血天井!?File1000「鮮紅の天井」のネタバレ(感想)|紅の修学旅行編

【スポンサードリンク】

名探偵コナン File1000「鮮紅の天井」新一と蘭が修学旅行に!?

ついに名探偵コナンも1000話突破という大台に立ちましたね。1994年から続いた名作マンガなため、ファンのみなさんも感慨深いものがあるのではないでしょうか。

そんな記念すべき1000話目はなんとコナンが新一となり、修学旅行に参加するお話です。

名探偵コナン File999「ただのじゃないもん!」で灰原から薬をもらえなかったコナンですが、どういう展開でしょうか?

ここからは1000話の簡単なネタバレと感想(考察)をお届けしていきます。

今回のお話は2019年1月5日放送のアニメ名探偵コナン「「紅の修学旅行 鮮紅編」で放送される内容になります!

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

 

【スポンサードリンク】

 

 File1000「鮮紅の天井」のネタバレ

1000話の始まりは京都の清水寺。園子がラブラブショット撮ってあげるよ!と言った先にいるのは、工藤新一と蘭です。

まさかの新一の登場に読んだ読者の方もびっくりしたに違いありませんね。蘭が新一の側に近寄ると新一は、照れて離れる始末。

普段はコナンとしてローアングルから眺めているため、とても緊張するみたいですね…。

どこに世良真純が現れ、「お前は本当に工藤新一なのか?」と詰め寄ります。どうやら世良は新一がきていることに少し驚いているみたいですね。

更に二人は10年前に既に会っていることを話しますが、やはり世良の中では「新一=コナン」というのがあるみたいですね。

世良の母親も小さくなっている可能性があるため、新一の登場は母親を戻す結構なヒントになるのかなと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

なぜ、コナンは新一に戻れたのか?

999話で、灰原の為に比護のぬいぐるみを見つけ出したコナンでしたが、灰原から薬をGETすることは出来ませんでしたね。しかし、1000話では見事、新一が戻っています。

ここで999話の回想になり、阿笠博士、少年探偵団、灰原と会話をしたコナンでしたが…。

どうやら、コナンが灰原のために海に飛び込んだことを知った灰原は、どうやらコナンに薬をあげることにしたみたいです。

但し、言いつけは守るという条件付きですが、こういった経緯で新一に戻れるようになりました。

 

清水寺にいた女優が発端で、新一達の修学旅行が大きく変わる

蘭達が清水寺にいると謎の女性がおり、その女性が「待っててね…出栗君…」と意味深に言っており、花のようなものを清水寺の空へ投げました。

このシーンを見ていた蘭があることに気づきます。

その女性が女優の鞍知景子(くらちけいこ)がであることがわかり、話しかけると新一と鞍知の意外な関係性がわかります。

鞍知景子は女優のため、新一のお母さんの有希子が知り合いで、過去に赤ちゃんの新一のオムツをかけたとのこと…。

 

【スポンサードリンク】

 

景子は新一にあることをお願いする…

どうやら景子は祇園芸術大学自体の友人と、同級生のお墓参りにきており、新一達と同じホテルのため、新一に自分たちの部屋番号が書かれた紙を渡しました。

そして、景子は新一に対して、貴方に見せたいものがあるから、夜9時に景子の部屋に来て欲しいとのこと。見せたい物?と聞くと…

「暗号よ!探偵なら大好物でしょ?」

とどうやら、何かの暗号を解いて欲しいため、景子は新一にお願いをしたいみたいですね、。

そして、清水寺には、新一達の近くにマスクをした怪しい男がいます…。

 

蘭や新一達は修学旅行を楽しむ。

コナンから新一に久しぶりに戻れたからこそ、新一は蘭達と一緒に修学旅行を楽しんでいました。

そして、養源院(ようげんいん)では、天井に血痕がある「血天井」を観光しました。

この時に、新一は元の姿で修学旅行の一時を楽しむのでした…。

 

【スポンサードリンク】

蘭達と一緒に鞍知の部屋に。

夜の9時になると約束通り、新一だけでなく、蘭、園子、世良と一緒に鞍知の元へ訪れました。

そうすると、鞍知の大学の友人で有名人でもある、俳優の井隼森也(いはやしんや)、映画監督の馬山峰人(まやまみねと)、作曲家の安賀田力(あがたりき)と言ったそうそうたるメンツが集まりました。

そして、新一の大好物である暗号を脚本家の西木太郎(にしきたろう)の部屋に取りに行きました。西木曰く、ヤツデの葉と一緒に謎の暗号が送られたとのこと。

 

暗号の意味や作った人とは?

紙に書かれた黒い4つの□が書かれており、その暗号を考えた「出栗」という同級生が作ったものらしく、その出栗は1ヶ月前に清水寺から飛び降りて亡くなったとのこと…。

清水寺で景子が名前を読んでいたのも出栗ですね…。

亡くなった出栗の何かのメッセージということかも知れないとのことで、新一はこの暗号を5人から解くことを任されました…。そして部屋に戻ろうとすると…・

 

【スポンサードリンク】

 

被害者が一人出てしまう。

蘭達と新一が一緒に部屋に戻ろうとしたところ…。なんと鞍知から連絡があり、

「新一君早く!西木君の部屋に!!」

とメールが届きました。

急いで新一達が西木の部屋に行くと、西木が何者かに刺されて亡くなっていました。

どうやらバーに行く前に一旦部屋に戻ったところ、西木が何者かに刺されてしまったのです。

そして、新一が西木の遺体をチェックしていると

「ポタ、ポタ」

と何か水のようなものが新一に垂れていました。

新一と世良が部屋の天井を観ると、まるで血天井のように血痕があり、その横には血の足跡のようなものまで…。またしても謎の事件に関わってしまうことに…。

File1001に続く…。

 

 

 File1000「鮮紅の天井」の感想

ついにコナンが1000話目に到達しましたが、まさかの新一の姿に戻れて登場というのも青山先生らしいサプライズですね。

さて今回のお話では鞍知という女性と出会ったことから事件が始まります。出会った時に鞍知は「待っててね…出栗君…」とつぶやいています。

ということは少予想してみると、鞍知と出栗は恋人関係にあったりして復讐!?なのではと考えることもできます。暗号考えた出栗がこの有名人達とどのような関わりを持っていたかに注目ですね。

そして、新一には薬の副作用でコナンに戻ってしまうので、どのように対策するのか注目していきましょう!

1001話のネタバレはこちら↓

名探偵コナン File1001「紅蓮の魔物」(サンデー39号)の考察とネタバレ(感想)

2019年の劇場版名探偵コナンについてはこちら↓

【京極VSキッド】2019年度の映画第23弾「紺青の拳」のあらすじと予想|劇場版コナン

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)