展示物が…1022話「呪いのミュージアム」のあらすじ&ネタバレを大公開!|アニメ名探偵コナン

URLをコピーする
URLをコピーしました!

前回のアニコナは、アニメオリジナルストーリーでした。

今回は10月の2回目ですが、原作のお話でしょうか。

今記事では2021年10月9日放送のアニメ名探偵コナン1022話「呪いのミュージアムのあらすじとネタバレを紹介していきます。

※ここからはネタバレを含むため、注意してくださいね

目次
【スポンサードリンク】

1. 「呪いのミュージアム」の対象マンガ

今回の「呪いのミュージアム」は原作回ではありません。

9月が3週連続で原作のお話だったので、まだ漫画のお話はなさそうですね…。

やっとメアリーがMI6というのがわかったのは、少し遅い笑

ちなみに次の原作ストーリーは久々の大岡紅葉が登場するので、期待していきましょう!

【スポンサードリンク】

2. 1022話「呪いのミュージアム」のあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

コナンは、蘭、園子と「古代オリエント文明博物館」へやってくる。展示物はレプリカで、手作り感満載の博物館。

蘭と園子のお目当ては、いま女子高生の間で流行っているという“エジプト神キーホルダー”らしい。夢中になっている二人の姿を見ながら時間をつぶそうとしたコナンは……。

3. 1022話「呪いのミュージアム」のネタバレ

物語のスタートは「古代オリエント文明博物館」から。

ツタンカーメンやスフィンクスなど、蘭や園子とコナンが行きました。

レプリカ展でしたが、蘭と園子達のお目当ては、学校で流行ってるエジプト展の「エジプト神キーホルダー」であるとのこと。

【スポンサードリンク】

ネタバレ① コナンは時間をつぶすことに

蘭と園子はキーホルダーに夢中。

コナンは机の上にあるノートを見ると、来館者の意見が書かれている。

そんなコナンのもとに館長の小幡けんが話しかけました。そろそろ、終わるとのこと。

ネタバレ② キーホルダーを買うことに

蘭と園子がキーホルダーを買おうとした時、けんに話しかけ、けんは従業員の石川を呼びました。

すると、なにかが倒れる音がして、男性が石像に挟まれて亡くなっていました。男性の手には羽のようなものが。

高木刑事がくると…、館長のけんはアヌビスの呪いだ!!というのです。

遺体の右手に持っているのが、ダチョウの羽であり、それが「死者の書」という内容に関係があるとのこと。

その中に出てくるのが、アヌビスであり、今回の事件はアヌビス像が倒れていたのです。

ただ、遺体を見てみると、頭を後ろに傷があるため、少し怪しとのこと。砕けた台座の色も違うというところもコナンは見逃しません。時限装置のようなものです。

【スポンサードリンク】

ネタバレ③ 防犯カメラを見ると…

被害者の名前はうちだひろあきであり、建築業であるとのこと。

防犯カメラを見ると、奥さんがきている。

さらにみると常連の山田が入ってくる様子。そして最後の来館者は蘭と園子であるみたいです。

犯人は、館長、石田、妻、山田の中にある。

事情聴取をすると…

奥さんの話を聞くと、被害者の内田は束縛がひどくて、今日も博物館にも現れたみたいです。夫婦仲は最悪…。

さらに奥さんは携帯電話はもっていないというのです。

おじいちゃんの山田の話を聞くと、被害者の内田も「ぶっころしてやる!」と言っていたみたいです。

館長のけんと石川の話を聞くと、石川は鏡の修復作業、けんは閉館準備をしていたとのこと。

石川は2年努めているが、ファラオとアヌビスの違いわからないのに園子はひっかかった。

【スポンサードリンク】

高木が署に戻ると…

夜中に戻り、朝まで調べる高木。

高木刑事が署に戻って内田について調べると、軽犯罪や借金などたくさんあるとわかった。

そこへけんから連絡があり、けんが犯人がわかった!と良い、電話をしてきましたが、けんは犯人らしき人物にみつかって電話はきれてしまいます。

ネタバレ④ 次の日になると…

園子と蘭、コナンが、再度博物館に行くと…。

警察がおり、館長のけんが仮面を被りながら、よくわからないことを発言しています。

暴れるけんを抑えると、けんから来館者の意見が書いてあるノートが落ち、コナンが見てみると…。

コナンはあるものを見つけます。

【スポンサードリンク】

東京駅へ行くことに

コナンは妻である内田がノートに17回書き込んでいるとのこと。

その内容をよく見てみると、とあることがわかるとコナンは言う。

全てのコメントに場所と日付が書かれているみたいです。内田は携帯を持っていないため、ここに書いていたみたいです。

その先というのが東京駅で後20分後とのこと…。

コナン達はノートから待ち合わせの場所を探すと…「リビア砂漠」「私は祈ることから始まる」というのが暗号になっており、祈祷室から南西に行くと、タクシー乗り場が待ち合わせ場所となるみたいです。

タクシー乗り場には

内田と従業員の石川がいました。

内田はスーツケースを持っている様子。そしてコナンが園子を眠らせてしまいました。

推理をすると…。

恋人である石川が、妻の内田を守るために起こした犯罪であるとのこと。

さらにノートには妻の内田がいつも通り書いていたため、殺人する前の人ではないとのこと。

アヌビスとファラオを間違えたのはフェイクということだったみたいです。

館長は石川に気づきましたが、事情を話してファラオのせいと、おかしなことを言ったとのこと。

最後に高木刑事が犯人に、それでも人殺しはダメだと言い、このお話は終わりです!

【スポンサードリンク】

4. 1022話「呪いのミュージアム」の感想

今回は前編長めの後編短めというお話でしたね。

アニオリだったのでサクッと見れましたが、あの2人は逃げた後どうするつもりだったのか気になります…笑

そして、最後の高木刑事…目暮警部の背中を見てるからこそ、説教の厚みがあってよかったです!

来週のお話はこちら↓

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる