平次がキス?983話・984話「キッドVS高明 狙われた唇 前編・後編」のネタバレ|アニメ名探偵コナン

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
【スポンサードリンク】

983話/984話「キッドVS高明 狙われた唇 前編・後編」のあらすじ&ネタバレを大公開!

多くのファンが待ちわびている「フェアリーリップ」のお話。

服部平次や怪盗キッドなど人気キャラクターが出てくる、とても重要な物語の一つでもあります。

まだいつ放送か発表されていないため、一足先に公開していこうと思います。

今回は2020年10月3日・10月10日放送のアニメ名探偵コナン983話・984話「キッドVS高明 狙われた唇 前編・後編」のあらすじとネタバレを紹介していきます。

  1. 「キッドVS高明 狙われた唇」の対象マンガ
  2. 983話「キッドVS高明 狙われた唇 前編」のあらすじ
  3. 983話「キッドVS高明 狙われた唇 前編」のネタバレ
  4. 984話「キッドVS高明 狙われた唇 後編」のあらすじ
  5. 984話「キッドVS高明 狙われた唇 後編」のネタバレ
  6. 「キッドVS高明 狙われた唇」の感想

※ここからはネタバレになるので注意してください。

【スポンサードリンク】

1. 「キッドVS高明 狙われた唇」の対象マンガ

「狙われた唇」のお話はコナンの原作のお話です。単行本でいうと名探偵コナンの96巻の4作の掲載になります。

名探偵コナン96巻「File1018:氷中File1019:入替File1020:翻弄File1021:遺品

アニメでは前回の原作のお話は女性警察官連続殺人事件で、3月の放送と久しぶりの原作コナンになります。

忘れて入る方は再チェックしてくださいね↓

2. 983話「キッドVS高明 狙われた唇 前編」のあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

コナンは、東京にやってきた平次、和葉とともに世界最大級のコンクパール「妖精の唇(フェアリーリップ)」が展示されている博物館“鈴木ミュージアム”にやってくる。

怪盗キッドがこの宝石を狙っているらしい。鈴木次郎吉のキッドへの挑戦状には「その宝石は全方向から速やかに見ていただける準備をしています」と書かれており……。

3. 983話「キッドVS高明 狙われた唇 前編」のネタバレ

物語は服部が新幹線に乗りながら外を眺めている所からスタート。

服部はどうやら和葉に告白について悩んでおり、工藤新一に負けてしまう…と悩んでいる。

新一が清水寺の清水の舞台でキスををしたことに「ホンマハンパない…」と感心している様子。さらに服部は、

服部平次「やっぱアレは口と口やったんやろなぁ…」

新一と蘭が口でキスをしていると思っています。実際は蘭からほっぺにした後に、新一は口と口でしようとしたものの…解毒薬の効果が切れてしまい、キスはしてないですね。

【スポンサードリンク】

ネタバレ① 服部と和葉が向かう先とは?

キスのことを考えていると、新幹線の中で一緒にきていた和葉の登場にびっくりする平次。

どうやら和葉と服部はコナン達と一緒に博物館を行く予定であったが、どうやらその博物館に怪盗キッドが登場するみたいですね。

服部と和葉は怪盗キッドにあったことがないので、意外と今回が初の共演となりますね。

今回キッドが狙っているのが世界最大級のコンクパール「妖精の唇(フェアリーリップ)」とのこと。服部はこの唇についつい和葉の唇を見てしまいます。

青のりが付いているか気にする和葉ですが、服部はもうキスのことでいっぱいいっぱいですね笑

コナン達は毛利探偵事務所にいる

今、新横浜であることを聞いた蘭は、探偵事務所からそろそろ迎えに行くと電話をしていました。

小五郎が見ていた今回の鈴木次郎吉の新聞には、

「その宝石は全方向から涼やかに見て頂ける準備をしています」

と書いています。どうやら何か工夫をしているみたいですね。

【スポンサードリンク】

ネタバレ② 今回のキッド対策は難航していた

1週間前の警視庁では、お馴染みの鈴木次郎吉と中森警部がキッドの対策について話あっていた。

中森警部は警備の人数を増やしたいう気持ちと、鈴木次郎吉のいろんな人に見て欲しいという気持ちが相反している様子。

ただ、二人の話は合わずに…鈴木次郎吉が警視庁から帰ろうとした時にとある男に話しかけられます。

とある男「内部の守りを固めずに…外部を攻めるのは…愚策である…」

と言い、ではどうすれば言い?と聞かれたとある人物はある作戦を立てました。

ネタバレ③ 怪盗キッドの対策は“氷”

平次と和葉は、コナン、蘭、小五郎と合流して、博物館に行くと、なんと氷の中に「フェアリーリップ」が埋まっていました。これなら全方向見ることが可能ですね。

どうやら今回の作戦はガスバーナーで溶かそうとすれば、沢山の時間がかかり、宝石だけを盗ろうとすると…宝石が傷つけてしまいます。

さらに宝石の展示スペースだけ硬質ガラスで囲んでおり、室温を他の部屋より下げているとのこと。

服部が今回の作戦を上手く考えたな!と言うと、策は次郎吉ではなく、とある人物と言う…。

【スポンサードリンク】

次郎吉に協力したのは「高明」

鈴木次郎吉は今回の作戦は長野県警の諸伏高明が知恵を貸してくれたと伝え、諸伏が現れました。

どうやら高明は先週、ある物を確認するためにここにきたのですが、担当の刑事が事件の捜査で出払っていたため、今回再びきたとのこと。1週間前はどうやら女性警察官連続殺人ですね。

そのある物とは、字がにじんでいて読みづらいがどうやら諸伏高明宛への「封筒」であるとのこと

怪盗キッドが様を見ている

和葉は高明と会うのは初めてであるため、長野県警の人であることを伝えると…警備員に変装していた怪盗キッドは、

高校生探偵2人と、軍師みたいな刑事が現れたことに今日盗むは止めて、氷が溶けるのを待とうと思っていました。

【スポンサードリンク】

ネタバレ④ 妖精の唇(フェアリーリップ)の持ち主とは

今回のフェアリーリップは宝石ブローカーの鳥越苗路(とりごえなえじ)の持ち物とのこと。どうやら宝石は三重県の英虞湾に眠っていたものでとても貴重であるみたいです。

鳥越は次郎吉に今回盗まれた場合は、ちゃんと補償して欲しいと伝えます…。

どうやらこの宝石はオークションで高額の買い手が付いているとのこと。

宝石に異論を唱える女性がいる

女性「嘘よ!それは私の祖父が海外旅行中にカリブの大富豪からもらった…大切な贈り物よ!!」

と、会社員の山本萌奈(やまもともえな)が警備員に止められたながら、鳥越に言います。どうやら萌奈が言うには鳥越に鑑定してもらった時に、模造品のコンクパールに取り替えられたと言っています。

萌奈にとっては先日亡くなった祖母の棺に入れて、天国に持っていってもらいたいんだからね!!

とどうやら訳ありです。

【スポンサードリンク】

ネタバレ⑤ 怪盗キッドが動き出す

萌奈を見ていた、警備員姿の怪盗キッドが、

怪盗キッド「なるほど…そういう事なら」

と、BB弾を地面に投げました。そして中森警部はかがんで拾ってみると…、なんと中森警部の靴の裏にカードがありました。

予告状「今夜 零時、妖精の唇を頂きに参上する 怪盗キッド」

と書かれていました。

予告状を見た服部は…。

唇ということば聞いた服部は再度、和葉の唇をガン見してしまいます。

和葉はコレに気づき、蘭に平次が京都から帰ってきてから何か様子がおかしいと言います。

蘭は自分がキスした時に平次が見ていたので再度、和葉に「ラヴの予感かもよ?」と言うと…和葉はそれはもうええと言ってしまうのです。

高明があることに気づく

今回、中森警部の足元に予告カードがありましたが、いつくっつけたのか?という話になり、高明は今、決行を決めたと言います。

どうやらそこら中に落ちていたカードには

「明日、20時や」、「明後日くる」、「今回はパス」と書かれています。高明の推理では、これと決めたカードの上に中森警部を歩かせて踏ませることで、予告状を示すというトリックです。

さっき妙なBB弾を投げた機動員がはキッドとなります。キッドは軍師みたいな刑事こと高明の洞察力に少し驚きます。

【スポンサードリンク】

キッドは誰に変装するかを決める

キッドはいろいろ仕掛けを考えているものの、コナンと大阪の探偵の平次をどうしようか悩んでいました…。

すると平次と和葉が会話をしている姿を見て、服部が少し和葉に照れてる姿を見て、

怪盗キッド「なるほど…こいつは使えそうだ…」

と、どうやら服部が標的になりそうですね笑

指輪にはセンサーが仕込まれている

ブローカーの鳥越は、氷の中にある宝石について。指輪のリング部分にはセンサー内蔵の物を仕込んでおり、氷がある塀の出入り口を通ると、警報音が鳴り響くという仕組みになっているとのこと。

さらに扉の横には非常ボタンがあり、押せばロックが掛かり10分間は封鎖されるとのこと。つまり予告1分前にボタンを押しておけば、キッドは失敗に終わるとのこと。

息巻く次郎吉を見て、高明は密かにやる気を燃やすのでした。

ネタバレ⑥ 博物館の展示会が始まる

一般公開が始まり、服部はコナン怪盗キッドが手強いか?ということを聞きます。コナンはこれに一筋縄ではいかないと言います。

平次はキッドを捕まえれば、和葉が自分のことに夢中になってくれて、このままキスにもっていけると考えるのでした。

外国人客が和葉の近くにやってくる

外国人客「Oh〜〜

と和葉の服にコーラをかけてしまった外人女性が現れました。その女性はお詫びということでさっき買った洋服を和葉にプレゼントしました。

さらにその服は雑誌に載っていた人気の洋服でした…。

和葉は着替えてきて、蘭からもかわいいと言われ、平次にも

和葉「ウチにホレ直したんちゃう?」

とその言葉に平次は顔を赤くしながら返答しました。どうやらこの和葉は既に怪盗キッドが変装しており、和葉はトイレで寝かせてるみたいです。

【スポンサードリンク】

ネタバレ⑦ 怪盗キッドが動き出す

和葉(怪盗キッド)「なあ平次?ウチのスマホ知らん?」

とキッドが変装している和葉は、宝石がある氷の部屋の中にスマホを忘れてきてしまったと言います。

ここでそろそろキッドの予告時間だから待っとけというものの、和葉は平次の腕に胸を押し当てると…平次は目が点になり「しゃ…しゃーないなぁ」とスマホを取りに行きます。

予告10分前になり、中森警部の許可をとりスマホを取りに平次と和葉は氷の部屋に入ります。

二人が部屋に入ると…。

キッドが変装している和葉はスマホを見つけたと言った時に、かばんの中のリモコンを押しました…。すると氷に透明なシートがかかり、地面には煙幕が…。

そして氷の中は何も目なくなります。そして、氷の部屋の中からキッドの手が出てきて、扉のボタンを押しました。

すると扉はしまり、さらに墨のような煙幕で中の様子が見えません。

さらに中からはドリルの音のようなものが聞こえており、キッドはどうやらドリルを使っている様子。

高明は盗むなら壊すわけがない…とこの音はハッタリと言うのでした。

扉がしまってから10分が経過すると…。

氷の部屋の扉が空き、平次と和葉に動くなと言い、氷にかかったシートをとると…。

なんと氷の中に今回の「妖精の唇」が無数ありました。さらに中央に長い横穴が空いており、指輪が無くなっています。

そしてキッドからの手紙で「妖精の唇は頂いた」と書いてあるのでした。

キッドは本当に妖精の唇を盗むことに成功したのでしょうか?

【スポンサードリンク】

4. 984話「キッドVS高明 狙われた唇 後編」のあらすじ

※公式HPがあらすじを公開してから更新します。

5. 984話「キッドVS高明 狙われた唇 後編」のネタバレ

キッドからの手紙「妖精の唇は頂いた」

と書かれたカードが氷の柱の前に貼ってありました。

ただ、この氷の中には無数のフェアリーリップが入っており、これは何だ?となります。

これを見た高明は「フローラルアイスパフォーマンス」と言われるもので、電気ドリルを彫刻刀のように使い氷を掘り、食用色素で色を付けてまるで氷の中に花びらが咲いているように見せる技術とのこと。

キッドは10分の間にそれを高速でやりきったということになります。

ネタバレ① 平次と和葉のどっちか?

ここで平次と和葉は盗まれる時に中にいましたが、中は墨で真っ黒になっていたため、見えなかったとのこと。キッドは氷にシートを被せて作業をしていたことになります。

中森警部は「猿芝居はそこまでだ…」と和葉と平次のどちらかだ!と言うと…、キッドが変装する和葉が、

和葉「助けて平次!このままやとウチ裸にされてまう!!」

と平次の腕に胸をぶつけてお願いします。

【スポンサードリンク】

妖精の唇を持っているとセンサーが鳴る

平次は和葉が裸になるのはまずいと思い、本物の妖精の唇であればセンサーが付いているため、持っていたら扉のセンサーが反応し、警報がなります。

そこで二人が扉を歩いて通り過ぎると…警報はなりませんでした。

これもあり中森警部とスズキ治郎吉は二人はキッドでないことを認め、ではどうやって外に出したのか?と疑問に持ちます。

和葉が大胆になる

和葉「平次ありがとォ♫」

と和葉は平次に抱きつき、これを見た蘭は今日の和葉は大胆…と思うのでした。怪盗キッドは心の中で、まじでチョロいと感じるのでした。

ここで和葉のスマホを中森警部にとってもらった後に、この部屋寒すぎるという話しになり…、氷の部屋の温度を下げることになりました。

しかし、次郎吉はどうやって宝石を傷つけずに指輪を盗んだかわからないので、氷を溶かすのはどうか?と諸伏高明に聞くと…。

高明はキッドに見事にしてやられたと言い、今回はどこから侵入して出ていったか?ということを探索するのが先決と思い、冷房を切ることに…。

コナンが和葉に話しかける

コナン「ねぇ、もしかして和葉姉ちゃんトイレ我慢してる?さっきからずーっとヒザ閉じてかがみ気味だけど…」

と、コナンは明らかに和葉がキッドと思っているような目をして見つめていました。

さらに高明もこれには何も触れずに、トイレにいった和葉と平次を見届けます。

次郎吉に宝石ブローカーである鳥越が、今回のフェアリーリップの賠償金をたんまりと頂くと言うのでした。

【スポンサードリンク】

ネタバレ② 諸伏高明に電話がかかってくる。

電話の相手は同じ長野県警の大和敢助。勘助と上原、長野県警の仲間は怪盗キッドを捕まえたら連絡をいれるという、高明の電話を待っていたという事。

ここで高明がキッドがカードを置いていったことを伝え、それにがっかりしてないな〜と勘助が言うと…。

諸伏高明「勝っても有頂天にならず負けても落胆しないのが将たる者の道ですよ…」

と言い、心の中で「まだ勝敗はついてない」と言うのでした。

高明が東京にいる理由とは?

さらに勘助が例のものはどうだったんだ?と聞くと、どうやら警視庁に諸伏高明宛の封筒があったとのこと。ただその封筒が入っていたロッカーの人物ではないとのこと。

封筒にはにじんだマジックで

「これを長野県警の諸伏高明警部に送ってくれ」

と書かれていたみたいです。

【スポンサードリンク】

高明は東京に知り合いはいたのか?

勘助が東京に知り合いいたのか?と聞くと、上原が警視庁に入った弟がいたと言い、さらに両親が亡くなったことで東京の親戚に引き取られたとのこと。

高明が小包を持っていた刑事は弟の知り合いかもしれません…と言うと、勘助が弟に聞けばいいだろ言われます。

ただ高明は随分前に警察を辞めたと聞いて、別の仕事についてから何も音沙汰もなくなってしまったとのこと。最後に高明は

高明「今頃…一体何処で…何をやっているやら…」

と物思いにふけるのでした。

ネタバレ③ 怪盗キッドの変装とは

コナン、蘭、小五郎、平次、和葉はキッドが行ってしまったということで、タクシーで帰ろうか?という話をしていると…。

怪盗キッドが変装する和葉がタクシーはもったいないから、博物館のどこかの部屋で仮眠とらせてもらおうよという話に。

ここで和葉と平次が鈴木次郎吉のもとに許可を取りに行きます。ここで蘭と小五郎は二人は仲が良いな…と言うと、コナンは

コナン「平次兄ちゃんがくっついているのは逃さない為だよ…だってあの和葉姉ちゃん…怪盗キッドなんだもん」

と蘭と小五郎は驚くのでした。どうやら和葉はずっと膝を曲げてかがんでおり、本物の和葉は「アタシ」というのに、偽物は「ウチ」と言ってるとのこと。

ここで蘭が本当に平次が気づいているよね?とコナンに確認をとると…コナンも多分と同様するのでした。

【スポンサードリンク】

ネタバレ④ 平次と和葉が二人きりになると…。

二人は控室にいき、ソファで仮眠をとろうとしています。ここで和葉が

和葉「眠れへんならウチが添い寝したってもええねんでー♡」

と言うと、平次は最初は照れるものの、まんざらでもない顔になりついに行動にでます。

平次が壁ドンをする…。

平次はここ最近の和葉の言動についにしびれを切らして壁ドンします。そして

平次「どうやら黙らせるには…そのふざけた口、塞がなアカンみたいやな…」

と言い、和葉に変装する怪盗キッドは自分がキスされそうになり「まてまて」と驚いています。

キスは上手くいったのか?

「バン!!」

とそんな二人の部屋に入ってきたのは急いできた蘭とコナン。どうやら蘭は危ないと思って走ってきて、それが的中したみたいですね笑

コナンはここで戎橋の麻取の刑事に掴みかかった時も和葉が絡んでいることに気づき、平次は和葉が絡むとへっぽこになることを思い出しました。

本当に気づいていないみたいでしたね笑

【スポンサードリンク】

ネタバレ⑤ 4時間経つと…

結局、キスはせず全員で控室で寝てると…怪盗キッドが変装する和葉が氷の元へ向かいます。

するとフェアリーリップが入っていた氷がほとんど溶けてしまいました。そして、キッド(和葉)はガラス張りの部屋の中に入ることに…。

そして、氷の中に手を突っ込むと、妖精の唇(フェアリーリップ)をゲットしました。どうやら本当は盗んでいなかったため、センサーが反応しなかったみたいですね。

高明が待ち構えていた

「カッ!」

と和葉に変装するキッドが高明と警察によりライトアップされてしまいます。

諸伏高明「鷙鳥類百…一鶚に如かず…」

と言い、高明は今回のフローラルライスパフォーマンスのトリックについて解説します。まるで本物のパールを盗んだかのように見せていたが、本物のコンクパールの美しさにはかなわないとのこと。

高明は氷の中にあったフェアリーリップにずっと気づいていたのでした。

さらに怪盗キッドの変装していたことに気づいており、現行犯で捕まえようと泳がせていたみたいです。

怪盗キッドが閃光弾を使用する

怪盗キッドは閃光弾とけむり玉を使用して、ガラス張りの中を煙でいっぱいにしてしまいました。

煙を放出して怪盗キッドを捕まえようとしましたが…。

なんとキッドは抜け穴から脱出してしていました。高明は既に脱出用の扉に気づいていたがわざと見逃したということ。

どうやらキッドは目当ての宝石でなければ持ち主に返すということであることを知っていました。

【スポンサードリンク】

ネタバレ⑥ フェアリーリップの持ち主とは?

ここでブローカーである鳥越が自分の所に返ってくるのでは?と言うと、平次は鳥越が本当の持ち主ではないことを暴きます。

どうやら鳥越が三重県と言っていたが本物のコンクパールはメキシコ湾やカリブ海に生息していピンク貝しかとれず、鳥越が言っていたことは嘘ということなります。

つまり本物の持ち主は鳥越に異論を唱えていた女性になります。山本萌奈は、「カリブの大富豪からもらった…大切な贈り物よ!!」と言っていたのでこれが事実です。

ただこの時、平次は「こっちの方は気づいた」ということであったが、どうやら和葉のことは本当に気づいていなかったみたいですね…。平次…笑

怪盗キッドの行方は?

その頃、教会で祖母の棺の前で泣いていた萌奈。どうやらカリブの大富豪の奥さんが差産気づいてしまったのを、医師をしていたい萌奈の祖父が助けた時のプレゼントでパールを贈ったみたいです。

そこに怪盗キッドが現れ、キッドはどうやらその生まれた子供のスペイン語のブログを見て、この話を知っていたみたいです。

そして、自分が狙っていた「宝石」ではなかったため、萌奈に手渡しで返しました。

これにて一件落着ですね。

ネタバレ⑦ 諸伏高明が受け取った封筒とは?

次の日、警視庁では佐藤刑事と高木刑事が封筒を持っていました。どうやら伊達刑事のロッカーから小包が入っており、その小包の中から長野県警の警部に送ってくれというメモ書きがあったみたいです。

ただ伊達は1年前に交通事故で亡くなっており、ずっと放っておかれたので文字がにじんでいたとのこと。

さらに後ろには◯印がついており、誰が送ったかはわからないみたいです

伊達のロッカーは警察学校時代の写真とか物があり、ずっと掃除されていなかったとのこと。さらに伊達や松田がいた警察学校世代がやんちゃしたせいで、佐藤刑事の代では規律が凄い厳しくなったといいます。

確かに…警察学校編を見ると凄いですもんね笑

【スポンサードリンク】

封筒に入っていた中身とは

佐藤刑事が高明に封筒を渡し、それを開けてみると…なんと中央に穴が開いているスマートフォンが…。

さらに詳しくスマホを見た高明は「穴の内側に黒ずんだ染み」、「裏目に傷に見せた独特の「H」の文字」を確認し…、

高明「人生、死あり…修短は命なり」

と言い、高明はこれは自分の弟のスマホと言い。警察を辞めていたと言っていたが、本当は公安に配属されてどこかに潜入中に命を落としてしまったと推理します。そして心のなかで

高明「そうだよな?景光?」

とスコッチのことを思い出します。つまり、高明の弟は潜入捜査をしていたスコッチということなります。

高明に封筒を送ったのは?

ここで警視庁を離れた高明は封筒の裏にある「0」のマークを見て、昔景光が言っていた

幼少期の景光「高明兄ちゃん!僕、東京で友達ができたよ!あだ名が「ゼロ」って言うんだ!かっこいいでしょ?」

と思い出すのです。つまり、この封筒を渡したのは同じく潜入捜査中であった安室透こと降谷零だったのです。

まさかの高明との繋がりが見えたお話でしたね。

「キッドVS高明」はこれで終了です。

6. 「キッドVS高明 狙われた唇」の感想

※後ほど更新します。

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる