緋色の弾丸で“メアリー・世良”が最後のシーンや小僧と言った真相とは?※ネタバレ有り

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
【スポンサードリンク】

「緋色の弾丸」のメアリー・世良について考察!※ネタバレ有り

この記事の動画↑

2021年公開の緋色の弾丸…面白かったですよね!

1年以上待った回があった作品でした!皆さんもきっとそう思ったはず。

ただ、「緋色の弾丸」を見て、赤井秀一の母親でもあるメアリー・世良について疑問を持っている方も多い気がします。

そこで今記事は、メアリー・世良について気になる所が2点、「まだあの子と顔を合わせるわけにはいかない」の真相とラストシーンの考察していきます。

※ここからは映画のネタバレを含むので、注意してください!99巻のネタバレを含みます。

【スポンサードリンク】

【復習】メアリーと赤井秀一の関係

さて今回の中で少し重要になってくるのがメアリー・世良と赤井秀一の関係性。

単行本99巻までの情報で、メアリー世良/世良真純は赤井秀一が死んでいると思っています。
逆に赤井秀一(沖矢昴)はメアリー世良が幼児化しているだろうということを推測しています。

ここの大前提の情報が今後の考察に重要となってきます。

【スポンサードリンク】

メアリーの「まだあの子と顔を合わせるわけにはいかない」について

「まだあの子と顔を合わせるわけにはいかない」

予告PVにでもでてきたメアリーのこの言葉。

この言葉は予告だけ見ると、沖矢昴に変装する赤井秀一になるのかな?と思いますが、実際に映画を見るとコナンである確率が極めて高いです。

キーは世良真純の心の声

この言葉は沖矢昴と、世良真純、メアリー世良が戦っている最中にコナンが登場して、メアリーが心の中で言いました。ここだけでもコナンと思いますが…。

コナンと更に根拠付けるのは、

まず沖矢昴が赤井秀一とわかっていたとしても、沖矢昴には戦いを挑んでいるので、一応あってはいる笑 形になるので、なしよりかな。

さらに世良真純が心の中で「わかってるよ。ママ」と言っています。

メアリーは置いておき、世良真純は「沖矢昴=赤井秀一」とはわかっていないので、この「わかってるよ」は、

「メアリーママがまだコナンと会うのは控えている」

ということになります。本作でも霊魂探偵の所でコナンがメアリーに接触しようとしても、見事に逃げられました。頑なにコナンに会おうとしません。

そこまでしてコナンに会いたいくないという意志を含めると、この言葉に関してはコナンかなと思っています。

ちなみに「メアリーがコナンに会わない理由」については後ほど関連記事や動画を作っていきます。

動画はこちら↓

S用メアリー世良とコナンの関係
【スポンサードリンク】

「緋色の弾丸」の最後のシーンについて。

ガッツリとネタバレになってしまいますが、最後のエンディング後に「???」となった人も多いかなと思うので解説します。

エンディング後、沖矢昴が車に乗った後

メアリー「おい、FBIの小僧。どこの誰かは知らんが、貴様らのせいで我が国の要人に危害が及ぶところだった。今回は幸運にも大事にはいたらかなったから見逃してやろう。次はないと思え」

と拳銃を突きつけました。これだけ見ると本当にやばい人と思いますが、一応メアリーはMI6の諜報員で拳銃はもっています。

【スポンサードリンク】

メアリーが沖矢昴に言った理由

ちなみにこのシーンでこう言った理由は今回、二人ともジョン・ボイドを追っている最中で、戦いがあり、少し発見が遅れました。無事に助けられたのは良いものの、邪魔がなければもっと早く見つかったということです。

メアリー・世良はイギリスのMI6所属なので、イギリスのジョン・ボイドを守るように本国から命令があったと推測できます。そして予告のターゲットが乗るリニアとかのシーンから、ターゲットと話していたのはジョン・ボイド。

今回の任務はジョン・ボイドを守るというミッションだったのです。

なので、ジョン・ボイドを見つけてから、メアリーはリニアの話にはでてきませんでした。ちなみに世良真純と別れた後にメアリーが車に乗っていたのは恐らくMI6のメンバーの車と考えられるでしょう。

これも作中には解説0だったので、解説しておきました

【スポンサードリンク】

メアリーは「沖矢昴=赤井秀一」と理解しているのか?

さて、ここで疑問になるのが、「メアリーって赤井秀一ってことわかるの?」という所です。映画のこのシーンまでをまとめると

原作ではメアリーは沖矢昴の正体を赤井秀一とは知りませんが、今回の緋色の弾丸で
・沖矢昴が変装している。
・沖矢昴がジークンドー使い
・沖矢昴がFBIの人物
ということを知りました。

ここから赤井秀一と知っているのか?知らないのか?と2つの解釈についてそれぞれ説明しようと思います。

考察するのは個人の解釈なので、ここは自由で良いかなと思ってます!

【スポンサードリンク】

① メアリーが「沖矢昴=赤井秀一」と知らない説。

最初、観た時はこっちの意見でした笑

・今回の事件では発言で「どこの誰かは知らんが…」と言っている点
・イギリスのジョン・ボイドを世良とコナンが救出してから、メアリーは出てきていない点

この2つです。

事件解決後にも、何かしらのルート、MI6か世良真純ルートで沖矢昴をFBIと知っていることがあります。そこから、FBIの人物である沖矢昴に忠告したのかなと思いました。

メアリーの中で既に赤井秀一は亡き人になっていると言っているので、流石に子供とわかったら、もっと「大丈夫だったか?秀一?」とか言いそうじゃないですか。だって、お母さんですよ…。 これが1つ目の解釈です。

【スポンサードリンク】

② メアリーが「沖矢昴=赤井秀一」と知った説。

ただ、よくよく考えると、今回の映画でメアリーと沖矢昴は実際に戦っています。

さらにここでジークンドーであることを明かしており、世良真純が負けそうになります…。ここでメアリーが助けにきて終わり…最後の最後のシーンになります。

さて、メアリーといえばMI6の諜報員であり、② メアリーが「沖矢昴=赤井秀一」と知った説。ということを知りました。

さらにさざ波シリーズでメアリーは、息子の赤井秀一とジークンドーを含めて喧嘩をしています。戦ったことがある相手なら癖がわかったり、同じ方ということであの強さは秀一では?となる可能性もあります。


まとめると「FBI、真純より強いジークンドー、変装している」という所から、メアリーならそれだけで推理できるのかな〜とも思っちゃいますね笑

そこから「成長したな息子よ」という意味合いをこめて、小僧と言った説というのも全然考えられるのです。つまり、こちらは母親はツンデレという説ですね。

ただ、深読みしすぎてる感はあるので、これは時間が経って、青山先生などに質問して答えを知れるのかなと思っています。

【スポンサードリンク】

まとめ

今回、緋色の弾丸の中から、メアリー・世良に焦点を絞って考察しました。

特に名探偵コナンは、サンデー派、コミックス派、アニメ派、映画だけ見る派という方がいるので、恐らくこのシーンは悩んだのかなと思い、解説しました。

赤井秀一ということを知ったかどうか?というのは結構、疑問でいろんな人の意見がわれるので、これはまだわかりませんね…。

このことを踏まえて、もう一度緋色の弾丸を観てきても楽しいと思うので、もう一回観てこようかなと思っています。

みなさんもぜひ観てみてください!

【スポンサードリンク】
緋色の弾丸からメアリー・世良は赤井秀一の正体に気づいた

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる