安室の告白!?最後にボス…!?1102話「表裏」のネタバレ&感想|漫画コナン

【スポンサードリンク】

1100話から新シリーズで怪盗キッドのお話

シリーズ2話では、キッドが狙っている王冠が亡くなってしまいました。

【関連記事】1100話「煙滅」のネタバレ&考察

【関連記事】1101話「捜索」のネタバレ&感想

今回はシリーズの3作目で解決編です!キッドはどのようにして王冠を隠したのでしょうか?

今記事では、2022年10月12日発売の、少年サンデー46号の名探偵コナン1102話「表裏」のネタバレ&感想をしていきます!

※ここからネタバレに注意してください。

この記事の目次
【スポンサードリンク】

名探偵コナンの最新話について

↓サンデーで掲載されている名探偵コナンの最新話については以下記事をチェックしてください↓

▼【参考記事】▼
名探偵コナンの最新話の考察&ネタバレについて

コナン1102話のネタバレ

今回の事件、怪盗キッドに変装している候補は3人。

展示場の主任の安藤芹亜(あんどうせりあ)、宝石鑑定士の中條近予(ちゅうじょうちかよ)古美術鑑定士の狩野の3人。

今回の事件は王冠を盗んだのなら作動する防犯システムが作動してないのが肝です。

【スポンサードリンク】

コナンが今回のトリックに気づく。

コナンが「リバーシブル」ということに気づきました。

考察でもお話した通り、今回の事件は王冠の片方だけを黒く塗ることで、怪盗キッドが3,2,1で王冠をくるっと回したというトリック。

片方が黒くなれば展示ケースの中は黒い布で覆われているため、消えたように魅せるというもの。

そして、それができるのはスプレーをしていた古美術鑑定士の狩野となります。

キッドは風神の路をかけぬける

キッドは海の魔女の水深沫は頂戴したといいながら、自分はローラースケートを出し、かがみながら風神の路をかけぬける。

その後に紐に繋がっていた王冠はひきづられて、防犯センサーが作動。

自分は既に風神の路にいるため、を3分以内で抜け出すのは簡単という頭のいいトリック。コナンも無事に3分以内に脱出することが成功に…!

【スポンサードリンク】

1100話の冒頭のシーンになる。

キッドがエレベータにのった時に、その中には喫茶ポアロから向かった梓の姿が…。

キッドは梓のエプロンを脱がせて、変身する。

すると冒頭のエレベータの中に梓が二人いるというシーンになりました。

コナンはどうすればいいかわからず、電話で繋がっていた安室さんに本物の梓が見極める方法を教えて欲しい!と言うと、スマホをスピーカーにして、安室は

安室透「好きです!梓さん!!」

と言うと…片方は照れて、片方は怪訝な顔をしました。この怪訝なほうが梓となるみたいです

キッドが変装した梓はときめいた顔をしていました笑

安室さん悪い人…。

コナンは見極めましたが、またしてもキッドは王冠をおいて逃げていくのでした。

【スポンサードリンク】

コナンのニュースを見る謎の人物

事件が終わった後、ネットニュースでキッドキラーとしてまたしても江戸川コナンの名前が広がりました。

これをスマホで見ている謎の老人が、スマホに杖をぶつけて割ってしまいました…。

そしてその謎の老人の椅子にはカラスがやってきて、老人の顔のシルエットが…。

まさか…これが烏丸蓮耶なのか…。というところで

File1102は終わりです。

【スポンサードリンク】

コナン1102話の感想

いや〜、今回のサンデーは怪盗キッドの考察どころではない話です…。

怪盗キッドのトリックについては、考察で話した通りで今回は結構簡単なものでしたね。

ただ、安室さんがちょっと梓が本物かどうかを見極める手であの言葉を使ったのはちょっとキザすぎました…。

最初、この話を見た時に「ときめいてる方が梓」かと思いきや、怪訝な顔をしている方が梓ということがわかりました。

恐らく梓は安室が自分に好意をもっていないということを知っており、安室をそれを知っているみたいでした。

本当は好きなのでは?と思いながらも、あの場面で冗談を言うな的な感じでしょうかね笑

最後に組織のボスらしき人物が…

ついに…という感じで最後の最後に黒の組織のボスである烏丸蓮耶らしき人物が現れました。

何が怪しいって、コナンのニュースが出たスマホを壊したところ。

そして差最後にカラスがやってきたということ…。つまりこれ俗に言う組織のボス。あの方なのでは?ということが推測できます

他の記事で詳しく考察しますが、前の老人とはまた違う人物であることがわかりますね…。

以下記事で2人の老人の考察をしているので、ぜひチェックしてください↓

【関連記事】【2人】謎の老人の正体を考察!File1090/1102に出てた老人とは?

こちらの記事でも考察してるのでぜひチェックしてください↓

【関連記事】強面の老人の正体!?1103話の考察&予想ネタバレ

【スポンサードリンク】

次回のコナン1013話少年サンデー1号

またしてもコナンは長期のおやすみに入り、恐らく次回は2022年11月30日発売の少年サンデー1号となります!

いやーーーこのタイミングでこの休みはきついですね笑

あの人物は誰なのか?期待していきましょう!

【関連記事】名探偵コナン“103巻”の発売日はいつ!?簡単なネタバレと102巻の振り返りを紹介!

コナン1102の予想考察

今回はキッドの王冠隠しトリックをメインに考察していきます!

怪盗キッドが王冠を隠したトリックとは?

今回の王冠トリックは意外と簡単な気がしています。1つ1つ潰すとこうなるのでは?と導けます。

今回のキッドの隠したトリックで着目すべきポイントはいくつかあるので1つ1つ順番をみていきましょう!

【スポンサードリンク】

防犯センサーは鳴っていない

1つ目は防犯センサーが何も鳴ってないというところ。今回の防犯装置は王冠がある場所から移動すると防犯装置が作動するというもの。

ただ、今回のキッドの行動で防犯センサーは作動しませんでした。停電はされていても風神の路と防犯センサーは別電源です。蘭の証言で風神の路はそのまま作動しているので、防犯センサーだけ電源を切るのは不可能です。

そうなると、防犯センサーはそもそも作動していないということになります。

つまりあの王冠があそこから出ていないということがわかります。

怪盗キッドの手を良く見てみると…

1100話目で怪盗キッドが王冠を消すシーンを再度注目して欲しいですが、キッドは王冠のあった場所に手を突っ込んでいます。

ただ、それはボックスの上の部分であったり、王冠の真ん中部分でした。黒い布がありませんよというところです。

つまり、もしあそこに黒い王冠があると仮定してもあのような手の動きはできます。

そしてさらに注目して欲しいので、1101話で事件が起きた後に、誰も王冠のボックス部分には行っていないというところ。

一度中森警部が行こうとしましたが、声をかけられてとまってしまいました。

つまりあそこに王冠はそのままあるということになります

【スポンサードリンク】

ヒントはリバーシブル

コナンは1101話の最後にリバーシブルのニット帽で細工がわかったと言いました。

つまり、片面…ここに着目することで今回のトリックの謎はとけてきます。

盗む前に王冠に細工をする

では黒くしたと言いましたが、どのように細工をしたのか?を詳しく解説します。

キッドは王冠の裏側を黒い塗料でぬることで、片面だけ真っ黒な状態にしたと考えられます。

そして、王冠を盗むシーンで王冠を反対に回転させて、まるで王冠を盗んだように見せました。王冠の片面は真っ黒なので、そこに何もないように見せられます。

王冠は置きっぱなしなので防犯装置も作動しない…というような流れとなるのです。

【スポンサードリンク】

キッドの正体は恐らく〇〇

1100話見た時点でこの人怪しいな〜と思いましたが、恐らく古美術鑑定士の狩野と考えるのが妥当でしょう。

明らかにスプレーでやっていた時に怪しいと思ってましたが、スプレーで王冠の後ろ側だけ黒く塗って今回のトリックは完成という形になります。

また1101話で中森警部がボックスを見ようとした時に声をかけて止めたのも狩野です。

以上の条件を含めると狩野であることは間違いないかなと思います。

逃走後に梓に合流

ここまでトリックを解説しましたが、風神の路の脱出方法はわかりません。

ただ、この脱出した先に梓がおり、変装して1100話の冒頭の流れのような形。梓が二人いるという場面に戻ります。

ここでコナンVS怪盗キッドの状態に再度戻るという形が完成します。

原作コナン1102話のネタバレ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

この記事の目次