名人戦×由美が誘拐!? 899話「封じ手」のネタバレ|漫画コナン

目次
【スポンサードリンク】

名探偵コナン899話「封じ手」のネタバレを大公開!

前回のFile898「緋色のエピローグ」は、ついに赤井秀一が来葉峠で生きていたことの真相が解き放たれた話でした。

そんな緋色シリーズから一旦、落ち着いて899話では新たに羽田秀吉のお話になります。

今回は899話「封じ手」の簡単なネタバレと感想(考察)をお届けしていきます。

こちらのFile899はアニメで785話・786話「太閤恋する名人戦 前編・後編」放送された原作となります!

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

  1. 899話「封じ手」のあらすじとネタバレ
  2. 899話「封じ手」の感想と考察

 

【スポンサードリンク】

 

名探偵コナン899話「封じ手」のあらすじとネタバレ

物語は舞台は山梨県の「時和ホテル」。

女性「太閤名人、そろそろ…」

羽田秀吉「その呼び名はよしてください…名人位は、これから獲りに行くんですから…」

と、和服に着替え終わった羽田秀吉が、ホテルのお手伝いの女性のような人に言います。ホテルの女性達は既にタイトル六冠王を獲っている羽田を、世間的には太閤名人で定着していると言いました。

秀吉は今回の名人戦は、最初の2勝から名人に逆転されて、なんとか3勝3敗のタイに持ち込んだが、昨日の最終局の1日目も名人の猛攻を凌ぐで防ぐので精一杯だったとのこと。

ただ女性達は、昨日解説では羽田六冠が優勢であって、名人は封じてにかなり悩んでいるというのでした。

 

【スポンサードリンク】

 

899話のネタバレ① 秀吉と由美の約束

女性達と話している時に秀吉から、恋人である由美が「Vサイン」をしている写真が出てきました。

これを見た秀吉は「2日前」のことを思い出す。

2日前のとあるカフェで、昔、渡した封筒の話になりました。しかし、その封筒はどこかにいってしまったと由美から告げられてショックをウケる秀吉。

今回の名人戦に勝利をしたら、太閤名人は「名人」の冠も手に入るため、7つ揃うまであと2日という所でした。ここで非番の由美をわざわざ呼んだのはその封筒を持っているか?という確認だったのです。

 

由美は帰ってしまう

由美は秀吉の行動に呆れてしまい、「帰る!」といってカフェから出ていってしまいました。追おうとした所、

男性「あれ?もしかして太閤名人?私、あなたの大ファンなんです!よかったらサインを」

と、サイン攻めにあってしまった秀吉が外に出た時には、既に由美はいなくなっていました。

そんな秀吉を車の中で見ていた怪しい男が心の中で

怪しい男「さぁ、手合わせ願おうか…羽田秀吉…」

 

【スポンサードリンク】

 

899話のネタバレ② その頃、コナン達は

博士の車に乗っている少年探偵団と灰原達の話題は、羽田秀吉について。

コナン「太閤名人、羽田秀吉の名人戦だよ!まぁ今は名人だけ持ってないみたいだけどな!

今日、取り戻したら七冠王!史上2人目の大快挙だよ!」

ここで光彦が、由美から聞いた「7つ」というのはこの事を指していると理解しました。

さらに灰原が封筒の中身は「婚姻届」であると推理し、子供達は由美が結婚するのでは?とワクワクを抑えられない状態でした。

 

コナンに電話がかかってくる。

コナンの元に電話をかけてきたのは世良真純。

世良真純「今、また新しいホテルに移ったからさー…遊びに来ないかな!って思ってさ…。ホテル坏戸プライド!探偵事務所から割と近いよ!」

と世良は、近くにメアリーがいながら電話をかけている様子でした。

ただ、コナンは今から「パワースポット巡りをする」という理由で断りました。

 

【スポンサードリンク】

 

899話のネタバレ③ 太閤名人に手紙が届く

ホテルの女性「太閤名人!太閤名人ってば!!」

と秀吉にまたしてもホテルの女性が話しかけます。

ホテルの女性「2日目の対局再会直前に渡してくれって…昨日の朝方、妙な男の人が持ってきたんです…送り主の名前を見せれば受け取ってくれるって…」

と、手紙の封筒の名前を見ると「宮本由美」と書かれていました。

秀吉は由美タンからの手紙と思い、笑顔で開けるも…中を見て表情がこわばりました。

 

【スポンサードリンク】



 

899話のネタバレ④ 名人戦が始まる

「封じ手を開封します…封じ手は…5六銀!」

と秀吉と名人の対局がスタートします。

しかし、秀吉は席を立ち「長考します!」と宣言をして、タクシーに乗り「東京まで」と言い、山梨から東京に向かいます。

 

手紙の内容とは?

秀吉がタクシーの中で手紙を見ます。

手紙内容「お前の女は我が手に在り、助けたくば我が寄付を読み解いて参られよ。お前の持ち時間は時間が尽きるまで待つ、他言無用。警察は禁じ手とする。

首なし棋士」

さらにもう一枚の紙には

手紙の内容「第一局

七つの神社の内の一つが、盗賊に襲われ宝物殿が二日で空になり、井戸に身を潜めていた神主の娘も連れ去られた」

最後に写真が同封されており、その写真にはなんと由美が縄で拘束された写真が入っていたのです。

つまり「首なし棋士」という何者かに由美がさらわれてしまい、制限時間は名人戦が終わるとのこと。秀吉は心の中で、

羽田秀吉「1日目で僕が使った時間は4時間2分…昼食休憩の1時間を加えれば…残り6時間足らず…。

いつも待たせてすみません…でも必ず…必ず迎えに行きますから…待っててください!!」

 

【スポンサードリンク】



 

899話のネタバレ⑤ 秀吉は目的地に到着する

とある神社についた秀吉、ここの時点で残りあと「4時間10分」。一局目のヒントに書かれた井戸を探し出さないと焦っていると…

コナン「あれ?太閤名人…どうしたの?今日って名人戦だよね?」

と、コナンと博士、少年探偵団が合流しました。ここで秀吉は「他言無用」と書かれていたため、コナン達には山梨で対局だけど、2時間かけて気分転換にきたと嘘をついたのでした。

 

コナンは全てを察していた

コナン「わぁー太閤名人だ!!サインちょうだーい!!」

と、コナンは自分がファンによそって声をかけることで、不自然にならないと考えました。そして、秀吉にメモ帳にサインを書くふりをしながら、本当の目的を書いてもらうようにしました。

全てを知った少年探偵団達とコナン。ここで秀吉は井戸の場所がわからないと言うと、コナンはその井戸の場所はわかると言うのでした。

コナン「たった今みんなで行ってきた所だから…なんたって運気の上がる…パワースポットらしいからね!!」

ここで羽田秀吉の持ち時間は3時間58分となり、File900に続きます。

 

【スポンサードリンク】



 

名探偵コナン899話「封じ手」の感想

今回のお話はついに羽田秀吉の最後の冠である「名人戦」ですね。

既に封筒の行方はわからない由美ですが、この戦いに買った後に、結婚することはできるのか、必見です。

由美のために山梨からきた秀吉の愛を感じる物語の続きに注目していきましょう!900話のネタバレはこちら↓

羽田秀吉と由美の馴れ初め!900話「王手」のネタバレ|漫画コナン

羽田秀吉についてはこちら↓

羽田秀吉が養子になった理由とは?赤井秀一/世良真純/メアリーとの関係性を公開!

赤井秀一やメアリーの正体についてはこちら↓

【コナン】FBI捜査官“赤井秀一”とは?赤井一家や安室透との確執まで公開!

“世良メアリーの正体”とは?幼児化の原因/時期|赤井務武/灰原との関係性

2020年の映画はこちら↓

【赤井一家】2020年度の映画第24弾「緋色の弾丸」のあらすじと予想|劇場版コナン

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる