5話「新幹線大爆破事件」は何巻?原作の何話まで?簡単なネタバレ|アニメコナン

URLをコピーする
URLをコピーしました!
【スポンサードリンク】

1996年2月5日放送の「新幹線大爆破事件」

前回のアニメ放送は「大都会暗号マップ事件」でした。

コナンが幼児化してから初めて黒ずくめの二人と遭遇します。

この話で初めて二人の名前がジンとウォッカであることが判明します。

今記事では5話「新幹線大爆破事件」は原作のお話なのか?アニオリなのか?などを簡単なあらすじを含めて解説します。

※ここからは簡単なネタバレを含むため、注意してください。

目次
【スポンサードリンク】

アニメ5話「新幹線大爆破事件」は何巻?原作で何話?

アニメ放送されている「新幹線大爆破事件」は原作コナンの話となり、対象の単行本は4巻です!

名探偵コナン4巻「File33:はちあわせた二人組、 File34:グリーン車の四人、 File35:ラスト10秒の恐怖」

名探偵コナン4巻に掲載されている話↓
File1:甲冑の騎士
File2:ダイイング・メッセージ
File3:書けないペン
File4:はちあわせた二人組
File5:グリーン車の四人
File6:ラスト10秒の恐怖
File7:暗号表入手!!
File8:暗号解読のABC
File9:答ともうひとつの答
File10:光る魚の正体

【スポンサードリンク】

アニメ「新幹線大爆破事件」の簡単なあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

結婚式のために小五郎達と乗った新幹線で、コナンは黒ずくめの男達と出くわした。思わずたじろぐが、彼らは子供のコナンに注意を払わない。二人の会話を盗聴すると、驚くべき計画が進んでいた。車内で取り引きしていた相手のカバンに、爆弾が仕掛けられているのだ!! 

爆発時刻は40分後。爆弾の話を車掌にするが、信用してくれない。やむなく、コナンは自分で探し出すことを決意する。盗聴した会話を手がかりに、突き止めた先は、二階のグリーン車! 

そこには、黒いカバンを持つ四人の男女がいた。刻々と時がせまる中、コナンはある決心をするが…

https://websunday.net/episode/11914/
【スポンサードリンク】

アニメ「新幹線大爆破事件」の登場人物

新幹線大爆破事件」の登場人物

・江戸川コナン
・毛利蘭
・毛利小五郎
・ジン
・ウォッカ

関連記事】黒の組織の「ジン」の漫画&アニメの登場回は何話?FBIの対決や重要回をご紹介

関連記事】コナン「黒の組織」の登場回を大公開|漫画&アニメ

アニメ「新幹線大爆破事件」の動画やhuluはある?

アニメ「新幹線大爆破事件」はhuluで配信されています。

コナンを取り扱っているVODでは、様々なアニメコナンが見れるので登録をおすすめします!

【関連記事】映画「名探偵コナン」が無料で見放題の配信サイト

アニメ「新幹線大爆破事件」の簡単なネタバレ

物語のスタートはコナン達が新幹線に乗っていることから。

ここでたまたま自分を幼児化したジンとウォッカに出会います。

1巻に幼児化されて、そこから遭遇まで5巻とだいぶ先の話となります。

二人の席に盗聴器をつける事ができ、ジンとウォッカということがここで初めてわかります。

さらにコナンは誰かに爆弾を渡したことがわかり、爆弾を探します。

【スポンサードリンク】

まとめ

今回は5話でもある「新幹線大爆破事件」についてまとめました。

幼児化してから、初めてのジンとウォッカの登場。

意外とさっくりと読めるお話なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

【関連記事】コナン「黒の組織」の登場回を大公開|漫画&アニメ

【関連記事】名探偵コナンの最終回はいつ?ラストの考察を大公開

【スポンサードリンク】
アニメ名探偵コナン5話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる