テキーラ登場!54話「ゲーム会社殺人事件」は何巻?原作の何話まで?簡単なネタバレ|アニメコナン

URLをコピーする
URLをコピーしました!
【スポンサードリンク】

1997年4月14日放送のゲーム会社殺人事件」

前回のアニメ放送は「謎の凶器殺人事件」でした。

今回のお話は黒の組織のメンバーである「テキーラ」が登場するお話。

ちょっとおもしろ回でもあるので、ぜひチェックしていきましょう!

今記事では「ゲーム会社殺人事件」は原作のお話なのか?アニオリなのか?などを簡単なあらすじを含めて解説します。

※ここからは簡単なネタバレを含むため、注意してください。

目次
【スポンサードリンク】

アニメ54話「ゲーム会社殺人事件」は何巻?原作で何話?

アニメ放送されている「ゲーム会社殺人事件」は原作コナンの話となり、対象の単行本は12巻です!

名探偵コナン12巻「File114:突然の遭遇、 File115:弾丸の行方、 File116:コナンの誤算

名探偵コナン12巻に掲載されている話↓
File1:博士の宝箱
File2:黒い太陽
File3:宝の正体
File4:突然の遭遇
File5:爆弾の行方
File6:コナンの誤算
File7:マイクロフトでの集い
File8:知りすぎていた女
File9:ナゾの爆発
File10:見破られたウソ

【スポンサードリンク】

アニメ「ゲーム会社殺人事件」の簡単なあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

小五郎達と出席したゲーム会社「満天堂」の新作発表会の会場付近で、コナンは「テキーラ」と名乗る大男に遭遇。黒ずくめの男達となんらかの関係があると踏んだコナンは、盗聴器を取り付け追跡する。

だが突然の大爆発によって、男は跡形もなく消え去った。無差別殺人!? 計画殺人!? コナンは爆発の直前、盗聴器越しに聞いた男の言葉から推理を始める。

社長に届いていた発表会中止を要求する脅迫状、ゲーム開発者達の不審な行動、次々と明かされていく事件の真相… しかしその時にはすでに、もう一つの計画がカウントダウンに突入していた!

https://websunday.net/episode/11936/
【スポンサードリンク】

アニメ「ゲーム会社殺人事件」の登場人物

ゲーム会社殺人事件」の登場人物
・江戸川コナン
・毛利蘭
・毛利小五郎
・目暮警部

【関連記事】コナン「黒の組織」の登場回を大公開|漫画&アニメ

【スポンサードリンク】

アニメ「ゲーム会社殺人事件」の動画やhuluはある?

アニメ「ゲーム会社殺人事件」はhuluで配信されています。

コナンを取り扱っているVODでは、様々なアニメコナンが見れるので登録をおすすめします!

【関連記事】映画「名探偵コナン」が無料で見放題の配信サイト

アニメ「ゲーム会社殺人事件」の簡単なネタバレ&感想

ここでは一話だけ登場する黒の組織の「テキーラ」が登場します。

テキーラは関西弁を話し、コナンに対しても傲慢な態度をとっており、とてもびっくりします笑

ただ、今回の事件でテキーラは巻き込まれてしまい、無くなってしまします。

テキーラ「何やコレ入れへんぞ…ん?あいてるんか?」

と名言が生まれるのはこの回となります。

まとめ

今回は54話でもある「ゲーム会社殺人事件」についてまとめました。

黒の組織のジンとウォッカ以外の初めてのメンバー「テキーラ」が登場する話。

ただ、テキーラは普通になくなってしまうので、ちょっと残念な感じがある話です。

ちょっとだけ今後に繋がる話なので、要チェックです!

【関連記事】コナン「黒の組織」の登場回を大公開|漫画&アニメ

【関連記事】名探偵コナンの最終回はいつ?ラストの考察を大公開

【スポンサードリンク】
アニメ名探偵コナン54話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる