したことも録音や刑事がいたことによる逮捕でした。。。

 

【スポンサードリンク】

最後の小五郎の名シーンはぜひアニメで

事件が全て終わった最後に、小五郎が英理に対して名言を言います。

「そろそろ戻って来てくれねーか… 限界なんだよ…」

かっ、かっこよすぎる小五郎…。きっといつか英理も戻ってきてくれるのかなと思います笑

ぜひ、このシーンはもう一度アニメで見てみましょう!

 

ネクストコナンズヒントは「ハヤシライス」

ちなみにネクストコナンズヒントは「ハヤシライス」というとてもわかりやすいヒントでしたね笑

佐久は林弁護士をハヤシライスと間違えたことが決定的でしたね。

その他にも英理の活躍はあるので注目していきましょう!

2018年の映画は小五郎が容疑者!?↓

【予備知識】2018年劇場版名探偵コナン第22弾「ゼロの執行人」のあらすじを公開!

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)