ガラケーが鍵!?79話「銀行強盗殺人事件」のネタバレ(感想)|アニメ名探偵コナン

目次
【スポンサードリンク】

79話「銀行強盗殺人事件」のあらすじ&ネタバレを大公開!

2018年のアニメコナンもついに最後になりましたね。

前回のコナンの925・926話「心のこもったストラップ 前編・後編」では、原作のお話でしたね。

これでコナン達は修学旅行にいけるようになります!しかしそれは2019年のスペシャルになります。

2018年の最後は1997年11月3日に放送されたアニメです!

今回は2018年12月29日(土)放送のアニメ名探偵コナン79話「銀行強盗殺人事件」のあらすじとネタバレを紹介していきます。

  1. 「銀行強盗殺人事件」の対象マンガ
  2. 79話「銀行強盗殺人事件」のあらすじとネタバレ
  3. 「銀行強盗殺人事件」の感想

※ここからはネタバレを含むため、注意してくださいね。

 

【スポンサードリンク】

 

1. 「銀行強盗殺人事件」の対象マンガ

今回のお話はアニメオリジナルストーリーになるため、対象の漫画はなしになります!

さらに、デジタル・リマスターということで、1997年11月3日に放送されたアニメストーリーです!

20年前のストーリーとなるため、今とのギャップがどうなるのか注目していきましょう。

 

2. 79話「銀行強盗殺人事件」のあらすじとネタバレ

公式のあらすじはこちら↓

閉店間際の銀行で、コナンは蘭、園子と銀行強盗に遭遇する。拳銃を持った犯人は、背後から殴りかかろうとした行員を射殺。

銀行内がパニックに陥った隙をつき、別の行員が飛びかかって犯人を射殺してしまう。

犯人を倒した行員の勇気ある行動で解決したと思われる事件だが、コナンは何か不自然なものを感じて調査を始める。

 

【スポンサードリンク】

 

「銀行強盗殺人事件」のネタバレ

蘭とコナンと園子はボーリングを楽しむ所から物語はスタートします。

ここで蘭は探偵事務所の小切手を換金しなくてはいけないことに気づき、「東都銀行」に三人に行くことに…。

ギリギリ受付最終時刻の15時に間に合った3人。

銀行には大学生の辻三郎(つじさぶろう)、銀行係員の永井孝(ながいたかし)、支店長の海老沢和雄(えびさわかずお)がいた。

海老沢は園子と知り合いの様子。どうやら園子のお父さんと知り合いらしい。

そして、コナンが風邪?で咳き込むと、銀行員の谷口昇(たにぐちのぼる)が話しかけ、コナンにのど飴をあげた。

窓口の奥では携帯をいじり、外回りに行くという銀行員前島哲也(まえじまてつや)もいた。

 

【スポンサードリンク】

前島が外回りに行こうとした時に…

前島がドアを開けた瞬間に…フルフェイスのヘルメットを被った人物が現れ、前島を殴った…。

銀行内にいる客にけん銃を突き解けて、手を挙げるように指示をした。

そして、谷口にリュックにお金を詰めるように指示しました。

お金を詰めている状況で、辻三郎が聞いている音楽プレーヤーのボタンを変えたり、銀行強盗が何かをポケットから捨てたりと不自然な行動をとる。

銀行強盗は椅子に座りながら何かをする…。

 

殴られた前島が起きる

銀行強盗が入ってきた時に、殴られた前島が強盗を撃退しようと棒をもって、犯人の後ろにまわりこむが…

前島の携帯がなってしまい、銀行強盗に打たれてしまいます…。

そこで銀行内は騒然としてしまいます…。

その時に、犯人の指示でカウンター内でお金を詰めていた谷口が犯人を押さえ込み、銃声が聞こえる。

どうやらこの時に、谷口と揉み合った様子…。恐らく犯人はなくなってしまいましたね…。

 

【スポンサードリンク】

 

目暮警部が現れ、現場検証が始まる…。

目暮警部と高木刑事が現れ、現場検証がはじまりました。

そして、犯人はさえきとおるという人物。銀行員は誰も顔見知りではない様子…。

そこで前島の携帯電話がなりました。どうやら相手はお得意先の「小池」という人物。

15時5分頃、携帯電話をかけたのはこの小池ではない様子…。

 

コナンが大学生の辻三郎に話しかける。

辻三郎は事件中にカセットテープを聞いており、銀行強盗がきた時に録画モードにしていました。

辻はこれをマスコミに売るつもりであり、それを知ったコナンはコ事件当時の音を聞かせてもらうことに。

そして、コナンは携帯電話の着信音の所を再度聞くことに…。どうやら何かに気づいた様子。

 

【スポンサードリンク】

 

事件のキーは前島の携帯電話にかかってきた相手

前島は犯人に襲いかかろうとした時に、誰かから電話がかかってきたため、犯人に打たれてしまいました。

恐らく、このコナンでは昔の携帯のため、誰から電話がかかってきたかわからない様子…

しかし、コナンは何かに気づいており、犯人のさえきの携帯電話をとり、音を鳴らしてなにかに気づいた…。

コナンは谷口がトイレによった時に、携帯電話をいじっていたため、コナンは不信に思う。

コナンはそこから犯人の行動を振り返り、谷口の背広や犯人が捨てたものを拾ってあることに気づきました…

 

園子の推理ショーが始まる

コナンは園子を眠らせて、推理ショーを始めることに。

眠りの園子はまず、前島の携帯が鳴ったのではなく、あの時は犯人の携帯が鳴ったことを指摘した。

犯人と前島の携帯の音は違うとのこと。そして、辻三郎の録画した音を聴き比べることに…。

すると着信音は犯人のさえきの携帯電話が鳴った様子…。

 

【スポンサードリンク】



 

共犯者が携帯電話を鳴らした

犯人の佐伯が、前島に木刀で殴られようとした時に、危険を察知するために鳴らしたもの。そしてその共犯者は谷口とのこと。

谷口は行員のドアは外からはカードキーが必要なため、誰かが外に出る時に携帯をかけて、合図をしたとのこと。

そして手はず通りに犯人が銀行内に入り、事件が起きたとのこと。

 

犯人と谷口には誤算があった…

それは前島が起きてしまったとのこと…。

そしてそのことを谷口は犯人に電話で伝えた時に、犯人はけん銃を打ってしまった…。

この時に犯人は気が動転していたため、計画は中止と判断じ、谷口が故意的に犯人を射殺しまった展開になってしまった。

 

二人が共犯という証拠とは?

谷口はリダイヤルは消しているため、コナンはあるものを目暮警部に渡しました。

それは犯人が捨てたのど飴の紙と、谷口が上げたコナンののど飴を渡しました。

どうやら、犯人のさえきと谷口は強盗する前に打ち合わせをしており、ふたりとも風邪気味で、どちらかが渡したもの…。

つまり、どちらかに二人の指紋が付いているものがあったらそれは共犯という証拠になります。

谷口はこの証拠で自白をしました。サラ金で出会った二人で、今回の事件を計画したとのこと。

のど飴の紙が証拠になってしまうんですね…。

 

【スポンサードリンク】



 

79話「銀行強盗殺人事件 」の感想

今回は携帯電話を使った事件でしたが…やはり1997年の20年前に放送されたアニメということで、携帯電話がガラケーであり時代を感じましたよね。

今だったら、履歴を消したとしても通信会社に照会をすれば、恐らく一発でわかってしまいますよね笑

時代を感じる一話だったのである意味新鮮で、今はもっと犯人がわかりやすくなっているお話でしたね笑

次回はついに修学旅行編↓

京都が舞台!927話「紅の修学旅行 鮮紅編」のネタバレ(感想)|アニメ名探偵コナン

2019年のコナンの映画はこちら↓

【京極VSキッド】2019年度の映画第23弾「紺青の拳」のあらすじと予想|劇場版コナン

2019年のアニメコナンはこちら↓

【アニメ】名探偵コナン「2019年1月」放送予定一覧!

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる