玉木書店の続編!? 951話「汽笛の聞こえる古書店 2」のネタバレ|アニメ名探偵コナン

【スポンサードリンク】

951話「汽笛の聞こえる古書店 2」のあらすじ&ネタバレを大公開!

8月のアニメコナンの最終週では、原作アニメの放送もあるとのことでファンの間では盛り上がりをみしていますね。

前回放送の949話・950話「ラジオお悩み相談 挑戦編 謎解き編」1話だけでは、意外とトリックがわかりにくかったりと、アニオリの中でも面白い部類でした。

951話の「汽笛の聞こえる古書店 2」はパート2ということなので、パート1もありますが、物語がどのように進んでいくのか注目していきしょう。

今回は2019年8月17日(土)放送のアニメ名探偵コナン951話「汽笛の聞こえる古書店 2・後編」のあらすじとネタバレを紹介していきます。

  1. 「汽笛の聞こえる古書店 2」の対象マンガ
  2. 951話「汽笛の聞こえる古書店 2」のあらすじ
  3. 951話「汽笛の聞こえる古書店 2」のネタバレ
  4. 951話「汽笛の聞こえる古書店 2」のまとめ

※ここからはネタバレを含むため、注意してくださいね。

 

【スポンサードリンク】

 

1. 「汽笛の聞こえる古書店 2」の対象マンガ

今回放送されるお話は2017年7月29日に第868話「汽笛の聞こえる古書店」で放送された内容であり、2年前のアニオリとなります。

つまり今回のお話も、アニメオリジナルストーリーとなりますが、前回のお話のパート2となります。

前回の事件の最後に玉木古書店がなくなり、店主の玉木は回収工事をして、書店があった場所には「玉木ブックカフェ」と新たなお店をオープンしました。

そのため、パート2ではブックカフェになっての物語です。どのようにお話が進んでいくのかを注目していきましょう!

 

【スポンサードリンク】

 

2. 951話「汽笛の聞こえる古書店 2」のあらすじ

公式HPが出しているあらすじは以下になります。

玉木ブックカフェ店主の裕次郎は出張買取のために明子の自宅を訪問。価値のある10冊の稀覯本もあったが、入院中の夫のものらしく、裕次郎は買取らず、夫の了承を得てほしいと明子に伝える。

夕方、店に現れた沢田は10冊ほどの古書が写ったスマホ画像を見せ、いくらになるかと訊ねる。裕次郎は状態にもよるが最低でも200万円だと伝える。後日、明子の自宅から稀覯本が盗まれる事件が発生。明子は裕次郎が盗んだと疑うが…

 

【スポンサードリンク】

 

3. 951話「汽笛の聞こえる古書店 2」のネタバレ

物語は少年探偵団がSLがある公園を、「玉木ブックカフェ」の店主玉木裕次郎と一緒に通った所からスタートします。

裕次郎はリアカーに本を沢山入れており、これを少年探偵団が押している様子。昔事件にも使われたSLが今日も元気よく汽笛をならしています。

 

玉木裕次郎は出張買取にいくことに

裕次郎と少年探偵団は水谷明子の家に伺い、本棚にいっぱいの本を査定することに。ここで明子が全部買い取りして欲しいと伝えました。

安い物で5万円、高い物でも20万円するとのこと。稀覯本が多くあったため、この価格になったとのこと。

ここで明子は全ての本を買い取って欲しいと伝えますが、裕次郎は主人の許可をとっているか?聞きましたが…。

入院中の夫の許可はとってないみたいです。何か訳ありみたいですね…。

ここで本を片付けていると、歩みっちゃんが紙魚(しみ)といいう虫を見つけました。

裕次郎は紙魚対策として、歩みちゃんがくれた紙にラベンダーのアロマオイルを置くとそれが対策になるとのこと。

裕次郎はこの紙を本棚に置きました。ちょっとした豆知識ですね。

 

【スポンサードリンク】

 

裕次郎がカフェに戻ると…

「玉木ブックカフェ」に沢田良介という男がやってきました。そして沢田はスマホの中にある本の写真を裕次郎に見せました。

そして50万くらいになるか?と聞いてみましたが、裕次郎がこれは200万くらいになると言うのでした。

そのまま沢田は帰ってしまいました。

 

後日、少年探偵団と博士がカフェにいく。

「玉木ブックカフェ」に行くとそこには裕次郎の息子、玉木一郎と恋人の吉川美智子がいました。

全員がくつろいでいると、裕次郎は今、奥で大量に買った本の修理をしているとのこと。そしてその本は水谷の本であったとのこと。

どうやら水谷は稀覯本以外を買い取ったとのこと。

そんな裕次郎のもとに水谷から電話があり稀覯本が盗まれてしまったみたいです。そして裕次郎が盗んだと思われているみたいです。

 

【スポンサードリンク】

 

水谷の家に行ってみると

明子は裕次郎が盗まれたと決めつけている。どうやら今日13時にランチに行っており、窓ガラスが割られて盗まれていたみたいです。

裕次郎はお店にずっといたのでアリバイは成立。ここで明子は査定後に盗まれたので、貴方のせいだというのでした。

ここでコナンは帰りにスマホを忘れた事に気づいてブックカフェに戻りました。

 

ブックカフェにとある人物が現れる

それは沢田という人物。沢田は水谷で見た稀覯本であることに、裕次郎は気づきました。

そしてこのことを警察に告げようとしましたが…沢田と揉めてしまう…。

その日の夜にコナン達はブックカフェに戻ると、なんと裕次郎のエプロンに血が付いており、そこには沢田が倒れていました。

これにより目暮警部が裕次郎は事件の重要参考人と言うのでした。

 

【スポンサードリンク】



 

事件の第一発見車は水谷明子であった。

凶器は血の着いた石であり、凶器からハンドクリームの成分がでてきました。本を取り扱う仕事はハンドクリームをつけているため、乾式で調べることに。

裕次郎は19時に電話がきて、公園にくるように言われました。そのため、裕次郎がいくとその時には既に倒れていたとのこと、その時にエプロンの血がついたのです。

そこで査定の流れや、被害者のスマホにあったこの画像を見せられたことなどを全て話しました。

そして稀覯本の袋を詳しくみると、歩みちゃんの紙がでてきたため、全員は水谷の家から盗まれたものだと気づきました。

さらにコナンはもう一度スマホを見てみると、写真にはある黒ずみが本んは黒ずみがないとのこと。さらにブックカフェの中では被害者のボタンがでてきました。

そうしてもみ合ったことを伝えました。さらに凶器についていたハンドクリームが裕次郎と一致したため、状況証拠が揃ってしまった。

 

コナンはあることに気づきました

コナンは明子がやかんの火を消した時に何かしらヒントをえました。ここでコナンは阿笠博士の声を使って推理をすることに。

ここで凶器についたハンドクリームは、使ったのであれば血は弾かれつかないと推理する。そのため、凶器がついた後に、ハンドクリームが付けられたと推測。

ここで阿笠博士は犯人は共犯者と言う。

その黒ずみはカメラのレンズの汚れであるとのこと。つまり沢田ではなく、違う人物が撮影したものになります。

ここで水谷のレンズを見るとなんとレンズの傷がありました。ここで水谷が盗ませた決定的な証拠になりました。

水谷は勝手に稀覯本を売ろうと思ったけど、主人の許可が出ずに、本の窃盗を沢田に依頼したとのこと。

さらに殺人の証拠として、眼鏡レンズの曇りを指摘する。凶器にハンドクリームを付けた時に眼鏡レンズの片方にクリームがついたのでは?と言う。

そのため、水谷の眼鏡を詳しく調べれば、痕跡が出ると追い詰めました。

どうやら本を売るときに水谷は、本の報酬をちょろまかそうとした時に揉めてしまったとのこと。そこで水谷が計画殺人しようとしたという最悪な女性でしたね…。
 

【スポンサードリンク】



 

4. 951話「汽笛の聞こえる古書店 2」のまとめ

※後ほど更新します。

 

次回のお話は原作が元になっている人気のお話になります↓

安室透VS赤井秀一 952話・953話「迷宮カクテル 前編 後編」のネタバレ|アニメ名探偵コナン

8月のアニメ放送一覧はこちら↓

【アニメ】名探偵コナン「2019年8月」放送予定一覧!

安室透についてはこちらをチェック↓

安室透の全貌を大公開!バーボン、公安の降谷零のトリプルフェイスの秘密とは

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)