ついに告白!?1024話・1025話「大岡紅葉の挑戦状 前編・後編」のネタバレ/犯人/トリック|アニメ名探偵コナン

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ついに待望の原作回である「大岡紅葉の挑戦状」

2021年の原作回は9月の「堆黒盆」ぶりのお話となります。

単行本の何巻に収録されているかは以下記事を参考にしてください↓

大岡紅葉、服部平次、遠山和葉が出てくるのでぜひチェックしたいお話となります。

今回は2021年10月30日・11月6日放送のアニメ名探偵コナン1024話・1025話大岡紅葉の挑戦状 前編・後編」のあらすじとネタバレを紹介していきます。

※ネタバレ有り

【スポンサードリンク】
目次
【スポンサードリンク】

1. 1024話「大岡紅葉の挑戦状 前編」のあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

蘭のもとに大岡紅葉からメールがくる。内容は「工藤新一に解いてほしい暗号がある」というものだった。ある資産家の屋敷に長年勤めて家政婦が、四人の息子に暗号を残し亡くなった。

彼女はミステリー好きで息子達が力を合わせて宝物にたどりつくように、四人に一枚ずつ暗号を送ったそうだ。彼らが暗号を共有した直後、長男が音信不通に。

トラブルに巻き込まれたかもしれないということで、暗号を解き、行方を探して欲しいというものだった。紅葉はこの日に東京へ来て、詳しい話をしてくれるらしいのだが……。

2. 1024話「大岡紅葉の挑戦状 前編」のネタバレ

物語のスタートは、リムジンに乗る大岡紅葉のシーンから。

紅葉は秘書の伊織無我(いおりむが)に何かを確認する。伊織は録音したものを再生すると…

紅葉「そらホンマにホンマですか?平次君…」

平次「何遍も言わすなドアホ!!もしもそないな事があったら…何でも言う事聞いたるわ!」

とどうやら、何かを約束したみたいですね。

【スポンサードリンク】

ネタバレ① 蘭の元へ一通のメールが

毛利探偵事務所に学校から帰って来た蘭に一通のメールが。

差出人は大岡紅葉。そして、内容は工藤新一に解いて欲しい暗号があるとのこと。

そしてそこには4枚の暗号らしき画像があり、「フットボウル好きの母より」と書かれていました。

どうやらとある資産家の屋敷に長年務めていた家政婦が、亡くなる間際に4人の息子に1枚ずつ送った暗号とのこと。

ただ、4人が暗号を送りあった後に長男の連絡が途絶える。そのことで資産家に連絡があり、つながりのある大岡家に連絡があったみたいです。

紅葉は新一の連絡先がわからないのでとりあえず、蘭に連絡したとのこと。そして、今日東京に行くらしく、午後4時に杯戸中央ビルの屋上で待ち合わせをすることに

博士の家にいるコナンは蘭からメールを受けて、この暗号を解くことに。この時、少年探偵団もおり、元太が甲殻アレルギーの疑いがあるとのこと。

【スポンサードリンク】

ネタバレ② 待ち合わせ場所に行くと…

新一の代わりにコナンが蘭と一緒に、杯戸中央ビルに行き、屋上へ案内されました。

すると、その屋上には、服部平次と遠山和葉の姿が…。どうやら和葉と平次いわく、平次と新一のバトルみたいですね…。

話を聞くと…。

物語は3時間前

どうやら和葉と平次の学校の前に紅葉が訪れ、平次にあの暗号を渡していたみたいです。

そしてこの時に、紅葉が平次君より早く暗号を解く高校生がいたら、願いを聞いてくれますか?と聞くと…、平次は、

平次「何遍も言わすなドアホ!!もしもそないな事があったら…何でも言う事聞いたるわ!」

と冒頭に繋がります。

そして、伊織達に羽田のチケットを渡され、平次と和葉は来たみたいです。

【スポンサードリンク】

紅葉の目的は平次との結婚!?

ここで屋上のシーンに戻ると、和葉と蘭が話をすると…紅葉の願いは平次と結婚を迫ること。これを平次はまたカルタしたいだけだろと勘違いしているみたいです。

和葉は蘭にあるお願いをします。

新一に平次が勝つようにして欲しいと…

ただ、和葉には小型のマイクとスピーカーがついており、紅葉は「それはルール違反」だと言いました

そして、紅葉は屋上からヘリコプターで屋上に到着して、自己紹介します。

最後に暗号について加えると

紅葉「彼女は「フットボウル」…つまりサッカーの試合を…一度も観戦しはった事がなかったそうですよ?」

と言うのでした。

フットボウル好きがヒント

恐らく、この言葉がヒントで、コナンと平次は悩むのでした。

新一はその場にいないので、コナンが電話をして暗号解読に挑戦します。

【スポンサードリンク】

ネタバレ③ 謎解きがスタートする

紅葉と伊織も合流して、ご飯を食べに行くことに。

東京がスタートの理由がその家政婦さんが、東京の杯戸町の資産家に務めていたみたいです。

だから今回の宝物は東京にあるのでは?ということになります。

家政婦さんの旦那さんは病気で亡くなったため、息子4人はそれぞれ養子に出たみたいです。そこから30年間一度もあってないとのこと。

さらに4兄弟の手のひらには火傷があるみたいです。

話は変わり、一同がパンケーキ屋に行こうとするも、大行列。この時に、この言葉をヒントにコナンと平次が暗号から行き先を…「杯戸港の第4倉庫」と言いました。

暗号を3枚重ねて、4枚目をさらに重ねると文字が読めるようになる「杯戸港の第4倉庫」となります。

二人が一緒に回答しましたが、コナンの方が速いのでは?となり暗号の勝負は新一か?となりましたが、決着は次の倉庫での長男が音信不通になった真相を解いた方が勝ちとなりました。

【スポンサードリンク】

ネタバレ④ 杯戸港に到着した一同。

すると倉庫には管理人のおじさんがおり、その人に見せると第4倉庫に案内してくれるみたいです。

今朝早く、ヒゲを生やした男性がやってきて、その後、また男が一人やってきた、ついさっき男が2人とも立て続けに来て、合計4人もきたとのこと。

どうやら例の4兄弟だと一同は思いました。

ネタバレ⑤ 第4倉庫に入ると…

服部達が入ると、3人の人が群がっており、一人のヒゲを生やした男性が頭から血を流していました。

どうやらこの亡くなっているのが長男であり、それ以外は他の兄弟となる。

コナンと平次は遺体を見ると、これは殺人事件だと言い、平次と新一の勝負はこれを解いた方となるのです。

【スポンサードリンク】

3. 1025話「大岡紅葉の挑戦状 後編」のあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

大岡紅葉の依頼で「ある資産家の屋敷に長年勤めて家政婦が、四人の息子に残した暗号」を解いていたコナンと平次。たどり着いた杯戸港の第四倉庫では、頭部から血を流して倒れている男の他、三人の姿があった。

彼らは暗号を残された四兄弟で、遺体となっていたのは長男。彼らは長男に呼び出され、最初に来た次男が発見した時にはすでに遺体となっており、その後に三男、四男が合流したそうだ。近くに落ちていたメタルフレームの眼鏡の様子から、コナンと平次は、これが殺害事件だと考える……。

4. 1025話「大岡紅葉の挑戦状 後編」のネタバレ

コナンと平次はなくなった男性のメガネを見て、これは殺害された後にかけられたものと言うのでした。犯人は何か理由があったみたいですね。

3人の残りの兄弟は、銀行員の次男:柏木優(かしわぎすぐる)、バイク店店員の三男:菅田克信(かんだかつのぶ)、フリーターの四男:陣屋才輔(じんやさいすけ)となる。

柏木、菅田、陣屋の順番できたとのこと

ただ、犯人はいくらでも隠れられるとのこと。

【スポンサードリンク】

兄弟の話を聞いてみると…

3人は30年ぶりに会うが、昔の写真ではわからず…。ただ被害者の右手に妙な火傷の跡があり、他の3人もこの跡があった。

どうやらこれはジンギスカンの鍋とのこと。養子に出される前に全員で食べた時に火傷したみたいです。3人は思い出に思いしたる。

亡くなった長男の紙袋にはジンギスカンの鍋が…、さらに被害者は工場の上から落とされた様子。

ネタバレ⑥ 今日はすごい大事な日

案内したおじさんに順番を聞くも、ヒゲ以外の男性は覚えてないとのこと。

どうやら今日はこの港で…年に一度の映えるラブリースポットが見えるとのこと。

服部はここで和葉に告白するかもしれない…と伊織無我の助言で、紅葉もこの事態の危険性に気づきました。

【スポンサードリンク】

ネタバレ⑥ コナンはあることにひっかかる

被害者の長男がなぜ音信不通になった理由については、どうやら海外出張中にスマホを無くして、帰国する時に空港で見つかったみたいです。

3人共、長男とはメールや贈り物をし合う仲とのこと。

次男は革のベルトの腕時計を貰ったとのこと。

三男はビンテージの革ジャンをくれたとのこと。お返しにチョコやナッツを送ったら送り返されたとのこと。

四男にはカニ缶を送ったら全て送り返されたと話しました。

その頃、平次は和葉に告白する気マンマンで使いものにならない…。

ただ、コナンはこの話を聞いてることにとあることを思い出し「アレルギー」が鍵だと気づくのでした。

【スポンサードリンク】

ネタバレ⑦ コナンはあることを思い出す

コナンはアレルギーであることに気づき、服部がまだ解けてないところを見て、勝ちだと確信しました。

そして蘭姉ちゃんも顔を見て、蘭も応援してくれてるだろうし…と蘭姉ちゃんの顔を見ると。応援している時の顔ではないことに気づきます。

小さい頃に蘭と新一がドーナツを食べた頃に蘭が、「新一にあげる!」と言いつつも欲しい顔をしていて我慢していました。

この時の顔に似ていたということです。

【スポンサードリンク】

ネタバレ⑧ コナンは機転を利かす

コナンは蘭はあの時の顔をしていると思い、

コナン「死んだ勉造さんの事で気づいた事があるって…きっとカニアレルギーになっちゃんたんじゃないかってさ!」

と紅葉に言いました。

すると平次はカニ缶、チョコレート、ナッツ、革製品から「金属アレルギー」とわかりました。

缶詰には金、チョコやナッツにも金属成分。

で、勉造の遺体にはメタルフレームのメガネが置いてあったから、それはおかしいということになる…。

犯人は〇〇

つまり長男である勉造さんが亡くなる時に、犯人のメガネを掴み、そのメガネがひび割れてしまったのです。

そのため、自分の眼鏡と交換して、金属アレルギーのはずの長男が金属フレームをつけた経緯に。

犯人はメガネを付けている人物…四男の陣屋才輔となります!

【スポンサードリンク】

ネタバレ⑨ 犯人だけ記憶が違う…

ここで陣屋が手についた火傷について話す。

誰かがひっくり返したジンギスカンの鍋が母親に当たりそうだから、手でカバーしたというも…。

他の2人の兄弟はそれは違うと言い、鍋に落ちそうになった母親を皆で手を入れて守ったというものでした。

陣屋は手に自分で作ったものになる。さらに陣屋だけ福耳で、福耳は優性遺伝のため、両親がどちらも福耳でないのでこれもおかしな点となった。

犯人のトリックや本当の事実とは

陣屋才輔というのは、この犯人の友人で大学の友達だったとのこと。才輔は病気で先日、亡くなっており、久しぶりに兄弟に会いたかったと言っていたことを聞く。

遺品整理をしていたところでスマホを見つけて、長男からのメールを見て今回の倉庫にいったとのこと。

才輔のフリをしたところ、長男にバレてしまい、長男に警察に呼ばれそうになり…取っ組み合いで落ちてしまったのです。

犯人は分け前がほしかったが…

宝物というものは、思い出のジンギスカンの鍋なので、そもそもなかったのです。

ただ家族でジンギスカンをしたかったということを犯人に伝え、平次は最後

平次「そうとは知らんとアンタは分け前欲しさに…火傷してしもたっちゅうワケや…殺人っちゅう大火傷な」 

この言葉に、和葉と紅葉はキュンキュンしました。

【スポンサードリンク】

ネタバレ⑩ 勝負の結果

ここで紅葉は伊織に何か指示をする。

平次は和葉に告白するために、手を引いて岬が見える場所へ!

そして、ここで服部が告白しようとするも…後ろにいるのはコナンでした。どうやら、伊織が耳打ちして和葉は下に行き、紅葉、蘭、和葉と写真をとっているのでした。

コナンと平次が話す。

コナンは修学旅行の借りを返したと言い、今回の母親が家政婦をした資産家は誰だ?ということになり、それがなんと羽田秀吉の実家、羽田家だったみたいです。

そして羽田浩司の家でもあるため、羽田浩司は大金持ちの御曹司であるみたいです。

【スポンサードリンク】

7. 「大岡紅葉の挑戦状」の感想

※後ほど更新します。

2021年11月のアニメ一覧ならこちら↓

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる