誘拐された理由!?コナン1127話の考察&予想ネタバレ|漫画コナン

【スポンサードリンク】

1つ前のFile1126話では新たなシリーズに入りました。

安室透や世良真純が登場したりと少し豪華な回でした。

1126話の最後の部分では、まさかのコナンと梓が誘拐されてしまい、どうなるのか?というのが注目なポイントとなります。

そこで今記事では2024年6月19日少年サンデー30号の名探偵コナン1127話の予想考察(ネタバレ)をご紹介していきます。

この記事の目次

名探偵コナンの最新話について

↓サンデーで掲載されている名探偵コナンの最新話については以下記事をチェックしてください↓

▼【参考記事】▼
名探偵コナンの最新話の考察&ネタバレについて

コナン1127話の考察&ネタバレ

1126話の最後の部分ではコナンと梓が誘拐されたところ。

気になる部分を少し考察していきます。

1127話の考察(ネタバレ)① 梓とコナンが誘拐された理由

今回気になる部分がその動機。

1127話以降では判明しそうですが、簡単に考察してみると、物語の冒頭の「梓の発言」。

「猟奇殺人鬼の顔を見たことがある。」という所。

犯人は捕まっているので、犯人が梓を捕まえるのは難しいので第三者となる。

もし、犯人とその仲間が喫茶ポアロにきたことがある、または梓がまだ覚えていない他の場所で一緒に顔を見られてしまった

そうなると梓の証言によって自分も捕まるかもしれないということで、梓を捕まえたということが考えられます。

1127話の考察(ネタバレ)② 容疑者の三人がマスクを付けている

今回の容疑者は喫茶ポアロに来ていた三人。

3人ともマスクをしている所がポイントです。

一人の男性は花粉症というのがわかっていますが、あとの二人が何かまだわかっていません。

後のおばあさんの発言から猫アレルギーというのは一つ当てはまるかもしれません。

そうなるとあと一つが何かという所。

猫アレルギーは犯人に繋がるのは一つのミスリードに繋がりそうな気がしており、安室さんが使っていたハーブがアレルギーだったり何かしらのアレルギーの可能性はゼロではありません。

花粉症、猫アレルギー、あと1つ。

ここがマスクをした容疑者から犯人を見つける鍵になりそうです。

1127話の考察(ネタバレ)③ 公安による犯行の説はある?

今回の物語で恐らく安室の目的である「工藤新一」についての調査について触れると思います。

その一環として、公安がコナンと梓を誘拐して…という説は1つあるかもしれません。

ただ、謎の老人に安室が依頼された時のことを思い出してみると、公安の風見を残して一人で会いに行きました。

つまり公安としての業務として動いていないということがわかります。

そうなると、公安警察を利用するのは難しいというのがわかります。

となると、公安による犯行というのは考えられにくいのかなと思います。

コナン1127話のネタバレ

※後ほど更新します。

コナン1127話のネタバレの感想

※後ほど更新します。

原作コナン1127話のネタバレ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

この記事の目次