音の秘密!? 738話・739話「小五郎はBARにいる 前編・後編」のネタバレ|アニメ名探偵コナン

目次
【スポンサードリンク】

738話・739話「小五郎はBARにいる」のあらすじ&ネタバレを大公開!

原作コナンの中でもとある映画をオマージュしたのでは?と言われてる「小五郎はBAR」にいるです。

この少しふざけた感じのお話ですが、この物語の最後にはとあることがわかるので、注目のお話になります。

今回は2014年5月10日・5月17放送のアニメ名探偵コナン738話・739話「小五郎はBARにいる 前編 後編」のあらすじとネタバレを紹介していきます。

※再放送としては2020年5月21日・5月28日も放送されてる内容にもなります!

  1. 「小五郎はBARにいる」の対象マンガ
  2. 738話「小五郎はBARにいる 前編」のあらすじ
  3. 738話「小五郎はBARにいる 前編」のネタバレ
  4. 739話「小五郎はBARにいる 後編」のあらすじ
  5. 739話「小五郎はBARにいる 後編」のネタバレ
  6. 「小五郎はBARにいる」のまとめ

※ここからはネタバレを含むため、注意してくださいね。

 

【スポンサードリンク】

 

1. 「小五郎はBARにいる 」の対象マンガ

今回のお話は原作のお話で名探偵コナン81巻に収録されている内容になります。

原作では3部作のお話になり、最後にはとあることがわかる大事なお話です。

原作を見たい方はこちらをチェック↓

オマージュ??File853「探偵はBARで事件に遭遇する」の考察とネタバレ(感想)|漫画コナン

凶器の行方は?File854「探偵はBARで推理する」の考察とネタバレ(感想)|漫画コナン

柚子の香りの正体?File855「探偵はBARで事件を解決する」の考察とネタバレ(感想)|漫画コナン

 

2. 738話「小五郎はBARにいる 前編」のあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

小五郎はバーテンダーの柚嬉から仕事中にポンという音がして、その直後に柚子の香りが漂うという奇妙な謎を解いて欲しいと依頼される。

音がした時、ワインやシャンパンを飲んでいる人はいなかったという。

そして、小五郎、コナンがバーにいる時に客の薄田が毒を塗った突起物で首を刺されて窒息死する事件が発生。疑惑の目は一緒に飲んでいた会社の部下の実夏、初村、小暮に向けられる。

 

【スポンサードリンク】

 

3. 738話「小五郎はBARにいる 前編」のネタバレ

物語は小五郎がBARにいる所からスタート。

小五郎は「俺は 毛利小五郎…探偵だ…」と少し、映画のようにカッコつけており、どうやら依頼主はここのバーテンダーの女性福井柚嬉(ふくいゆずき)みたいです。

何度もかっこつけるも上手くいかず…結局、コナンがやってきて柚嬉から話を聞くことに。

 

738話のネタバレ① 「ポン」って音が依頼

ここで柚嬉から話を聞くと、仕事中にシャンパンの栓を抜いたような「ポン」っという音がするとのこと。

ここで小五郎がシャンパンの栓を抜く音では?と言うも、その時にはシャンパンは出していない。

コナンが「お客が持ち込んだものでは?」と質問するも、柚木が注意深くみていても誰も持ち込んだような様子はなかった。

さらにその音がした後、何かが落ちた音もしたけど、閉店後の掃除の時にコルク栓を探したけどなかったとのこと。

 

【スポンサードリンク】

 

妙な臭いもする

そのポンとした音がした後にどうやら柚子のような香りがかすかにするとのこと。

柑橘系のカクテルともまた違った臭いということで謎は深まるばかり、ここでコナンが質問する。

音は日を分けて2、3度したことや、その時にいたお客はいるかも聞くと、今日もいる4人組がいるみたいです。

 

738話のネタバレ② 4人組のお客がいる

その4人組は写真を撮っていた。一人の男性が写真を取り終わった時にフィルム切れがあったとのことでどうやら、アナログのフィルムカメラである様子。

ここで会社員で部長の薄田周文(うすだちかふみ)がフィルムなら予備で2,3個もっていると女性社員に出させる。

一人の男性社員が何故、今どきにアナログカメラなのか?と聞くと、部長である薄田は自分はデジタルカメラは嫌いと言った。

 

アナログを使用する理由とは?

薄田「ほら、ウチの課にもいただろ?デジタル得意ですって鼻にかけてた使えねぇオタク野郎…」

女性社員「吉桑君の事ですか?」

と言い、薄田は吉桑という写真が引きこもった挙げ句、自殺してしまったという社員のことを言いました。

女性社員である岸浦実夏(きしうらみか)は亡くなった吉桑と仲がよかった様子。

 

【スポンサードリンク】

 

今日は吉桑の誕生日である様子

ここで男性社員の一人である初村健索(はつむらけんさく)が、薄田部長に頼まれていビリヤードの高級キューを買ってきたとのこと。

キューを手にした薄田は「悪いな初村君…最高の贈り物だよ…」と、初村はプレゼントする様子はなかったが、薄田は無理やり自分の誕生日プレゼントしてもらってしまいました。

さらにもうひとりの男性社員の小暮紋平(こぐれもんぺい)は、金属製のハードダーツを買ってきて、部長にプレゼントした。

2つのプレゼントてにした薄田はビリヤード台が空いたということで、ビリヤードをすることに。

 

その頃、小五郎は…

コナンは蘭に小五郎を家に戻すように言われており、小五郎を説得するが小五郎はコナンの話を聞かず。

柚嬉が悩んでいる謎も全然とけておらず、このまま酔っ払ってしまうのでした。

 

【スポンサードリンク】



 

738話のネタバレ③ 時間が経つと…

時間が経ち、例の4人のテーブルでは薄田部長が顔を机につけて寝てしまいました。

社員の3人は部長が寝てしまっていることを確認して、それぞれは愚痴を言うことに…。

初村はビリヤードのキューは10万円、小暮はダーツの矢はケースも含めて6万円したとのこと。実夏は何もないように見えたが、3万円でアイドルのポスターを購入させられたみたいです。

ポスターを見てみると「沖野ヨーコ」のサイン入り、ポスターでした。

そして3人は帰る前に一杯飲むことにしました。

 

シャンパンを注文する。

薄田部長は寝ており、3人は最後にシャンパンをボトルで注文しました。

シャンパンが机に届き…最初に実夏が開けようとするとあかず…。ここで力自慢の小暮が変わり、シャンパンを開けると

「ポポン」

という音が、これを聞いた柚嬉がこんな音だった気がしたというのです。3人はシャンパンをこぼしてしまい、ポスターにかかってしまいました。

ここでおしぼりを3つ頼み、開ける時に

「ポン」

という音を立てました。柚嬉はこの音は違うと言うのでした…。

 

薄田部長に異変が…

薄田部長にシャンパンが軽くかかっており、さらに首には赤い点のようなものが見えました。

もしかして部長は息をしてないのでは?と身体を揺らすと…部長は地面に倒れてしまいます。

カウンターで飲んでいる小五郎が近づくと…なんと薄田部長は息をしていなかったのでした…。

 

【スポンサードリンク】



 

738話のネタバレ④ 警察が到着する

小五郎は「俺は毛利小五郎…」と再度、心の中でつぶやきます。

目暮警部と高木刑事が到着し、今回の薄田部長が亡くなった原因は神経毒による窒息死であると判断される。

目暮警部はそんなものが刺されたら普通は大声を出すというも…小五郎は泥酔した状態であったため、気づかないと付け足すのでした。

ここで今回何故いるのか?という部分は、柚嬉の依頼できたということも伝えているのでした。

 

BARの事件の容疑者は3人

薄田部長の部下である岸浦実夏、初村健索、小暮紋平の3人。薄田の誕生日プレゼントを無理やりかわされて頭に来ていたことをコナンは聞いていました。

コナンは付け加えて、薄田が馬鹿にした吉桑という人物が自殺して、実夏が恋人同士ということも伝えました。

ここで実夏は自分だけでなく、初村は吉桑の大学の先輩で、小暮は吉桑と同期入社であったみたいです。

 

【スポンサードリンク】



 

犯行のチャンスはダーツやビリヤードをやっている時

どうやら3人は部長と代わる代わる遊んでいたとのこと。

柚嬉に聞くと、ここのダーツはソフトダーツにも関わらず、部長は誕生日の贈り物のハードダーツを使おうとして他の客と揉めたり、何とか3人が止めたみたいでした。

止めた後は酔いが覚めるまで部長をテーブルで休ませていたとのこと。

その後は3人でビリヤードやダーツをやっており、負けたら交代するという形であったため、残った1人は酔った部長と2きりであったみたいです。つまり、1人ずつ殺害するチャンスはあるとなりました。

 

738話のネタバレ⑤ 3人の所持品を確認することに。

初村はビリヤードのキュー、小暮はハードダーツ、実夏はカメラのフィルム数個とアイドルのポスター。

アイドルのポスターは濡れており…、コナンが臭いを嗅いでみると…柚子のような香りがしていました。さらにこのポスターは沖野ヨーコであるとのこと。

 

部長は写真が好きであった。

ここで沢山の写真フィルムがあることに気づき、それについて聞いてみると…。

薄田はブログに載せるようの写真であり、デジタル音痴であるため、写真を選んでブログに上げるのは3人の役割であったとのこと。

目暮警部はテーブルの上にある、アイスピックをみつけて、ダーツの矢と同様に凶器の形状と近いため、調べることにしました。

 

【スポンサードリンク】



 

4. 739話「小五郎はBARにいる 後編」のあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

小五郎はダーツの矢を持ってきた小暮とアイスピックで水割り用の氷を砕いていた実夏を怪しいと疑う。だがダーツの矢とアイスピックには毒物を塗られた痕跡がないと判明。

実夏、初村、小暮は凶器や毒物を所持しておらず、凶器や毒物を見つけるため、店内をもう一度調べ直す事に。コナンはふと天井を見上げて何かに気付く。

そして小五郎の靴底にはガムのような事件の証拠品が付いていた。コナンはこの証拠品からトリックを見破って…

 

5. 739話「小五郎はBARにいる 後編」のネタバレ

小五郎が依頼人に頼まれて行ったBARで起きた奇妙な事件。

今回の凶器は毒針のような尖った物で、候補として上がっていたダーツの矢とアイスピックを鑑識にまわしてみた所、毒物どころか血液反応もなかったとのこと。

3人のボディチェックを行っていたが、3人の身体からも何も出なかったみたいです。

 

739話のネタバレ① 目暮警部/高木刑事があることを話す

目暮警部「ーったく、凶器がないんじゃこの前のスリの事件と同じじゃないか…」

と、ジョディとコナンがいたサクラの花見で起きた事件のことについて話していました。

ここで高木刑事が

高木刑事「あの事をジョディさんに話しました?」

ここで目暮警部は彼女は部外者だから関係ないと言い、それをコナンが高木刑事から聞こうとするも…BARの事件で高木刑事は何も言えず、その場を離れてしまいました。

 

【スポンサードリンク】



 

コナンは考え事をする

コナンはスリの事件で気になった所と言えば、あの時の妊婦さんくらい…と天井を見ながら悩んでいると。

天井に何かぶら下がっているものがあることに気づき、これを柚嬉に聞くと、どうやらモールの切れ端であると言う。

天井に画鋲で留めていたが、外そうとした時にちぎれてしまい、そのままにしていたみたでいです。

柚嬉によく気づいたね?と言われると、コナンは自分は大人と話す機会が多いので、上を向くことを多いと言うのでした。

 

739話のネタバレ② 事件の鍵となるものを見つける。

さっきの会話の続きで、

柚嬉「でも上ばっか見てるから…下には注意が足りてないようね探偵君?

ホラ!毛利さんの靴の裏…ガムがくっついてるでしょ?」

と言います。どうやら最初に死体のそばにかがんだ時はなかったが、その後でどこかで踏んでしまった様子。

ここでコナンは小五郎に証拠品を踏んだ可能性があると言い、高木刑事がそれを拾いました。

 

【スポンサードリンク】



 

「HDPE」の文字の意味とは?

高木が小五郎についていたものを拾うと、ガムではなく粘土のようなものであることに気づき、「EPDF」と逆さにかかれていました。

コナンは粘土で逆さになっていることから逆に読み、

「HDPE」=「高密度ポリエチレン」

ということを推理し、さらに粘土の文字の上には凹みがあったため、恐らくあれに使用したとわかった様子。

さらに柚嬉の何気ない一言で

コナン「犯人はアレを利用して…凶器をリフトオフさせたんだ…」

と今回の事件のトリックがわかった様子でした。

 

739話のネタバレ③ 小五郎が推理するも…

小五郎はここで今回の事件で唯一凶器になりそうなのは、小暮がもっていたダーツの矢と、実夏が氷を砕いていた時に使用していたアイスピックであると思うのでした。

しかし、この2つから血液反応や毒薬の反応がでなかったため、今回の殺人は帰ってしまった客であると言う。薄田はダーツをする時に他の客と揉めていたのでその客が殺害後に持って帰ってしまったと推理するのでした。

ここですかさずコナンは麻酔銃で小五郎を眠らせることに。今回は「小五郎はBARにいる」バージョンにいるため、ここではまだ推理に入りません。

 

【スポンサードリンク】



 

739話のネタバレ④ 目が覚める小五郎

柚嬉「もうりさん!?もうみんな帰っちゃいましたよ!」

と小五郎がBARで目が覚めました。そして事件はどうやら眠りの小五郎の推理ショーにより、解決してしまったということ。

小五郎は今回の犯人があの3人の中にいるわけないだろ!と柚嬉に言うも、柚嬉は自分がしっかりと推理を理解しているかわかっているか?の確認だと思い、推理を話します。

 

事件のトリックはフィルムケース

ここで柚嬉は実際に推理の時に使った実験を再現します。

フィルムケースの中に水を3分の1ぐらい入れた後、買ってきた発泡入浴剤を角砂糖大に砕いて入れてフタを閉め、フタが下になるように置くと…。

なんとフィルムケースは「ポン!」という音を立てて、天井にぶつかります。ここで眠りの小五郎の時の回想シーンになります。

つまり柚嬉が二、三度聞いた「ポン」という音はこれで、入浴剤の柚子の香りが漂うのです。過去に二、三度やっていたのは犯人は店の天井に凶器が刺さるのかをチェックしていたとのこと。

そして、犯行の道具というのはアイスピッキではなく、取り外し可能のハードダーツの先となります。

犯人はケースの先に粘土つけて矢を固定し、隠すよう筒状のポスターを立ててガイドにして、天井へ確実に刺さるようにしたのでした。

 

【スポンサードリンク】



 

部長を殺害した犯行動機とは?

ここでハードダーツの矢の先端を持ってきたのは木暮であるため、犯人は木暮になります。

木暮は事前に針を毒にしかけており、薄田が酔いつぶれた時に上着をかけるフリをして殺害しました。

そしてからは犯行に使った針を交換して、後は手はず通り天井に矢を突き刺したままにしたのでした、

小五郎が踏んだ粘土に書かれた「HDPE」というのはフィルムケースの底には大抵、そのように書かれているみたいです。

ここで現代に戻り、木暮の犯行動機は部長にひどいパワハラをうけて自殺した吉桑の敵討ちであったとのこと。

 

739話のネタバレ⑤ コナンは慌てて外に出ていった

事件を寝ている間に勝手に解決した小五郎であったが、コナンがその場にいないことに気づきました。

柚嬉に聞くと、コナンは高木刑事にあることを聞くと、血相を変えて飛び出していったとのこと。

 

コナンが高木刑事から聞いた内容とは?

コナンは外に走りながら高木刑事との会話を思い出しました。

高木刑事は花見の時のスリの事件で、弁崎桐平という男性がおかしいというのでした。弁崎は銀行強盗のときにジョディ先生と一緒に人質になったと言っており、その奥さんにジョディはガムテで口や目をふさがれていたとい言うも…

強盗犯はその役は連れがいない人にやらせていたとのこと。

つまりあの事件で夫の弁崎が人質だと言っていたとなると辻褄が合わないことになる。

さらにその後に弁崎の所に連絡してみても、自分はスリの事件に関わった覚えもなく、独身であるとも言うのでした。

これを聞いたコナンは

コナン「まさか…まさか…まさか!?」

とバーボンとベルモットの姿を思い浮かべて、走り出すのでした。

これで「小五郎はBARにいる」は終了です。

バーボンについてコナンが焦っていた理由の考察はこちら↓

「小五郎はBARにいる」で安室(バーボン)が最後に出てきた真相とは?

 

【スポンサードリンク】



 

6. アニメ「小五郎はBARにいる」のまとめ

今回は実在する映画「探偵はBARにいる」の小五郎バージョンでしたね笑

少し、小五郎の心の声で世界観がでているような作品でした。

さて今回の事件の最後に安室とベルモットが変装したことに気づき、焦りを感じていたコナンです。ベルツリー急行事件の後も、コナン達の前にでてくるバーボンですが何か秘密があるのでしょうか?

この続きに注目です!

次回のお話はこちら↓

世良の電話相手!?740話・741話「蘭も倒れたバスルーム 前編・後編」のネタバレ|アニメ名探偵コナン

2020年5月の放送アニメ予定一覧です↓

【アニメ】名探偵コナン「2020年5月」放送予定一覧!

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる