明美の手紙の内容!?1072話「6年A組の人気者」のネタバレ|漫画コナン

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
【スポンサードリンク】

名探偵コナン1072話「6年A組の人気者」のネタバレを大公開!

さて、宮野明美から宮野志保への手紙が入っているタイムカプセルを探すお話の解決編。

前回までは暗号を追っていたものの、見つからない一同でしたが、どうなのでしょうか?

今回は2021年4月28日に発売されたサンデー22号・23号に掲載された、1072話「6年A組の人気者」の簡単なネタバレと感想(考察)をお届けしていきます。

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

【スポンサードリンク】

名探偵コナン1072話「6年A組の人気者」のあらすじとネタバレ

さて、前回までのお話で元クラス委員長をやっていた村田匠(むらたしょう)、元副委員長の柳町岳(やなぎまちがく)、元書記の一橋聖子(いちばしせいこ)この3人に加えて、コナンと若狭留美、小林先生で宮野明美が作った暗号を探しています。

ここまで部屋にあった暗号を組み合わせると「よ、う、ぐ、し」となり、用具室となるが、用具室は既に工事で亡くなってしまったとのこと。

ここで一同がタイムカプセルを諦めようとすると…。

1072話のネタバレ① コナンはあることに気づく

コナンはわざとらしく、用具室とパソコンのキーボードを連想させるように話します

すると、犯人らしき人物が心の中で「キーボード!!」となにかを気づいた様子。

コナンは若狭先生と小林先生に、探偵団バッジで飼育小屋のみんなはうさぎ小屋の掃除が終わったから、一緒に帰ろうとすると伝えます。

ただ、コナンは部屋を出た後に、探偵団に連絡して、飼育係の仕事が終わったら、タイムカプセルを探すように言いました。つまりコナンの中では、タイムカプセルは飼育小屋にあることがわかっていたみたいです。

【スポンサードリンク】

1072話のネタバレ② とある人物がタイムカプセルを探しに

一人の人物がスコップを持ちながら、どこを探せばいいのか?と悩んでいると

コナン「やっぱりお兄さんだったんだね?タイムカプセル探しを邪魔してたのは…消防士の柳町岳さん?」

と消防士の柳町でした。

どうやらコナンはこれまでの部屋に、沢山の間違った答えを書いていたことを指摘しました。

タイムカプセルの暗号の仕組み

暗号の3番目「絵描き行くな」は屋上のドアノブに「ぐ」とあったが、実はコナンは美術室の時計の縁の7辺りに「ぐ」とあったとのこと。

同じく暗号の4番目にも「し」と書かれていたのが他にもあったみたいです。

最初の部屋の校長室に「よ」って書かれていたが、どうやらコナンが最初訪れた時にはそんな跡がなかったと指摘。

どうやら1回目の3組で回った時に、コメントを残していたとのこと。

ただ「飛行機襲え」の内容が高い所の電源ジャックはかき残せなかったため、自分で講堂の時計を見て答えたとのもの。

【スポンサードリンク】

1072話のネタバレ③ 宮野明美が来ないことは知っていた?

さらにコナンはこの暗号は、宮野明美がここに来ないことを知ってないとできないと良い、同窓会のハガキを出した柳町なら知っていたのでは?と問い詰めるのでした。

ここで柳町は明美から返事がこないため、マンションに行ったら、郵便物が溜まっており、何日も帰ってないという感じがあったみたいです。

さらにどうしてこんなことをしたのか?と聞くと、柳町は昔あった音楽室のボヤは、近所の悪ガキと学校に忍び込んで花火をやったのが原因といいました。

そこにたまたまいた明美にバラされるのが怖かったといいます。さらに卒業式で「勇気を出して柳町君!」と言われたのも自首しろと言われていたみたいです。

その告発文がカプセルにあるのでは?というのが今回の理由でした。

さらに一橋は昔、明美のテストをカンニングしたことや、村田は昔、賞をとった絵は明美と同じ場所で描いていたが、明美の方が上手だったというのでした。

これが3人がタイムカプセルの中身を見つけたくなかった理由になります。

【スポンサードリンク】

1072話のネタバレ④ 本当の暗号の解き方とは?

コナン「んなワケねぇーっつーの!」

コナンは宮野明美がそんなことをする人じゃないと言いました。コナンは明美のことを知っていますからね…。

さらにタイムカプセルの解き方は、それぞれの暗号をキーボードをかな文字入力でつなげて、90度時計回りに起こして…繋げると。ひらがなでそれぞれ浮き出してきて、

「しいくこや」となります。

タイムカプセルは飼育小屋の天井にあり、集合写真の裏に明美からみんなへのメッセージがありました。

「みんなの夢が叶うといいな」

という、皆を思いやる気持ちでした。

さらにコナンは音楽室のボヤは古いエアコンが漏電して起きたものと言い、「勇気を出して」は悪い友達とつるむのをやめようという意味だったみたいです。つまり、宮野明美はいい人だったのです。

【スポンサードリンク】

1072話のネタバレ⑤ 宮野明美→宮野志保の手紙の内容とは?

さて今回のタイムカプセルには妹への手紙が入っています。

ここでコナンは明美と志保の小さい頃の写真を渡して、その裏のシールを開けると手紙の内容が…。

そこには父と母の研究を引き継ぐことになるけど、大好きという話。さらに母親が銀色の弾丸は正義の弾と言っていたということなどが書いていました。

そして、妹に届けと書いて締めくくっていました。

本当に宮野明美がいい人だったということがわかりましたね。

【スポンサードリンク】

1072話のネタバレ⑥ 黒の組織の刺客

読み終わった灰原は「ドックン」となり、黒の組織センサーが反応して、うずくまってしまいます。

そして教室の外を見て、コナンが扉を開けて、そこには柳町と村田が寿司とピザを持っていました。

コナンが怪しい人いた?ときくと、いないなと2人が言い、2人は心のなかで「ピザ屋と寿司屋はいたけど…」と思うのでした。

そして、若狭留美は教室の窓からピザ屋と寿司屋が帰るのを見るのでした。

最後に脇田が原付きで帰りますが、心の中で

脇田兼則「帝丹小学校19期生は…あの宮野明美だが…死人が来るワケないか…」

という形で、File1072話は終わりです。

【スポンサードリンク】

名探偵コナン1072話「6年A組の人気者」の感想と考察

さてさて、今回はもう宮野明美がめちゃくちゃいい人だったというお話でしたね。

宮野明美はクラスメイトのことや、宮野志保に思いやりがあったな〜という一面が随所にでていました。詳しくはYouTubeにあげようかなと思います!

さらに脇田兼則が今回帝丹小学校にきていましたが、全然でしたね笑

今後、どのように絡んでいくのか?楽しんでいきましょう!

次回の1073話は2021年第26号

2021年5月26日発売の少年サンデー26号で1072話のお話になります!

どんな話になっていくのか?注目していきましょう!

単行本101巻はこちら↓

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる