青子の母親登場!まじっく快斗「グリーン・ドラゴン」のネタバレと感想

【スポンサードリンク】

原作コナンが終了し、7年ぶりに怪盗キッドの主役である「まじっく快斗」が再開します。

今回のお話でとある人物が初登場するので注目していきましょう!

今記事では2024年4月10日発売の少年サンデー20号のまじっく快斗「グリーン・ドラゴン」の考察(ネタバレ)と感想をご紹介していきます。

この記事の目次

名探偵コナンの最新話について

↓サンデーで掲載されている名探偵コナンの最新話については以下記事をチェックしてください↓

▼【参考記事】▼
名探偵コナンの最新話の考察&ネタバレについて

まじっく快斗「グリーン・ドラゴン 前編」のネタバレ

楽天Kobo電子書籍ストア
¥360 (2024/05/23 08:06時点 | 楽天市場調べ)

物語のスタートはレストランで青子と青子のお母さんである中森碧子(なかもりみどりこ)が登場します。※年は40歳

どうやら青子のお母さんは検事であり、多忙であるから今まで登場しなかったという経緯があります。

今回は碧子の40歳の誕生日ということで、青子と碧子、中森警部の3人で食事会であったが…。

ネタバレ① 碧子は怪盗キッドのことを知らなかった

本当は3人でご飯を食べる予定であったが、中森警部は怪盗キッドが登場したことにより、食事会にこれませんでした。

検事である碧子は忙しく、怪盗キッドのことを知らず調べると…。

碧子は青子といっしょに怪盗キッドを捕まえる作戦を考えるのでした。

ネタバレ② 今回のキッドのターゲットは緑竜の鱗

今回怪盗キッドが狙うのは、緑色に輝く宝石「燐葉石(りんようせき)」でまたの名を「緑竜の鱗(グリーンドラゴンのスケイル)」です。

更に今回の宝石は伊達政宗の銅像の眼帯部分にはめられています

銅像の中は空洞になっており、眼帯部分に空けた穴にはめ込んでいるため、表面から取ることはできません。

更に今回は白馬探の助言により、像の中には鋼鉄の支柱を入れており、銅像を持ち上げるということは出来ないです。

今回は白馬探も登場しています。

更にいつも白馬探が話してるばあやも登場しており、式部鹿紫子(しきべかしこ)という名前がわかりました。

ネタバレ③ 青子の母:碧子も準備万端

碧子は検事の仕事を直ぐに終わらせ、怪盗キッドの勝負までに仮眠をとることに。

その頃、快斗は青子といっしょに帰り、碧子がキッドを捕まえることを知りました。

そして快斗はトイレを借りに、青子の家へ…。

その後18時に碧子が仮眠から起床し、既にいなくなっている快斗の痕跡を見つけて青子に言い当てました。

碧子は思った以上に推理力があり、小さい時に快斗がしたマジックをすべて言い当てたりとこれは難敵になりそうですね。

ネタバレ④ 青子は調査をすることに

青子は中森刑事にお弁当を届けるために現場へ。

ここで中森警部や、茶木警視、館長の綱倉オーナーに鋭い質問をします。

その様子を見た白馬探は、青子のブローチは誰かが覗いてるのかな?と言います。

実はそのブローチの先に碧子がネットで繋がっており、様子を伺っていたのでした。

ネタバレ⑤ 怪盗キッドが登場!

深夜0時になり、伊達政宗の像の上に怪盗キッドが登場しました。

怪盗キッドVS碧子がスタートします!

まじっく快斗「グリーン・ドラゴン 中編」のネタバレ

編集:週刊少年サンデー編集部
¥359 (2024/05/22 10:32時点 | Amazon調べ)

前編では、怪盗キッドが銅像の前に登場した所で終わり、中編は派手な登場からスタート。

怪盗キッドは小型爆弾をバラマキ、これから像の眼帯部分に埋め込まれた宝石を盗むということ。

青子のブローチ(カメラ)経由で見てる、青子のお母さんの碧子はあくび死ている様子…。

ネタバレ① キッドは碧子を苦手とする。

カメラ越しで見てる碧子は、

碧子「ウソおっしゃい…タネも仕掛けもあるんでしょ?」

と言います。

怪盗キッドこと黒羽快斗は子供の頃にマジックした時に碧子に一瞬でタネを見破られた過去を思い出し、鳥肌が立ちます…。

ネタバレ② キッドは像を爆発させる

キッドは銅像の頭に箱をかぶせて、プラスチック爆弾を入れ、雷管を入れて起爆させました…。

すると伊達政宗の像の首はなくなりました。

そして、キッドは「緑竜の鱗」はもらった!と言い、天窓からいなくなりました。

この時、青子はキッドがマントで口元を隠していたことと、あと快斗の声が似ていることに苛立ちを覚えていました。更にキッドは目立ちがりやだからこの中にいると…思いました。

ネタバレ③ 怪盗キッドは4人の中にいる…

天窓から逃げたキッドは偽物であり、青子は4人の中から絞った…。

中森警部、茶木警視、白馬探、オーナーの綱倉、この4人の中からキッドが変装していると思っています。

ここで中森警部が白馬の指示で鼻の下をこすると…中森のトレードマークのちょびヒゲが半分消えました

これをみた、茶木と白馬は、綱倉と3人でこそこそ話し、中森警部について話しました。

ネタバレ④ 碧子が起きて…

爆発のシーンから碧子は寝ており、今起きましたが、青子に対して、誰が変装してるのか?どうやって宝石を盗むのか?すべてわかったと言いました。

そして最後に、

碧子「マジックショーの幕はまだ下りてないわよ…青子!!」

と言って、次回へ続きます。

まじっく快斗「グリーン・ドラゴン 後編」のネタバレ

編集:週刊少年サンデー編集部
¥359 (2024/05/22 10:21時点 | Amazon調べ)

今回はグリーン・ドラゴンの解決編。

物語のスタートは気球にのっているキッドを中森警部が追っている所からスタート。

ネタバレ① 中森警部の正体は…?

気球から降下してきたキッドは、落ちていき車にぶつかってしまいました…。

これは人形の偽物…。

そして、捜査員達は茶木警視の命令で中森警部を捕まえました

ここで茶木警視は中森警部を怪盗キッドだと言い、口の下に生えていた付け髭をとりました。

ネタバレ② キッドが変装していたのは…?

外にいる茶木と屋内にいる白馬は連絡を取り合い、中森の変装を解くように助言しました。

そして、美術館に戻ってきた白馬は、そこにいた青子と会話をしながら、科捜研に調べてもらうためにガスバーナーで伊達政宗の首を落とそうとしました。

そこで軽く青子が紅子について質問し、白馬が答えると…。

青子は白馬探の正体が怪盗キッドと言うのでした。

碧子がキッドを追い詰める

ここに碧子も登場し、さっき捕まった中森警部は正真正銘の中森警部と言うのでした。

中森警部は朝、風邪を引いてないのにマスクをしていたのと、手芸店のレシートがあったことから、ヒゲを剃りすぎて付け髭を買った経緯がありました。

この流れを碧子はすべて把握しており、白馬探に対して

碧子「そうよね?令和の魔術師…怪盗某さん?」

と言い、白馬探がキッドに変装していたことを見破りました。

ネタバレ③ 怪盗キッドのトリックとは?

今回、キッドは伊達政宗の首を爆発させたようにみせました。

このトリックというのが、よくマジックに用いられる像に被せた箱の側面にもう一枚の鏡が仕込まれており、まるで消えたかのようにみせるもの。

ちなみに本物の白馬探は休みをもらいカナダに行っている、ばあやの元へ行っていたのです。

これはキッドと助手の寺井によってです。

ネタバレ④ 碧子がキッドを追い詰める

正体がバレたキッドを碧子は全員ムキムキのプロレスラーを呼ぶことで、変装させずに追い詰めます。

キッドはギリギリでとある物をバラまき、それは中森警部が碧子へのプレゼントである刺繍されているハンカチだったのです。

これにより、一度脚を止めたプロレスラーの隙を見て逃げたのでした。

ちなみに本物の箱は魚の形をシールを貼っており、偽物は丸いシールでもしかして魚嫌い?と碧子は疑問を持ちました。

ちなみに白馬探の偽物の見分け方は最初の時とティーカップの持ち方が違ったことです。

数日後にとあることが…

青子が快斗の弁当箱を洗うために碧子にわたすと…。

快斗の弁当箱にはダシ醤油が入っている魚の形をした容器を一滴も使ってなかったです。

快斗は魚好きではないことを知って、怪盗キッドと繋げるかと思いきや…そういう人もいるよね…。と思い終わりました。

これでグリーン・ドラゴンは終了です。

まじっく快斗「グリーン・ドラゴン」の登場人物

グリーン・ドラゴンに登場した人物についての登場回についてはこちら↓

【関連記事】白馬探の登場回は何話?

【関連記事】【最新】怪盗キッドのおすすめの登場回は何話?

まじっく快斗「グリーン・ドラゴン」の感想

楽天Kobo電子書籍ストア
¥360 (2024/05/23 08:06時点 | 楽天市場調べ)

今回は7年ぶりのまじっく快斗のお話でしたね。

今まで謎になっていた青子のお母さんが登場したりと、発見がある回でしたね。

感想① 青子の母親の碧子の初登場

今回のまじっく快斗で長年の謎が判明しました。

今まで中森青子の母親が一度も出てこなかったため、既に亡くなっているか、別れているかと考察されていました。

ただ、今回の回でまさかの生きていることが判明

更には検事でとても優秀であり、快斗のまじっくも今までに全て見破ってきたほど推理力が優れていました。

快斗にとってはコナンと同じくらいの天敵でしたね。

感想② 碧子は怪盗キッドの正体を…

最後の最後には、キッドが魚が嫌いということ…黒羽快斗が魚が嫌いということ…このことがわかったのにも関わらず、気づきませんでした。

こういう所はお決まりのパターンでしたね。

まじっく快斗のグリーンドラゴン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

この記事の目次