385話〜387話「ストラディバリウスの不協和音」は何巻?原作の何話まで?簡単なネタバレ|アニメコナン

URLをコピーする
URLをコピーしました!
【スポンサードリンク】

2005年1月24日放送の「ストラディバリウスの不協和音」

前回のアニメ放送は「標的は毛利小五郎」でした。

今回はベルモット編が終わり、これから新章に入ろうかなという時のアニメコナンのお話です。

コナンが黒の組織のボスのあることについて気づきます!

今記事では「ストラディバリウスの不協和音」は原作のお話なのか?アニオリなのか?などを簡単なあらすじを含めて解説します。

※ここからは簡単なネタバレを含むため、注意してください。

目次
【スポンサードリンク】

アニメ385話〜387話「ストラディバリウスの不協和音」は何巻?原作で何話?

アニメ放送されている「ストラディバリウスの不協和音」は原作コナンの話となり、対象の単行本は46巻です!

名探偵コナン46巻「File470 :前奏曲[プレリュード]、 File471:狂想曲[カプリッチョ]、 File472:鎮魂曲[レクイエム]、 File473:即興曲[アンプロンプテュ]、 File474:幻想曲[ファンタジア]」

名探偵コナン46巻に掲載されている話↓
File1:星は何でも知っている
File2:前奏曲(プレリュード)
File3:狂想曲(カプリッチョ)
File4:鎮魂曲(レクイエム)
File5:即興曲(アンプロンプテュ)
File6:幻想曲(ファンタジア)

File7:封印
File8:絡繰
File9:神器
File10:不滅
File11:疑惑のメール

【スポンサードリンク】

アニメ「ストラディバリウスの不協和音」の簡単なあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

有名な音楽一家の令嬢、設楽蓮希から依頼を受けた小五郎。名器ストラディバリウスを弾いた親族が相次ぎ当主・設楽調一郎の誕生日に怪死していて、今年の誕生日には自分が演奏するので、バイオリンにかかった呪いを解いてほしいというのだ。

聞き込みをするうち、30年前のストラディバリウス強盗未遂事件の際に負傷して死んだ設楽弾二朗の事件が浮かび上がる。どうもそれと、死んだ詠美、降人の事件にはなんらかのつながりがあるようなのだが… そんな中、別館が炎に包まれ、中にいた2人のうち、絢音は絶対音感を持つ作曲家・羽賀響輔によって助けられるが、弦三郎は焼死する。

コナンは現場の状況や死んだ人間のイニシャルが順にDEFGとなっていることから、連続殺人事件であると推理。次なる殺人を食い止めようと奔走する。

https://websunday.net/episode/12040/
【スポンサードリンク】

アニメ「ストラディバリウスの不協和音」の登場人物

「ストラディバリウスの不協和音」の登場人物
・江戸川コナン
・毛利蘭
・毛利小五郎
・阿笠博士
・灰原哀
・目暮警部
・高木渉

関連記事】コナン「黒の組織」の登場回を大公開|漫画&アニメ

【スポンサードリンク】

アニメ「ストラディバリウスの不協和音」の動画やhuluはある?

アニメ「ストラディバリウスの不協和音」はhuluで配信されています。

コナンを取り扱っているVODでは、様々なアニメコナンが見れるので登録をおすすめします!

【関連記事】映画「名探偵コナン」が無料で見放題の配信サイト

アニメ「ストラディバリウスの不協和音」の簡単なネタバレ

黒の組織のボスのメールアドレスについて触れるお話。

この前のお話で群馬県警の山村警部が押したプッシュ音がベルモットがコナンの隣で押したプッシュ音で似ているということで、コナンはそこから電話番号を調べ始めます。

冒頭でコナンは必死に調べるがわからず、小五郎がいく音楽一家の依頼へいきます。

その中に絶対音感の羽賀という人物がおり、コナンは物語の最後にメールアドレスについて聞きます…。

そして、コナンが探しているボスのメールアドレスは「七つの子」ということがわかり、この物語は終わるのでした。

ちなみにこの話でコナンは絶対音感であることがわかります笑

【スポンサードリンク】

まとめ

今回は385話〜387話でもある「ストラディバリウスの不協和音」についてまとめました。

今まで全く黒の組織の情報が入ってきませんでしたが、この話で黒の組織のボスのメールアドレスまで判明しました。

音楽家の事件も結構面白いお話なので、ぜひみてくださいね!

【関連記事】コナン「黒の組織」の登場回を大公開|漫画&アニメ

【関連記事】名探偵コナンの最終回はいつ?ラストの考察を大公開

【スポンサードリンク】
アニメ名探偵コナン385話〜387話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる