RUM(ラム)の正体が確定するのは何話で何巻?漫画&アニメの登場回はいつ

【スポンサードリンク】

「ラムの正体は何話でわかる?」

「RUMは漫画やアニメでいつ正体が確定したの?」

名探偵コナンで謎多き組織である黒の組織。その中で謎が多いのがナンバー2である「RUM(ラム)」です。

この記事が出てる時には既にラムの正体はわかっています。そこで今記事では漫画&アニメでラムの正体が何話?と知りたい人に向けてこの記事は紹介していきます。

※この記事は少しネタバレを含みます。

ラムの正体について知りたい方は↓

【関連記事】黒の組織No2「RUM(ラム)」の正体は脇田兼則で確定?

この記事の目次
【スポンサードリンク】

RUM(ラム)の正体が確定したのは何話?漫画&アニメ

ラムの正体は単行本だと100巻、アニメだとまだ(2023年3月〜4月頃)です。

漫画では単行本100巻のFILE8「RUM」でついに正体がわかります。

このシーズンのお話でFBIと黒の組織との対決をしており、このお話でラムが活躍し、その最後の最後にRUMの正体が脇田兼則ということが確定しました。

ラムの正体が確定したのは最後の最後

このお話で、ラムの正体を確定するだけでなく、ラムの能力の高さがわかるシーンがあります。

コナンが黒の組織に対して罠をかけようとしたりと、赤井秀一が黒の組織からキャメルを逃げようとさせたりしましたが、ラムがことごとくその上をいきました。

そして、なんとか工藤優作で上手くき…最後の最後のシーンでラムの正体がわかるという展開でした。とにかく見たほうが速いのでぜひチェックしてください!

コナンは100巻でラムの正体には気づいていない

このラムの正体が確定したのは視聴者の我々であり、主人公のコナンはまだラムの正体には気づいていません。

コナンはウォッカ→キャメルから聞いたラムは「ふざけた名前」という情報のみ入っています。コナンはこのヒントに今後ラムの正体を追っていくという形になります。

【スポンサードリンク】

まとめ

今記事ではラムがわかったお話について紹介しました。

単行本100巻でやっとRUM(ラム)の正体がわかりました。ラムは謎が多いからこそ、やっとか…ということでしたね。

この後はラムとの戦いになっていくので、今後に注目していきましょう!

【関連記事】黒の組織No2「RUM(ラム)」の正体は脇田兼則で確定?

【関連記事】【歴代】黒の組織のメンバーが登場する映画を順番に解説

【関連記事】黒の組織の“あの方”の正体「烏丸蓮耶」を予想考察

【関連記事】コナンRUM候補「脇田兼則」の登場回

【関連記事】「黒の組織」の登場回・重要回

ラムの正体が確定したのは何話で何巻?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

この記事の目次