射殺!?1014話「魔王と呼ばれた小説家」のあらすじ&ネタバレを大公開!|アニメ名探偵コナン

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

アニメ「コナン」を観るなら"hulu"↓

※解約料金は一切かかりません。

1014話「魔王と呼ばれた小説家」のあらすじ&ネタバレを大公開!

前回のコナンではオリンピックの開催中ですが、がっつりと放送されていました!

アニメオリジナルストーリーだったので、少し原作回が恋しかったですね。

今回のタイトルは魔王という言葉が出てきてるので、どのようなお話なのか注目していきましょう!

今記事では2021年7月31日放送のアニメ名探偵コナン1014話「魔王と呼ばれた小説家」のあらすじとネタバレを紹介していきます。

  1. 「魔王と呼ばれた小説家」の対象マンガ
  2. 1014話「魔王と呼ばれた小説家」のあらすじ
  3. 1014話「魔王と呼ばれた小説家」のネタバレ
  4. 「魔王と呼ばれた小説家」の感想

※ここからはネタバレを含むため、注意してくださいね

【スポンサードリンク】

1. 「魔王と呼ばれた小説家」の対象マンガ

今回のお話は原作ではなく、アニメオリジナルストーリーとなります!

次回の原作のお話は、山菜狩りの次なので、堆黒盆のお話となります!

沖矢昴や世良真純が出てくるので、ぜひチェックしてみてください↓

2. 1014話「魔王と呼ばれた小説家」のあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

コナンと小五郎が米花町の住宅街を歩いていると、豪邸前に警察と野次馬たちの人だかりができていた。そこは売れっ子作家・田分晋太郎の自宅で、射殺遺体が発見されたという。

現場となった書斎にはライフル銃があったが、目撃情報などはない。遺体の第一発見者は弟子の赤池直哉と出川みゆき。他にも尾藤龍之介、茅ヶ崎春夫という計四人の弟子がいた。弟子たちが田分を恨んでいたことが分かり…

【スポンサードリンク】

3. 1014話「魔王と呼ばれた小説家」のネタバレ

物語のスタートは男性が寝ている所、拳銃で撃たれてしまうところから…。

そして、小五郎とコナンのシーンに映る…。

二人は歩いて帰っていると、ミステリー作家の田分晋太郎の自宅の前に警察がいました。

そこに目暮警部と高木刑事が田分晋太郎の射殺体が見つかったとのこと…。

1014話のネタバレ① 現場検証がはじまる。

田分晋太郎(たわけしんたろう)の死体があり、遺体の近くにあった散弾銃で撃たれたとのこと。

田分の家は北向きの部屋のため、部屋に光は入らず昼間にもライトは必要とのこと。そして、推定時刻は正午であったみたいです。

部屋の物色はないため、怨恨の線と考えられています。

窓に血痕があり、カーテンについていないため、犯人はカーテンをしめたということになる。

そして、隣の住居はシャッターがしまっており、どうやら空き家であるみたいです。さらに別の場所の台にも血がついていた。

【スポンサードリンク】

1014話のネタバレ② 弟子に聞き込みをしてみると…

周辺の聞き込みをするとおらず、さらに騒音で銃声に気づいた人もいなかった様子。

赤池直哉、出川みゆき、尾藤龍之介、茅ヶ崎春夫の4人であり、発見したのが、赤池直哉、出川みゆきとのこと。

日替わりで雑用をしており、今日は赤池で、15時に赤池とみゆきで二人でくるように言われていたみたいです。

さらに赤池とみゆきは、歯医者に電話することに。どうやら昨日、田分は葉が痛くて昨日予約して

尾藤龍之介「虫歯の悩みから開放されたってことか、魔王も永遠に」

魔王とは、弟子たちが驚異のヒットメーカーと言われていますが、最近のヒットサックは弟子4人が書いた作品であるみたいです。

4人はお金はもらっていたが、逆らえなかったみたいとのこと。そのため、独立できないため、怨恨の説が濃厚となった。

弟子が散弾銃について聞くと、田分は無許可で所持していたものであるみたいです。

【スポンサードリンク】

1014話のネタバレ③ 弟子達のアリバイを確認してみると

正午のアリバイについて聞くと、赤池以外は全員アリバイはないとのこと。

全員で疑い合うような、揉めていたのでした。

アリバイのない3人は最年長の赤池なのに、魔王を止められないと怒るのでした。

司法解剖で遺体から睡眠薬が出ていたということです。

ここで推理作家の4人は、散弾銃で殺害されていたため、誰かがはめたかもしれない…というのでした。

コナンはカーテンを見て、何かを怪しみます。

【スポンサードリンク】

1014話のネタバレ④ コナンは調べることに…

コナンは事件現場についてくまなく調べます。

さらに、隣の家にアルミホイルの破片を見つけました。コナンはここで犯人を確信して、明日の天気を調べました…。

そして何かを確信して、全員を集めて、明日のお昼に犯人がくるから、また明日というのでした。

次の日になると…。

また全員が集まり、小五郎は眠りの小五郎になり、推理をはじめました。

ここで、誰が殺害したのではなく、どのように田分を殺害したのかに注目するように言いました。

小五郎の指示で、実態に現場検証することに。固定した散弾銃と、イルカのぬいぐるみを使う。

そして、向かいの家に凹面鏡を貼り付けたものを用意してあり。すると隣の家から光りが集まり、散弾銃に太陽光による、自動発火で射殺したとのこと。

犯人は睡眠薬を飲ませてやったたため、窓がしまっていた原因があったみたいです。

つまり自動であるため、アリバイがある人物が犯人となることになる。つまり、当日の犯人である赤池であるということになる。

さらに証拠として、歯医者への予約は初めからとってなかったみたいです。赤池は予約は無駄だとわかっていたので、予約をとらなかったとのこと。

赤池は人に迷惑しかかけない魔王を殺害するしかないと思い犯行に及んでしまったとのこと。

【スポンサードリンク】

※後ほど更新します

4.1014話「魔王と呼ばれた小説家」の感想

※後ほど更新します

次回のコナンのネタバレはこちら↓

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる