312話・313話「夕日に染まった雛人形」 は何巻?原作の何話まで?簡単なネタバレ|アニメコナン

URLをコピーする
URLをコピーしました!
【スポンサードリンク】

2003年3月3日放送の「夕日に染まった雛人形」

前回のアニメ放送は「黒の組織との接触」でした。

前回の話では組織との対決で、コナンがなんとかロッカーに隠れて難を逃れました。

その軽い続きでこの話で灰原の父親である宮野厚司について初めて触れます。

今記事では312話・313話「夕日に染まった雛人形」は原作のお話なのか?アニオリなのか?などを簡単なあらすじを含めて解説します。

※ここからは簡単なネタバレを含むため、注意してください。

目次
【スポンサードリンク】

アニメ312話・313話「夕日に染まった雛人形」は何巻?原作で何話?

アニメ放送されている「夕日に染まった雛人形」は原作コナンの話となり、対象の単行本38巻です!

名探偵コナン38巻「File384:意外なお宝、 File385:歩美の心配、 File386:夕日と階段」

名探偵コナン38巻に掲載されている話↓
File1:新兵器!
File2:意外なお宝
File3:歩美の心配
File4:夕陽と階段
File5:汚れたヒーロー
File6:狼たちの影
File7:狼になれなかった男
File8:服部平次絶体絶命!(1)
File9:服部平次絶体絶命!(2)
File10:服部平次絶体絶命!(3)

【スポンサードリンク】

アニメ「夕日に染まった雛人形」の簡単なあらすじ

公式HPのあらすじはこちら↓

古い雛人形を譲ってくれるというので、歩美の知り合いの観野家を訪れたところ、盗難事件が発生した! 盗まれたのは、骨董の掛け軸。弥生が子供達に甘酒をご馳走しようと、偶然、皆で家を空けていた数分間の犯行であった。

部屋が荒らされていたため、犯行は当初、ただの物取りだろうと思われたが、推理を巡らせたコナンは、犯人は身近にいるとほのめかす… 掛け軸を欲しがり、弥生に跳ね除けられていた隣人の津曲か、骨董の掛け軸に興味を示していた鑑定士・三重が犯人だと疑われるが… 

コナンの推理が、事件の意外な真相を暴いてゆく!

https://websunday.net/episode/12015/
【スポンサードリンク】

アニメ「夕日に染まった雛人形」の登場人物

「夕日に染まった雛人形」の登場人物

・江戸川コナン
・灰原哀
・吉田歩美
・小嶋元太
・円谷光彦

関連記事】コナン「黒の組織」の登場回を大公開|漫画&アニメ

アニメ「夕日に染まった雛人形」の動画やhuluはある?

アニメ「夕日に染まった雛人形」はhuluで配信されています。

コナンを取り扱っているVODでは、様々なアニメコナンが見れるので登録をおすすめします!

【関連記事】映画「名探偵コナン」が無料で見放題の配信サイト

アニメ「夕日に染まった雛人形」の簡単なネタバレ

この話で初めて灰原の父親である「宮野厚司」の名前が出てきます。

父親は「マッド・サイエンティスト」と言われており、学会を追放されていたみたいです。

今回の話で灰原が作っていたアポトキシンとは違うものが、作られていることについて触れられています。

組織の話は最初だけですが触れ、その後は少年団とひな祭りの事件です!

【スポンサードリンク】

まとめ

今回は312話・313話でもある「夕日に染まった雛人形」についてまとめました。

灰原の父親の名前が初めて登場するお話でもあり、少し灰原家にとっては重要な話となります。

アポトキシンについても軽く触れているのでぜひチェックしてくださいね!

【関連記事】329話〜330話:「お金で買えない友情」は何巻で原作何話?

【関連記事】コナン「黒の組織」の登場回を大公開|漫画&アニメ

【関連記事】名探偵コナンの最終回はいつ?ラストの考察を大公開

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる