5階と6階が鍵!?102話・103話「時代劇俳優殺人事件 前編・後編」のネタバレ|アニメ名探偵コナン

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

アニメ「コナン」を観るなら"hulu"↓

※解約料金は一切かかりません。

102話・103話「時代劇俳優殺人事件 前編・後編」のあらすじ&ネタバレを大公開!

2021年のコナンは緋色の弾丸が無事にできて、原作アニコナも2つのお話が進んでいい感じです。

先週のコナンはアニメオリジナルストーリーで新作でしたが、今週はどうなるのでしょうか。

今記事では2021年5月21日・28日放送のアニメ名探偵コナン102話・103話「時代劇俳優殺人事件 前編・後編のあらすじとネタバレを紹介していきます。

  1. 時代劇俳優殺人事件」の対象マンガ
  2. 102話「時代劇俳優殺人事件 前編」のあらすじ
  3. 102話「時代劇俳優殺人事件 前編」のネタバレ
  4. 103話「時代劇俳優殺人事件 後編」のあらすじ
  5. 103話「時代劇俳優殺人事件 後編」のネタバレ
  6. 時代劇俳優殺人事件」の感想

※ここからはネタバレを含むため、注意してくださいね。

【スポンサードリンク】

1. 「時代劇俳優殺人事件」の対象マンガ

今回の時代劇俳優殺人事件」は昔の原作のお話になります。

収録されているのは単行本17巻/18巻に収録されています。

また放送されたのが1998年5月24日とだいぶ昔で、デジタル・リマスター版となります。

ちなみに次回の原作コナンは若狭留美先生がでるお話です!

【スポンサードリンク】

2. 102話「時代劇俳優殺人事件 前編」のあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

時代劇俳優・土方幸三郎に「探偵としての心得を教えてくれ」という依頼を受け、自宅マンションに向かったコナン、蘭、小五郎。そこには、隣人である沖田一や、土方の妻の永倉勇美がいた。

土方の自室、ベランダで景色を眺めていると、沖田の部屋のベランダに勇美が倒れてくるのを目撃する。コナンたちは急いで、沖田宅へ向かうが……。

3. 102話「時代劇俳優殺人事件 前編」のネタバレ

物語のスタートはレストランで、小五郎と蘭とコナンは誰かを待っている様子。

どうやら小五郎は俳優の土方幸三郎に会いに来て、今度探偵をやるため、その意見を参考にしたいとのこと。

【スポンサードリンク】

102話のネタバレ① 幸三郎と会うことに

小五郎はここで、幸三郎は最近落ち目だからな…というと、なんとレストランの後ろの席に幸三郎が座っており、「悪うござんでしたね。落ち目でね」。

というのでした。ここで蘭が驚くも、幸三郎はしーっと静止するのでした。

どうやら新聞記者に妻との離婚騒動について、何かはられてるかもと警戒をしていました。

本人はウソだと否定しました。

そして一同はレストランを後にしました。

102話のネタバレ② 幸三郎の家に行くことに。

幸三郎は小五郎のことを先生と呼び、一同は裏口から行くことに。

どうやら正面だと新聞記者がはってるかもしれないから、という理由でした。

裏口から入ると…幸三郎はとても警戒しており、エレベーターに乗ると…。

俳優の沖田一(おきたはじめ)とばったり会いました。ここで沖田は

「心配すんなよ。約束通り、あんたがくるのをちゃんと部屋で待っててやるからよ。」

というのでした。どうやら噂では土方の妻の浮気相手が沖田なのでは?となっていました。

そしてエレベーターに乗り名刺をもらうと、6階が全て土方の所有であることがわかりました。そして、自宅の5階に行くことに。

5階の自宅につくと…。

待っていたのは妻で女優の永倉勇美(ながくらいさみ)でした。どうやら、二人は仲良さそうな感じでした…。

ここで一同はリビングに入ると、土方と永倉は何かを話しており、どうやらさっきのは演技であることがわかります。

どうやら土方の浮気性が原因で、慰謝料をふんだくるなどと言っていました。

そして、玄関から永倉が出ようとした時に、元々は沖田、永倉、土方の3人で夕方で話す予定がなぜ探偵を…と言いました。

こっちにはこっちの都合があるんだろ…。というのでした。そして永倉は5階の事務所に行くとのこと。

【スポンサードリンク】

102話のネタバレ③ 30分が経過する…。

小五郎達がリビングで30分ほど待たされていた。

小五郎がタバコをすおうとするも…ライターがつかず。そこで部屋においてあった拳銃の形をしたライターを使おうとするも…。引き金が折れてしまいます。

そこに土方がティーカップ一式をもってきました。そして、探偵の役のためにモデルガンを買ったが部屋にないと言います…。小五郎は怖したため、それを断りました。

さらに土方はベランダに出て、探偵の最初のシーンが川辺でやるというのです。

そして、隣の部屋の電話の音が鳴ります。隣は沖田の部屋です。

隣の部屋を覗いて見ると…。

そこには妻の永倉が、沖田の部屋から倒れていました。

ここで土方は502号室の沖田の部屋に向かい、どんどん叩くも…。出てきません…。

小五郎が一回にホテルマンに事情を説明し、蘭は近くの交番から警察官を連れてくることに。土方は部屋の前に待っているとのこと。

小五郎達が一階でエレベーターを待つも、エレベーターはこず…。

小五郎、蘭、コナンが階段で走っていくと…。土方が待っていました。そして、全員集まると、部屋から沖田が何事だ?と言いました。

土方がドアを明けてベランダに駆け込み、永倉を抱えました…。永倉は死んでいました…。ここで犯人は沖田という線が確実になりそうでしたが…。

泣きながら土方が笑っている様子をコナンが見て、コナンはまさかの事態に…と想像するのでした。

【スポンサードリンク】

102話のネタバレ④ 警察が到着する

死因は釣り糸のような細い糸のようなもので、絞殺されていたとのこと。

たまたまベランダの話など、一連の流れを目暮警部に会話しました。

ただ沖田は自分はドアを叩かれていない…と、否定するのでした。

沖田は何をしていたのか?

沖田は部屋で音楽を聞いていて、土方が部屋にいてくれというお願いを待っていたとのこと。

どうやら土方は沖田と永倉の噂が本当かどうかを確かめるために、3人で話す予定があったみたいです。

ただ沖田は全て自分は関係がないと言うのでした。

コナンは永倉の脇の下に擦れた跡があったみたいです。

【スポンサードリンク】

遺体のおかしな点とは?

コナンはここで、隣から見た時に足が入っていたのに、部屋に入った時に足がベランダに出ていたということを指摘しました。

小五郎はこの状況を、沖田が一度ベランダに慌てて出したと推理する。

それでも沖田は否定。コナンはさらに、真っ直ぐベランダに走ったことを指摘しました。

ただ、土方は全フロアの6階は自分が持っているから知ってて当たり前というのでした。

部屋の電話が鳴る。

部屋の電話が鳴り、目暮警部が取ると。。高木刑事からで、どうやらフロントには記者がいてすし詰め状態であるみたいです。

コナンは沖田から、電話はあの一台だけというのを聞くのでした。そして目暮警部と小五郎はエレベーターに乗りました。

そしてコナンも一緒に乗っており、沖田が怪しくないということを否定しました。

ここでコナンはエレベーターの階数表示を見て、あることに気づきました。

【スポンサードリンク】

4. 103話「時代劇俳優殺人事件 後編」のあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

5. 103話「時代劇俳優殺人事件 後編」のネタバレ

1階につくと、沢山の新聞記者がいました。コナンはエレベーターで戻ることに…。

蘭が土方にコナンの場所について聞くと…コナンは一人で土方の自宅の方にいるのでは?となります。

コナンはとある部屋におり、やっぱりかとつぶやきます。

蘭が土方の部屋に戻ると…いない様子。しかし、次のシーンになると、コナンは同じ場所のソファに座っています。

そしてコナンは部屋の中でとある金属片を見つけて、ソファの下にあるものが隠してあることに気づきました。

【スポンサードリンク】

103話のネタバレ① 小五郎は新聞記者と話をする

この頃、小五郎は玄関の記者をひきつけていました…。

そして、記者たちに犯人は沖田であることをこそっと言ってしまいます。

すると新聞記者はどうやら事件の全貌を全て知っている口ぶりでした…。

記者たちが意気揚々とすると、小五郎はコナンに眠らされてしまいました。

103話のネタバレ② 小五郎の推理ショーが始まる。

眠りの小五郎になり、コナンは記者の前で推理をします。

そして、高木刑事はコナンの指示でエレベーターで連れてきた、土方に対してアンタが犯人だろ!と言うのでした。

小五郎はここで我々が遺体をみた部屋が本当に5階だったらね…と言うのでした。

【スポンサードリンク】

トリックを説明する

小五郎の携帯が鳴ります。。。そしてそれを目暮警部がとると、高木刑事から電話が…。

高木刑事が6階の部屋が5階の土方の部屋と瓜二つということを言い。

さらに5階にはティーセットがあったこと以外違いはないみたいです。

小五郎はここで永倉が倒れたのが、6階ではなく5階だったと錯覚させるためのトリックであったみたいです。

土方は30分待たせている最中、5階にいた妻を絞殺して、6階の隣の部屋に運び、ベランダを出て、隣の部屋の電話を鳴らせる。そして、目撃させる。

これは5階ではなく、6階。

遺体発見後に隣の部屋を叩くも、これは全て土方の部屋だから反応はない。

そして小五郎達が一階にいっている間に、永倉の脇にロープを使って一つ下に落としたということ。

後はネームプレートをいじって、小五郎達を待っているだけ。これがトリックの全貌です。

なぜ最初に6階だと気づかなかったのか?

どうやらエレベーターの階数表示の部分に…黒い汚れが…。

左下のパネルを一本線をひくことで、5階が6階に見えるという形になります。

名刺を配ることでうまく階数表示に目を騙していたとのこと。

そして、最後に証拠は何があるのか?と言うと…。小五郎は、そんだけ自信があるということは指紋を拭き取ったな〜というのでした。

5階の床に何か落ちていないか?と高木刑事に指示をすると、鉄製の破片が…。

そしてソファのクッションの下にモデルガンがありました。これは小五郎が待っている間に壊してしまったものでした。

つまりこれがあるということは、そこにいたということになりました。

これが決定だとなり、犯人は土方となりました。どうやら、永倉が浮気していたことと、保険金目当ての裁判がムカついたとのこと。

【スポンサードリンク】

6. 時代劇俳優殺人事件」の感想

今回は昔の原作のお話でしたが、結構手が混んでいましたね。

最初から殺人犯がわかっているお話でしたが、今のコナンと比べると少しお粗末な感じがしました笑

ただ、ガラケーなど時代を感じるような作品でした。またYouTubeにも上がってるのでぜひ観てみてくださいね。

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる