3年前の事件!?84話・85話「スキーロッジ殺人事件 前編 後編」のネタバレ(感想)|アニメ名探偵コナン

目次
【スポンサードリンク】

84話・85話「スキーロッジ殺人事件」のあらすじ&ネタバレを大公開!

2020年に入り、1月はアニメコナン新春スペシャルで、アニオリ連続4話のお話でしたね。

コナン2020年新春スペシャル「大怪獣ゴメラvs仮面ヤイバー」のあらすじ

京都府警や大阪府警など、映画でお馴染みのキャラクターが出てきたりと豪華な作品となりましたね。ファンとしては楽しいと感じる反面、早く原作にならないかな〜と思う所もありました。

2月はどのような流れになっていくのかを期待していきましょう。

今回は2020年2月1日・2月8日(土)放送のアニメ名探偵コナン84話・85話「スキーロッジ殺人事件」のあらすじとネタバレを紹介していきます。

  1. 「スキーロッジ殺人事件」の対象マンガ
  2. 84話「スキーロッジ殺人事件 前編」のあらすじ
  3. 84話「スキーロッジ殺人事件 前編」のネタバレ
  4. 85話「スキーロッジ殺人事件 後編」のあらすじ
  5. 85話「スキーロッジ殺人事件 後編」のネタバレ
  6. 84・85話「スキーロッジ殺人事件 前編・後編」の感想

※ここからはネタバレを含むため、注意してくださいね。

 

【スポンサードリンク】

 

1. 「スキーロッジ殺人事件」の対象マンガ

84話・85話という数字を見る限り、過去のお話(デジタル・リマスター)というのはひと目でわかってしまうような内容でしたね。

ただアニメオリジナルかと思いきや、今回のお話はなんと原作のお話となっています。

原作は14巻〜15巻の「奇妙な集まり」からとなります。14巻というと、蘭がコナンのことを新一なのでは?と歌がるようなお話のところでなので、持っている方はぜひ見直しをおすすめします!

そしてアニメが放送されたのは、1997年12月8日・12月15日と20年以上前のものとなります。昔の描写を楽しんでみてみてくださいね。

 

【スポンサードリンク】

 

2. 84話「スキーロッジ殺人事件 前編」のあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

スキー場に遊びにきていたコナン、蘭、園子は杯戸小学校の教師達と出会う。そこには蘭、園子の小学生時代の担任・米原の姿もあった。

コナン達は、教師四人と一緒に山の中腹にある貸別荘へと向かうことになるがツアーの主催者である音楽教師・杉山の姿は見当たらない。

代わりに森という新聞記者が現れ、3年前に杯戸小学校で起きた事件を知ることになる。険悪なムードの中、宿泊準備を始めていると突如、園子の悲鳴が響き渡った…!

 

【スポンサードリンク】

 

3. 84話「スキーロッジ殺人事件 前編」のネタバレ

園子と蘭、コナンはゲレンデにやってきた。園子はこの時に彼氏はいないため、彼氏を探しにきたけど、いい男がいないと嘆いていました…。

すると二人の男性が一緒に滑らない?と誘ってきました。園子はそれにグイグイと話にのっていたら…蘭と園子に話しかける女性が現れました。

 

帝丹小学校の米原先生。

米原先生はどうやら蘭と園子は知り合いであり、コナンも「そういえばいたな」と小学校時代の先生です。

本名は米原晃子(よねはらあきこ)であり、30歳。以下は杯戸小学校で教師をやっている。

蘭と園子に声をかけた男性は、同じ杯戸小学校の5年1組を受け持っている下田耕平(しもだこうへい)と、体育教員の坂井隆一(さかいりゅういち)であったのでした。

さらに米原と一緒にいた女性は養護教師の中村実里(なかむらみのり)です。

下田と坂井は教師にもかからわず、女子高生をナンパしていたのでした笑

すると14時集合である音楽教師である杉山先生がきていないと、みんな時間を気にしていました。そこで杉山先生ががいるであろう貸別荘に行くことに。

 

【スポンサードリンク】



 

蘭と先生達は貸別荘に向かうことに

帰りのバスに間に合うことを約束し、4人の先生と蘭と園子、コナンは貸別荘に車でむかうことに。車で向かう最中に、対面車がやってきて、貸別荘の場所を聞いてみると…。

どうやら夕方からここらへんは猛吹雪になるから気をつけておけと言いました。

さらに予約をしたのは誰だ?となりましたが、誰も誰が予約したかわかっていないとのこと。さらに参加者や場所などは職員室のデスクの上に紙が置いてあったみたいです。

ここでコナンが別荘の鍵を持っている人なのでは?というのでした。鍵は中村がデスクの中にあったとのこと、車の鍵は杉山から指示された坂井が借りたということ。みんなは杉山が予約したと思い、車を進めました。

 

貸別荘に到着すると…。

無事にみんなで別荘につくも、猛吹雪になっており、帰っておけない状況になるため、蘭や園子は泊まることになりました。

そしてインターホンが鳴って、全員は杉山がくると思ったら…。

謎の君が悪い男性がいました

どうやら新聞記者の森敦士(もりあつし)という人物であり、三年前にこの方々にお世話になったと4人の先生のことを言いました。

森はタレコミで今日、この別荘で何かが起こると聞いてやってきたみたいです。そして、森は何かを脅して、貸別荘の中に入りました。

 

【スポンサードリンク】



 

それぞれが別荘内で準備をすることに

森が来てから、空気は悪くなるものの、園子はシーツかえを蘭とコナンは一階のキッチンで。

米原と園子は2階に行き、別々の部屋で布団のシーツを変えており、園子は何か物音が聞こえて、米原のいる部屋に入ると…。

米原が血を流しながら、倒れている姿が…そして、米原の手に何かついているのを見つけました。

そして、タンスの中にいた、犯人らしき男に園子は後ろから襲われてしまう始末…。蘭とコナンが部屋に到着し、園子を見ると、どうやら眠らされてしまったようだった…。

部屋に中村、下田、坂井が到着し、米原も目覚めました…。どうやら麻酔薬が染み込まれたハンカチで眠らされた様子…。

さらに米原の手に、口紅に「ミ」と書かれており、園子の手には「ナ」と書かれていました。

 

手に書かれてた文字の意味とは?

そこに新聞記者の森がやってきて、「ミナゴロシ」と、犯人はそう伝えたかったのでは?と言い、さらにおたくらのように3年前の事実を捻じ曲げなくてすむと、また前の事件について言及しました。

ここで教師達は、森がやったのでは?と言いました。しかし、その時森は暖炉にいたということ。

コナンが窓が空いていたため、外に出て雪の足跡を追いかけるとなんと一周して別荘の中に向かっていたのです。

つまり、犯人はまだ別荘の中にいることになります。

 

【スポンサードリンク】



 

事件当初のアリバイは…

先生達は、まだきていない杉山先生なのでは?と言いました。しかし、まだ杉山がきていなかったのでした。

事件当初、下田はお風呂にいた、坂井は部屋でヘッドフォンで音楽を聴いていたということ。

ここでコナンは中村先生の足が濡れていることに気づきました。どうやら、中村はガスボンベの調子が悪いため、外に行ってボンベを調節していたということ。

 

みんなで夕食を食べることに。

ここで森を含めたみんなで、食堂でカレーを食べる流れに。蘭は園子が目覚めたら一緒に食べると、園子が寝ている部屋に一緒にいるのでした。

そこに電話がかかってきました。杉山なのでは?と下田がでると…。この別荘の管理人が電話がかかってきており、ヒーターが付いているかの確認ということ。

ここでコナンは3年前の事件を調べることに。

 

3年前の事件について調べることに。

コナンはトイレに入り、イヤリング型の携帯電話で阿笠博士に電話をしました…。

そして博士に新一の家にある書斎から3年前の事件についての資料について見るように言いました。

ここでコナンがトイレで電話をしていると…。

 

【スポンサードリンク】



 

インターホンの音が聞こえる。

ここで先生前任玄関に行き、坂井が出るとどうやら杉山らしき人物がいましたが。

下田がおまたせしました!と杉山を玄関の中にいれると、杉山は動いておらず、杉山は柚木が積もっており、凍っているかのようになっている。

さらに杉山はなくなっていました

コナンは杉山の死体を見ると、首がしまった後があり誰かに殺害されたことになる。さらに死後硬直しきっているため、9時間以上前になります。

つまり、誰かが杉山の死体を使って、インターホンを鳴らせたということになります。

さらに杉山先生の死体には「コ」の文字が。そして米原、園子、杉山の文字をつなげると「ミナコ」という文字になり、これを聞いた下田が奇声を上げ

「俺は関係ない!関係内んだ!」

と走り出し、部屋にこもってしまうのでした。

 

みんなで下田先生の部屋に行くも

下田は部屋から出てきません。みんなは一時的に警察を呼んだりすることに。

坂井が電話で警察を呼ぼうとするも、吹雪の影響で警察がくるのは、翌日の朝頃になるみたいです。

つまり、犯人がいるかもしれない別荘の中に、1日中いないといけませんでした。

ここで蘭が新一がいてくれれば…と言い、米原も新一のことを知っており、ここで記者の森が新一のことを話すもコナンが止めることに。

森はどうやら2階の部屋にこもっている下田に目を離すなと言いました。次に狙われるのは彼だといいました。

 

【スポンサードリンク】



 

下田の部屋に電話がかかってくる…。

この間に米原はコーヒーを作っており、コナンは外に出て事件について調べていた。さらに、別荘の外に謎の跡があったり、雪が減っている箇所など不自然な点が多くあったのです。

中村が下田にコーヒーを持っていくも

「うるせえな、ほっといてくれよ!」

部屋の中に入れてくれない様子…。

ここで、コナンは博士から電話がかかってくる。

 

3年前の事件とは?

博士は事件ファイルをみながらコナンに電話をかけており、コナンはイヤリング型の携帯電話で通話をすることに。

どうやら3年前の事件とは、杯戸小学校の女子生徒がバレー部の部室で、首をつってなくなっていたとのこと。原因は受験ノイローゼであるらしい。

さらにこの事件で、この女子生徒の担任教師にバッシングが集中したみたいですが、担任の名前は書いていませんでした。

さらに自殺した女子生徒の名前は「望月みなこ」ということで、今回の事件にかかれている「ミナコ」と繋がりました。

 

【スポンサードリンク】



 

蘭にイヤリング型の携帯電話をとられてしまう

コナンは階段で電話をしていたため、蘭にイヤリングをとられてしまう。

しかし、博士はそのことをしらないので、

博士「新一!」

というと、蘭がもしかしてそこに新一がいるんですか?と躍起になるも…。

2階から「きゃー!!」という叫び声が聞こえて、新たな事件が発生してしまったのでした。

 

4. 85話「スキーロッジ殺人事件 後編」のあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

猛吹雪に閉じ込められた山荘で、蘭たちの恩師・米原の同僚・杉山が死体となって発見され、自室に閉じこもっていた下田も殺された。下田の首には縄で絞められた跡がくっきりと残っているが、どこからも縄は出てこない。

犯人は下田の部屋のそばにいた3人の中にいる。コナンは手掛かりを求めて山荘の周辺を再調査するが…。

 

【スポンサードリンク】



 

5. 85話「スキーロッジ殺人事件 後編」のネタバレ

コナンと蘭は叫び声がきき、コナンだけが2階に行くことに…

下田先生の部屋の前で、中村先生が腰が抜けており、部屋の中では下田がベッドの上から落ちており、何者かに首を締められた跡があった。

さらに凶器はない。ここでコナンは凶器を探すために、様々な部屋に行くが凶器がないため、まだ犯人が持っていることになる。

犯人は階段の下にも降りていないため、犯人は米原、坂井、中村、の中から犯人がいるはず。さらに新聞記者の森が2階にやってくるも…。

 

身体検査をおこなったものの…。

中村と米原は縄のような凶器はもっていなかった。

中村先生は、事件当初、下田の部屋から携帯電話の音が聞こえて、鳴り止まないため、部屋に入ったところ…倒れていたみたいです。

携帯電話は目覚まし用のアラームであったとのこと。米原の部屋は蘭が部屋を壊したため、米原は2階の部屋にいたみたいです。

さらに男性である坂井の身体検査を行ったが、凶器が出てこなかった

 

【スポンサードリンク】



 

園子の目が覚める

園子は目が覚めて、事件当初のことを話して、園子は縄で締められていた。しかし、米原は縄ではなく頭をぶつけられたという違いがありました。

ここで園子と蘭が米原先生について、クラスの女子はみんな憧れてあったというと…米原は

「かいかぶらないで。私は生徒のために何もしてられないただの女よ」

と言いました。すると、新聞記者の森が3年前も生徒にそういってかばわれてましたよね。というのです。

つまり、3年前のミナコちゃんの事件の担任は米原だったのです。さらに坂井はバレー部の顧問、養護教師で一番仲良かったのが中村先生と、全員ミナコちゃんとそれなりの関係があったのでした。

この殺人は続きそう…と森が言うのでした。

 

コナンは事件の捜査をする

コナンは何かヒントがないかと事件について調べていると、玄関にタコ糸のような長いものがあり、これによりインターホンのトリックがわかりました。

さらになくなった下田の遺体を調べていると、髪の毛のようなものがでてきました。コナンはこれで今回の事件のトリックがわかり、犯人がわかったということ。

しかし、ここでコナンは誰に推理でとかせようか悩んでいました。園子は事件が知らない、蘭を眠らすわけにも、自分でといても新聞記者に記事にされたりと悩みはたくさん…。

ここで蘭にコナンは持ち上げられてしまい…この時にイヤリング型の携帯電話が落ちてしまう…。

ここでコナンはあることに思いつく。

 

【スポンサードリンク】



 

イヤリング型携帯電話を使用する

ここで携帯電話は、蝶ネクタイから音声を飛ばせる仕様になっているみたいです。蘭にイヤリングを掴ませて、電話にださせているとなんと新一から電話があったのでした。

ここで新一は、蘭が自分の代わりに推理をして欲しいと言い、蘭はここで推理することを決めました。

そして、みんなを集めて、推理をするのでした。

 

蘭は推理ショーするのでした。

蘭は、先生と新聞記者の中で、犯人がいると言うのでした。森に一度脅されましたが、蘭は新一がいるから大丈夫と言いました。

杉山の事件については、タコ糸と輪ゴムを使って、玄関の柱に使って硬直しきった杉山の死体の首に輪ゴムをかけ、足を雪で固定。

時間が経つと、輪ゴムが切れて死体が倒れて、呼び鈴で鳴らした。犯人は別荘で付く前に杉山を殺害したということ。ここで森が疑ったため、スキー板を使って、実現したのでした。

 

第3の事件についての推理をする

凶器の縄がなぜなくなったのか?を蘭は推理をしました。

犯人は凶器を消すつもりはあったが、コナンが階段にいたせいで、凶器を消すつもりができなかった。

そのため、犯人は凶器をまだ持っているという。身体検査はあるものを除いてしたため、そのあるものが凶器であると蘭は推理をします。

ここで新一から初めて犯人の名前を聞かされる蘭は…

「嘘…」

と涙ぐんでしまい、涙を流しながら、米原先生が犯人と言いました。

 

【スポンサードリンク】



 

犯人のトリックとは?

米原は自分の髪を縄状にして、首を締めたというのです。

さらに米原の髪はかつらをつけていたということでした。第一回目の園子の事件ではなくなっていた、杉山にかつらをつけさせたのです。

下田の時は犯人がわかったので部屋にいれてと言い、入れてもらい殺害したみたいですね。

そして米原は自分がかつらであることを言い、証拠にはならないと言いました…。

しかし、蘭はそのかつらには証拠が残っていると…下田の首にはかきむしった跡があるため、かつらには下田の血液が付いてると…。

 

犯人の犯行の動機とは?

米原は自分が犯人と白状しました。3年前のミナコちゃんの事件が、殺されたというでした。

どうやらミナコは不正入試を斡旋している生徒がいると言われたらしく、一人は杉山と言われていたがもうひとりは教えてくれなかった。

その不正を本人に聞くと、ミナコちゃんがった次の日に首吊り自殺になっていました。

だから、杉山先生を殺害後におかしくなった下田を特定して殺害をしたのでした…。なんとも悲しい事件ですね。

最後に、蘭はこの事実に号泣してしまい、コナンを抱きしめてしまい終了しました。

 

【スポンサードリンク】



 

6. 84・85話「スキーロッジ殺人事件 前編・後編」の感想

今回の事件はなんとも悲しい結末を迎えましたね。

今2020年代であるため、1990年代だと携帯電話もスマホじゃないんだ…と少し思ってしまいましたが…。

自分が信じていた米原先生が仕込んだ事件とはとても残念な気持ちが伝わりましたね。まだまだ話しは少ないですが、この後の続きも面白いのでぜひ、見てみてください!

2020年2月のアニメ放送予定になります↓

【アニメ】名探偵コナン「2020年2月」放送予定一覧!

2020年の劇場版コナンは赤井秀一になります↓

【赤井一家】2020年度の映画第24弾「緋色の弾丸」のあらすじと予想|劇場版コナン

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる