黒田兵衛の正体は公安のボス“裏理事官”で決定!?バーボンや伊織と管理官の関係は?

【スポンサードリンク】

「コナンに出てくる黒田兵衛の正体を知りたい!」

「黒田の正体ってRUMなの?公安なの?」

名探偵コナンの登場人物でRUM候補の一人である黒田兵衛(くろだひょうえい)

強面の顔で、初回の登場から普通じゃない感じが出ています。

どういった人物か?今記事では黒田兵衛の正体について徹底考察していきます。

この記事の目次
【スポンサードリンク】

黒田兵衛/黒田管理官とは?

初回の登場時は長野県警の捜査一課の課長でしたが、後に松本管理官の後釜として、警視庁の捜査一課の管理官の職についています。

そのため、黒田管理官と言われています。

黒田の初回の登場は86巻の「県警の黒い闇」で登場し、この話の次に出てくる時には長野県警→警視庁に異動になっています。

黒田管理官の登場回についてはこちら↓

【関連記事】「黒田兵衛/黒田管理官」の登場回

【スポンサードリンク】

【3つの謎】黒田は10年間寝ており、右目は義眼

そんな黒田の初回登場時に気になる点が大きく3つあります。

1つ目は10年間眠っていたということ

黒田の情報を聞いた時、黒田は10年前の事故によって10年間眠り続けたと言われています。そして起きた時には白髪になっており、まで別人のようになっていたとのこと。

ここで別人のようという言葉に誰かとすり替わったのでは?という考察が良くでています。

2つ目は右目が義眼であるということ

RUM編で新たに登場した黒田ですが、初回から右目が義眼でした。片目が義眼ということでラムでは?と考えることができます。また、これも10年前に起きた事件で怪我をしたみたいですが、ラムに繋がりそうな情報です。

3つ目は警察庁の出身であるということ

初回の登場の時に黒田はコナンに向かってあることを言います。

黒田兵衛「意外な着眼点で事件解決の糸口を見つけ 推理をバックアップする 眠りの小五郎の知恵袋…警察庁ではそう噂されていたよ…江戸川コナン君…」

この警察庁というのがポイントです。警察庁は日本の警察を束ねる組織であり、降谷(安室)が所属するゼロもこの組織ということになります。長野県警にいたけど、その前は警察庁?

そして、コナンのことを知ってるので、ここ最近まで警察庁にいたのでは?というのがわかります。ここも黒田の正体に繋がる大きな謎です。

【スポンサードリンク】

黒田の正体がRUMだと疑われる理由

初回の登場からRUMでは?と疑われていた黒田管理官ですが、登場すればするほどラムなのでは?と思えるシーンが多いです。

ここでは黒田がラムの可能性が高くなるような行動を複数紹介します。

黒田RUM説① RUMの特徴&右目が義眼

RUMの特徴についてコナンは以下のように聞いています。

「屈強な大男、女のような男、年老いた老人」「片方どちらかの目が義眼」

黒田はこの屈強な大男であり、右目が義眼というのに当てはまります。

RUM候補は基本全員当てはまりますが、右目が義眼であることが初回から判明しているのでラムでは?と疑われてます。

【スポンサードリンク】

黒田RUM説② 若狭留美と羽田浩司について知っている

燃えるテントの怪のお話。

この1つ前の白い手の女で若狭留美の写真と名前を見た時に少し反応し、その次のテントの話では、黒田の脳裏に羽田浩司が亡くなっているシーンが浮かびます

若狭留美はRUM候補であるものの、様々なシーンでもラムよりも浅香という説が濃厚になっています。

【関連記事】若狭留美先生の正体は浅香?

こうなってくると、黒田か脇田の説が大きくなり、黒田はラムが関わった事件。「羽田浩司殺人事件」について知っているということが早い段階でわかります。

若狭留美の顔or名前を見て、それを直ぐに思い浮かぶということは、ラムなのでは?と疑うことができます。

【関連記事】コナン【羽田浩司殺人事件】の考察

黒田RUM説③ 安室透を「バーボン」と呼ぶ

黒田が早い段階でRUMの可能性が上がったのが、この安室透を「バーボン」と呼ぶこと。

最初は映画「ゼロの執行人」のシーンで、口パクでしたが、安室のことをバーボンと呼んでいたのでは?というのが多くの可能性を秘めていました。※一応口パクなので100%とはしていません。

「ぬかるなよ…バーボン(口パク)」

ただ、96巻の「女性警察官連続殺人事件」のお話の最後のシーンで、安室と黒田が電話をして繋がっていることがわかります。

そして、最後のシーンで、黒田兵衛が安室透に対して「バーボン」と呼んでいました。

バーボンと知っている人物というのが、安室こと降谷よりも上司である人物。または、黒の組織の人物。この2択に絞られています。

このバーボンというコードネームを知っているということから、黒田はラムなのでは?という説が拡大したという経緯が生まれました。

【スポンサードリンク】

【確定】黒田兵衛の正体は公安の裏の理事官?

ここまできてRUM要素が強い黒田ですが、ラム以外にもその正体について様々考察されています。

その正体について順番に考察していきます。

映画「ゼロの執行人」で出てきた裏の理事官

2018年に公開された映画「ゼロの執行人」で、正体はわからないけど出てきた人物がいます。

それは「裏の理事官」という存在。最後まで名前は出てきていませんが、恐らく安室透の上司のような人物であることがわかります。

映画を観た方はおさらいになりますが、安室が所属する警察庁警備局企画課、通称ゼロのトップとなります。

表には出てこないけど、日本の安全を守るために裏で組織を動かしていることから、裏の理事官と名前がついたのが想像できそうですね。

この裏の理事官というのが映画「ゼロの執行人」で出てきました。

正体はわかりませんが、降谷零の上司的なポジションであることは間違いなかったです。ただ、黒田なのか?というのは決定的な証拠はなく、口パクのバーボンという所がヒントでは?となっている感じでした。

【スポンサードリンク】

黒田は警察庁の出身

もう一度冒頭のシーンでお話した、黒田の初回登場時のコナンに対する言葉を思い出していきましょう。

黒田兵衛「意外な着眼点で事件解決の糸口を見つけ 推理をバックアップする 眠りの小五郎の知恵袋…警察庁ではそう噂されていたよ…江戸川コナン君…」

ここで警察庁という言葉がでてきます。

この時は長野県警だったので、長野県警で噂だっただよ、なら辻褄が合います。また、警視庁にはコナンに関わっている刑事が多いので、警視庁でもギリギリOKです。

ただ、ここではあくまで「警察庁」であると言ってます

そして、コナン関連で警察庁に所属している人物というのがそう…降谷零です

警察庁で降谷零からコナンのことを聞いてると想像できます。

【スポンサードリンク】

黒田兵衛の諸伏高明への電話が新たなヒントに

97巻に掲載の「36マスの完全試合」のお話

このお話はバーボンとラム候補の一人である脇田兼則が、一緒に事件現場にいるという超重要回。

ここの舞台が長野県警で、諸伏や大和達は吹雪のため現場に合流できていませんでした。

モニター越しに安室の姿をみた高明が安室のことを思い出し、大学生時代に弟と一緒いた人物であることを思い出しました。

ただ、最後のシーンで安室透と会った時にまるで初対面のような対応をしましたが、これには裏側がありました。

高明には黒田から電話が入る

実は高明が安室について思い出した時に黒田兵衛から電話がありました。

そしてこの初対面のフリだったので、恐らく安室とは初対面のフリをしろという命令がいったと想像できます。詳細には以下記事で解説しています。

【関連記事】諸伏高明が安室透に初対面のフリをした理由

つまり、まとめると安室と黒田にとって、二人が知り合いだと何か不都合があったと考えられます。

これは100巻で判明しますが、脇田兼則がRUMであったため、もし知り合いだった場合にバーボンとして潜入は失敗に終わってしまいます。そのため、の行動であることは確定といえるでしょう。

【スポンサードリンク】

黒田のバーボン呼びの真相がまさかの形で判明

この段階で脇田がRUMとなるとなぜ、黒田は安室に対して「バーボン」と呼んでいるのか?という謎が出てきます。

実はこの伏線は実は102巻でやっと回収されます。

それは黒田が大岡紅葉の執事である伊織無我と会話をしている時に、伊織のことを「榊原」と呼びます。

伊織の詳細についてはこちら↓

【関連記事】伊織の無我の正体は公安!? 

そして伊織の正体が元々公安の警察であることがわかり、潜入搜査をしていた時に偽名で「榊原」として活動していたみたいです。

どうやら黒田は潜入している人物に対しては、その潜入している名前で呼んでいることが癖とのこと。

つまり、「バーボン」と呼んでいたのは、安室透が潜入捜査先でバーボンと呼ばれているので、そのままバーボンと呼んでる可能性が100%というところでしょう。

長年の伏線が回収されました笑

結論、黒田兵衛の正体は公安の裏理事官

伊織無我のお話で、伊織無我の公安時代の元上司が黒田兵衛であることがわかりました。

さらに会話から今は降谷零の上司であることまで読めます。

そうなると、黒田兵衛の正体は公安警察。さらにゼロの執行人で出た裏の理事官であることがほぼほぼ間違いないと思います。

最初にRUMでは?とミスリードさせるために、青山先生が様々な罠を仕込んだことがわかりました笑

【スポンサードリンク】

まだある?黒田兵衛の謎

ここまできて、黒田兵衛は公安のボスであり、裏の理事官であることは確定しました。

ただ、まだまだ謎が多い部分があり、そこについてさらに考察していきます。

謎① 10年間寝ていたのは嘘。替え玉がいた?

先程の伊織無我との会話で元々公安警察であり、二人はコミュニケーションを取っていたのは確定です。

伊織は30歳であるため、大学卒業しても22歳、そこから直ぐに潜入搜査に入ったとしてもMAX8年前。つまり、この間に黒田が寝ていたことになっているので、ベッドで寝ていたのは別の人物であることがわかります。

黒田は表に出てきてはいけないので、このような形をとることで過去の素性がわからないようにしていそうですね。

【スポンサードリンク】

謎② 黒田兵衛=赤井務武である説

個人的にこの説の正解が本当にわかりません。

漫画での描写がある時に、黒田の目の下のくまと赤井秀一のくまというのが凄い似ています

これを青山先生が好意的に似せていた場合は黒田=赤井務武という説がなり立ちます。

ただ、ここは材料が少なくて断定はできません。ただひっかかる点はあります。

赤井務武はMI6である

赤井務武はイギリスの諜報機関であるMI6の一員であります。

そのため、日本の公安の警察と掛け持ちってできないのでは?というのが純粋な疑問。

流石にそれは無理なのでは?と思ってしまい、少し考えにくいと思っています。

【関連記事】赤井務武は生きてるのか?

【スポンサードリンク】

謎③ 羽田浩司殺人事件/若狭留美の反応

この謎はRUM編でもとても大きなポイントです。

黒田兵衛は羽田浩司が亡くなったことを若狭留美の新聞記事を見て想像しました

つまり、何かしらの事件に関わっていたということは十分に考えられます。

もちろん降谷零が公安警察の研修の時に未解決事件として、羽田浩司殺人事件に触れていたのでその上司である黒田に情報が入るのは当たり前です。

ただ、若狭留美を見て何かを感じたので、この事件に何か関わっていたことはありそうです。

日本の警察の担当者が黒田だった説はある

ここで赤井務武であったら、一発で綺麗に繋がりますが、その説を否定した場合、黒田が何者なのか?ということになります。

羽田浩司の両親は警察には頼らずに、赤井務武の事件の依頼をしました。

つまり、この時日本の警察は何かしら動いてる説があります。そうなるとその担当者が黒田だったというのは0ではありません。

ちょっと弱いですが、羽田浩司殺人事件の日本の刑事が黒田と考えられます。※ちょい自信なさげ。

【スポンサードリンク】

謎④ 右目の義眼がやっぱり気になる

さてまだ謎があると言えば、黒田の右目が義眼であることです。

どの事件で目を失ったのか?などわかりません。

羽田浩司殺人事件の時に右目をやったとなると、若狭、RUM、黒田となります。(ここ赤井務武だと綺麗)

ここについては追々でそうなので注目していきましょう!

黒田兵衛の正体についてまとめ

今回は警視庁の黒田管理官についてまとめました。

この記事では黒田は公安のボスの裏の理事官であると結論づけます。

最初はいかにもRUMみたいな感じでしたが、最後の最後には正義側の人間であることがわかりました。

今後どのように絡んでいくのかわかりませんが、その動きに注目していきましょう!

【関連記事】RUM編のこれまでの時系列のまとめ

【関連記事】脇田兼則の正体はRUM(ラム)で確定?

【関連記事】「ゼロの執行人」から考察“黒田兵衛”の正体は?

【関連記事】若狭留美先生の正体は浅香?

黒田兵衛/黒田管理官の正体

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

この記事の目次