汽笛第三弾!1023話「汽笛の聞こえる古書店 3」のあらすじ&ネタバレを大公開!|アニメ名探偵コナン

URLをコピーする
URLをコピーしました!

10月も3回目のアニメコナンですが、9月の原作祭りとはうってかわってアニオリ祭りです。

ただ、今回のお話は「汽笛の聞こえる古書店」と過去にも聞いたことがある方も多いと思います。

そこも解説しつつ、あらすじやネタバレについて触れていきます。

今記事では2021年10月16日放送のアニメ名探偵コナン1023話「汽笛の聞こえる古書店 3のあらすじとネタバレを紹介していきます。

※ここからはネタバレを含むため、注意してくださいね

目次
コナン

アニメ「コナン」を観るなら"hulu"↓

※解約料金は一切かかりません。

1. 「汽笛の聞こえる古書店 3」の対象マンガ

今回の「汽笛の聞こえる古書店 3」は原作回ではなく、アニメオリジナルストーリーです。

聞いたことも多いと思いますが、「汽笛の聞こえる古書店」は既に3シリーズやっています。

1シリーズ目は2017年7月29日放送の868話「汽笛の聞こえる古書店」。

2シリーズ目は951話「汽笛の聞こえる古書店2」。

です。

この3作目なので、一体どんなお話なのかというのに期待していきましょう!

また、次の原作のお話は大岡紅葉と平次が出てくるので、注目です!

【スポンサードリンク】

2. 1023話「汽笛の聞こえる古書店 3」のあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

コナンたち少年探偵団は、小説家・大村光輔の小説教室にいた。知人であり、「玉木ブックカフェ」で働く吉川美知子に紹介されて参加したのだ。

そこへ、教室が行われている家の持ち主であり、大村のスポンサーらしい蔵書家・野嶋亮司と家政婦・竹内渚がやってくる。野嶋は、元太の小説に目を通したあとに怒り出し……。

※後ほど更新します。

3. 1023話「汽笛の聞こえる古書店 3」のネタバレ

※後ほど更新します。

4. 1023話「汽笛の聞こえる古書店 3」の感想

※後ほど更新します。

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる