アニメ「揺れる警視庁 1200万人の人質」の原作は何話?単行本やhuluの動画やネタバレ!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
【スポンサードリンク】

「揺れる警視庁の原作回を知りたい!」

「松田刑事と佐藤刑事の関係を知りたい」

など、名探偵コナンの神回の一つでもある「揺れる警視庁 1200万人の人質」

松田刑事が唯一登場する回でもあるので、ぜひチェックして欲しいお話です。

今回はこのアニメについて詳細に紹介します!

目次
【スポンサードリンク】

アニメ「揺れる警視庁 1200万人の人質」の原作は何話?単行本の何巻?

2003年1月6日に放送された304話「揺れる警視庁 1200万人の人質
※再放送は2022年3月19日〜4月9日。

佐藤刑事が高木刑事と付き合えないことに大きな関わりを持つ「松田陣平刑事」

そんな松田刑事が亡くなった事件と現在の事件が絡みあうようなお話となります。

そんな揺れる警視庁 1200万人の人質のお話は原作のお話です!

単行本の36巻・37巻に掲載されている内容。36巻のFile8〜File11、37巻のFile1になります。

名探偵コナン36巻「File369:帰らざる刑事、 File370:消せない記憶、 File371:赤い罠、 File372:この世で一番…」

名探偵コナン37巻「File373:バイバイ…」

【スポンサードリンク】

アニメ「揺れる警視庁 1200万人の人質」のhulu動画はある?

2003年に公開されたアニメのため、もちろんhuluで配信されています!

2時間スペシャルとなるため、ぜひチェックして欲しい内容となります↓

アニメ「揺れる警視庁 1200万人の人質」の簡単なあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

7年前と3年前に、同一犯によって行われた爆弾事件が、またもや引き起こされた。犯人は白鳥の車を爆破し、挑戦状とも取れる暗号文を残す。

暗号は東京に仕掛けられた、二つの爆弾のありかを示す内容であった。警察は、暗号を頼りに八方に手を尽くすものの、まったく手がかりが見つからない…。

【スポンサードリンク】

アニメ「揺れる警視庁 1200万人の人質」の簡単なネタバレ

物語の冒頭に萩原研二が登場する。松田陣平と会話をしながらも爆弾を解体しようとするも…。

これが7年前のお話。

そして、7年の月日が経ち、7年前と3年前と同じ爆弾犯による犯行が始まり、白鳥警部の車が爆破されてしまう

白鳥警部の車に予告状が貼られており、東京に2つの爆弾をしかけたとのこと。

ここでこの爆弾犯について、佐藤刑事が過去に松田刑事が追っていた事件について語り始める。

松田陣平が配属されてからの1週間について触れるお話となります。

この事件で7年の歳月が経ち、今度はコナンと高木刑事がこの爆弾魔と対峙するのでした…。

さらに細かな「揺れる警視庁」の事件の概要を知りたい方はこちらをチェック↓

【関連記事】解説!揺れる警視庁~1200万人の人質~の犯人や事件の動機|脱獄の真相に迫る!

【スポンサードリンク】

アニメ「揺れる警視庁 1200万人の人質」の重要な登場人物

佐藤&高木刑事の登場回についてはこちら↓

【参考記事】高木&佐藤刑事の登場回まとめ【本庁の刑事恋物語〜初登場】|漫画&アニメ

松田陣平や萩原研二についてはこちら↓

【参考記事】萩原研二の登場回は何話?漫画&アニメから警察学校編や映画まで大公開!

【参考記事】松田陣平の登場回は何話?漫画&アニメから警察学校編や映画まで大公開!

【スポンサードリンク】
揺れる警視庁 1200万人の人質の原作

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる