中森青子は怪盗キッドの彼女?黒羽快斗との関係や中森警部、母親の存在は?

【スポンサードリンク】

「黒羽快斗と中森青子は付き合ってるの?」

「怪盗キッドと中森青子の関係は?」

「中森青子について知りたい!」

名探偵コナンの人気キャラクター「怪盗キッド」。

そのスピンオフ漫画「まじっく快斗」で出てくる女子高校生「中森青子」

この二人は付き合っているのか?と気になっている方も多いはず。

そこで今記事では怪盗キッドと中森青子の関係についてご紹介していきます。

この記事の目次

前提!怪盗キッドの正体は黒羽快斗!青子は…

ここは知っている方は多数だと思いますが、怪盗キッドの正体は高校生の黒羽快斗(くろばかいと)です。

そしてその快斗の幼馴染として、中森青子(なかもりあおこ)が出てきている状態です。

ちなみに中森青子は黒羽快斗が怪盗キッドということは知らないので、ここは大前提として知っておきましょう!

【関連記事】怪盗キッド(黒羽快斗)の正体とは?

【関連記事】怪盗キッドの正体を知ってる人物

彼女疑惑…中森青子のプロフィール

  • 本名:中森青子
  • 年齢:17歳
  • 誕生日:6月21日
  • 父親:中森銀三
  • 快斗との関係:幼馴染
  • 高校:江古田高校 2年生
  • 声優(CV):M・A・O

中森青子は怪盗キッドの素顔でもある黒羽快斗の幼馴染です。快斗と同じ江古田高校の2年生であり同じクラスの同級生。

快斗とは家が隣にあり、ご飯を一緒に食べたりするくらい仲がいいです。

中森青子の父親は中森警部

父親はキッド専門の刑事である中森警部となります。

母親は一度も出てきていないため、父子家庭である可能性が高い。

小さい頃から怪盗キッドを追っている父の姿を見ており、一人で寂しくなっていることも多かった。

中森青子と毛利蘭が似ている理由とは?

中森青子の顔を見ると、あれ…毛利蘭に似ているかも。と思う方も多いはず

確かにちゃんと見ないとわからない部分もありますが、快斗と新一ほど瓜二つというわけではありません。

似ている背景としてはどちらもヒロインのポジションにあったので、似てしまったというのがあるでしょう。

まじっく快斗の方が先に連載したため、蘭が似てしまった可能性があります。ただ圧倒的な違いとしては、青子には蘭の角がないので、なにか理由があるわけではなさそうです。

黒羽快斗と工藤新一が似ている理由についてはこちら↓

中森青子は怪盗キッド(黒羽快斗)の彼女なのか?付き合ってる?

一番皆さんが気になる所である、快斗と青子は彼女なのか?という所。

結論から言うと、快斗の姿でも、キッドの姿でも中森青子と付き合っていないです。

快斗とはまるで夫婦のようなやり取りをしており、青子の家で快斗がご飯を食べることも多々ありますが、付き合っていないです。

まるで恋人…夫婦のような関係です。

赤森青子は怪盗キッドを毛嫌いしている

青子の父親は怪盗キッド専用の刑事で有名な中森警部です。

お父さんが一生懸命キッドのことを追っているが、いつも捕まらないことにフラストレーションを澑めており、キッドのことを良く思っていません

そのため、同世代の女の子がキャーキャー言う中で青子はキッドのことは好きではなく、彼女になんてなりえない人物となります。

中森青子の登場回は何話?原作コナンにも出てる?

著:青山剛昌
¥528 (2024/03/03 05:58時点 | Amazon調べ)

中森青子は黒羽快斗と同様にまじっく快斗をメインに登場しています。

まじっく快斗を見れば、ほぼほぼ登場しているので青子を見たい方はまじっく快斗がおすすめです。

中森青子が原作コナンで登場するのは16巻

著:青山剛昌
¥528 (2024/03/03 10:45時点 | Amazon調べ)

原作コナンでは16巻に掲載されている「終極」のみです。

「終極」でも発言があるわけでもなく、コマだけの登場となります。

青子をがっつり見たい方には物足りないようなお話となります。

中森青子は怪盗キッドの彼女ではなく幼馴染

今記事では中森青子と怪盗キッドの関係性についてまとめました。

二人は彼女はないことがわかりましたね。

青子はキッドの正体が快斗と知りませんが、その情報をまとめるとキッドと青子は幼馴染ということにまとまります。

蘭と新一みたいに二人はきっとくっつくと思うので、今後の動向に注目していきましょう!

【関連記事】怪盗キッド(黒羽快斗)の正体とは?

【関連記事】怪盗キッドの正体を知ってる人物

【関連記事】怪盗キッドのおすすめの登場回は何話?

中森青子は怪盗キッドの彼女?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

この記事の目次