世良真純のプロフィール|赤井一家や工藤新一の関係性について大公開

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

アニメ「コナン」を観るなら"hulu"↓

※解約料金は一切かかりません。

赤井一家の一人でもある「世良真純」について大公開

コナンの人気キャラクターの一人でもある世良真純(せらますみ)

2012年のアニメ初登場、漫画では約10年前に登場している人気キャラクターになります。

最初はただの女子高校生探偵かと思いきや、時間が経てば経つほど重要な人物であることがわかりました。

では、どんな感じで重要なのか?

今回の記事では、世良真純の簡単なプロフィールや登場回、赤井一家との関係性、工藤新一との関係性について大公開します。

※ネタバレを含むため注意してください。

【スポンサードリンク】

【簡単解説】世良真純の単行本別の時系列

コナンの人気キャラクターの一人でもある世良真純(せらますみ)

まだ、ネタバレをしたくない人のために、この巻を見れば世良真純の時系列がわかるということをご紹介。

初めての登場回:名探偵コナン73巻
→最初はバスの中で蘭と園子、蘭と出会います。

沖矢昴と初めて会う:単行本77巻

ミステリー・トレインのお話:単行本78巻
→ここで世良ととある人物の関係性がわかります。

領域外の妹が初登場:単行本83巻

安室透・スコッチとの繋がりがわかる:単行本88巻〜89巻

世良と領域外の妹について軽く触れる:単行本90巻

さざ波シリーズ:単行本92巻
→領域外の妹、赤井秀一、羽田秀吉との関係がわかる

安室透・スコッチとの繋がりがわかる:単行本88巻〜89巻

世良と領域外の妹について軽く触れる:単行本90巻

さざ波シリーズ:単行本92巻
→領域外の妹、赤井秀一、羽田秀吉との関係がわかる

紅の修学旅行:単行本94巻・95巻

世良真純の家族についての過去;単行本97巻〜98巻

領域外の妹、世良真純と新一について:98巻〜99巻

細かな登場回を見たい方は以下記事をチェックしてください↓

【スポンサードリンク】

世良真純の簡単なプロフィール

ここからはネタバレを含んで行くので、OKな方は一緒に世良真純について深めていきましょう!

  • 本名:世良真純
  • 家族構成:父親に赤井務武、母親に世良メアリー、長男に赤井秀一、次男羽田秀吉、世良真純
  • 職業;女子高校生、探偵
  • 特技:ジークンドー
  • 声優:日高のり子

初回の登場は名探偵コナン73巻で、バスの中で蘭、園子、コナン達と会います。その後、事件に会い、そこで探偵ということ、最後には帝丹高校の転校生ということがわかります。

単行本78巻のミステリー・トレインで、世良真純がバーボンではないこと。「秀兄」と言っていることから、赤井秀一の妹とわかります

単行本92巻のさざ波シリーズで、10年前に幼少期の新一と会っていることがわかります。ここで、世良メアリー、赤井秀一、羽田秀吉と家族。いわゆる赤井一家ということがわかります。

98巻 ・99巻で世良メアリーの正体や幼児化の原因、世良真純と工藤新一についてがわかります。

【スポンサードリンク】

赤井一家と世良真純の関係性

ここからは世良真純と赤井一家のそれぞれの関係性について

母親の世良メアリー

世良メアリーは現在、幼児化している。


母親である世良メアリーは幼児化してしまっため、今は世良真純と一緒にホテル暮らしをしており、行動を共にしている。

ちょいちょい描写でてきていますが、世良メアリーが大人の姿でホテルを出て、幼児化した姿で帰ってきているのを知っている。

父親の赤井務武

赤井務武と世良真純は一回も会ったことがない。務武が日本へ、世良メアリーと赤井秀一、羽田秀吉を逃した時にまだメアリーのお腹の中にいました。


そのため、一度も父親と接触していない。度々、父のわからないことについては母であるメアリーに聞くことが多いです。

長男(兄)の赤井秀一

初めてあったのは10年前「さざ波シリーズ」。ビーチで初めて会って、事件を解決する姿やジークンドーを見て、探偵やジークンドーを覚えました。

兄のことは尊敬しており、大好きな人の一人でもあります。

単行本の100巻時点で、世良真純は赤井秀一が既に死んでいると思っています。

次男(兄)の羽田秀吉

お話の中でもちょくちょくとメールや電話のやりとりをしており今尚、仲が良いです。

羽田秀吉は赤井秀一が生きていることを知っていますが、世良真純にはそのことを伝えていません。

【スポンサードリンク】

コナンや工藤新一との関係性

何度か物語を進めていく上で、世良真純は「コナン=工藤新一」であることをまるで知っているかの様子でした。

10年前に「さざ波シリーズ」で、世良真純と新一と蘭は一度会っていますが…、ここで覚えているのか?という所になります。

紅の修学旅行で現れた新一の姿を見て、世良真純は本当に工藤新一か?というのを疑います。

そして、最後の最後に新一が蘭にキスをされた後、コナンに戻ってしまう時に服部が持っているリュックの中にコナンがいることを確信します。

修学旅行の95巻以降の世良真純は、アポトキシンの解毒剤をコナンからゲットしようとします。そこでコナン以外に大人びている子がいないか?と探って灰原などを標的にしています。

世良真純が転校して、帝丹高校にやってきたのは工藤新一と接触をはかるためと考えるのが妥当となります。

【スポンサードリンク】

コナンを「魔法使い」と呼んでいる本当の理由とは

さて、世良真純と言えば、たびたびコナンに対して「魔法使い」という言葉を使っています。

この魔法使いと言っている意味は、さざ波の時に「自分が笑わせなかった赤井秀一を二度も笑わせた」という意味合い使われていました。

これが小さい頃の魔法使いという意味です。

現在「魔法使い」と言っている意味とは

しかし、92巻のさざ波の最後に「君にはわからないだろうな、ボクが君を魔法使いと呼んでいる…本当の理由はね…。」と言っていました。

ただ、99巻に掲載予定のお話では実はこの「魔法使い」という言葉の意図わかります。

ここからは99巻のネタバレに入るので、ネタバレを含むのが嫌な方は注意してください!

99巻で実は世良真純は、メアリーはコナンをテレビで見ていたのです。ウインブルドンの試合を見ていた時にコナンがミネルバ選手を助けるために、「ボクはホームズの弟子だから」と言っていたシーンです。

ここを見た二人は「10年前に会った工藤新一」なのでは?と疑い、そこから兄弟の線など調べるも、結局幼児化した工藤新一ということがわかりました。

そこで、工藤新一も幼児化していることがわかり、さらに日本→ロンドンの飛行機の移動中では一時的に身体を元に戻していることがわかり、なにか解毒剤のようなものがあるところまで推理しています。

ここから、メアリーの幼児化できるような魔法のような薬といういことからコナンのことを「魔法使い」と呼んでいるのかなと考察ができます。

つまり世良真純はコナンが工藤新一ということを知っています。

【スポンサードリンク】

世良真純についてのまとめ

今回は世良真純について簡単にまとめました。

意外と赤井一家の関係性について触れており、工藤新一とも深い関係性があることがわかりましたね。

今後は灰原哀との関係もどうなるのかというのも期待していきましょう!

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる