伊織の無我の正体は公安!? 大岡紅葉の執事と安室透/諸伏景光との関係は?

【スポンサードリンク】

「紅葉の執事の伊織ってどういう人物?」

「伊織無我の正体は元公安の警察?」

映画「から紅の恋歌」で初登場を果たした「大岡紅葉(おおおかもみじ)」

和葉の恋敵として登場していますが、実はこの紅葉の秘書に気になる人物が…それが執事の「伊織無我(いおりむが)」

ただの執事かと思いきや、初回の登場では変装していたり、戦闘能力がやたら高かったり…102巻ではとある人物との関わりがわかったりしました。

そこで今記事では大岡紅葉の執事である伊織無我の正体について大公開します!

この記事の目次
【スポンサードリンク】

伊織無我の簡単なプロフィール

  • 名前:伊織無我(いおりむが)
  • 声優(CV):小野大輔
  • 職業:大岡紅葉の執事
  • 年齢:30歳

簡単なプロフィールになりますが、まさかの30歳!

ちょっと老けて見えますが、若さがありますね…。これが後の正体の考察にちょっと繋がってきたりしています。

ちなみにドラマ「大岡越前」に登場した榊原伊織と、その俳優である竹脇無我からとった名前です。

【関連記事】大岡紅葉の正体とは

【スポンサードリンク】

伊織無我の初登場は92巻!

伊織無我の初登場は単行本92巻

喫茶ポアロで、偽名「和田進一」という名前を使って登場しています。

最初は変装もしており、コナンと平次がその存在に気づかないほど気配を消していました。最初、名前「???」ちょっとビックリでしたね笑

そして、このお話が終わると変装を解き、大岡紅葉の執事であることがわかりました。

伊織無我の登場回のまとめについてはこちら↓

【関連記事】伊織無我の登場回まとめ|漫画&アニメ&映画

伊織無我は元々、映画の特別キャラの設定?

ここまできて謎の人物的な立ち位置の伊織無我でしたが、恐らく最初の構想では映画「から紅の恋歌」の特別キャラの一人として採用しようかなと思った説はあります。

そこから意外と使えるとなり、広げていったのかな?というのが自分の中の考察です。

大岡紅葉が映画だけでなく、コナンの通常回でも登場したのは、和葉に恋敵があったら面白いかな〜?という青山先生の想像からかなと考えられます。

そしてその執事である伊織無我という人物を採用したのかなと思っています。※個人的な考察

【スポンサードリンク】

伊織無我の推理力と戦闘力

さて、ただのモブキャラにしては初登場では、推理力が高さが垣間見えたり、紅の修学旅行では紅葉を守るために天狗を撃退したりと戦闘能力が高めです。

さらに原作コナンの「大岡紅葉の挑戦状」のお話ではとある平次とのやり取りが気になります。

それはコナンと平次が暗号を解いた後の言葉、

平次「けどアンタら何者や?こうなると想定して前もって車用意してたんやろ?」

伊織「まぁそれは…いずれ…」

という回答をしました。

つまり伊織が暗号を既に解いており、移動が必要であることを事前にわかっていたことが垣間見えます。

このいずれ…というのが少し謎ですが、恐らく伊織がこうなることを想定したというのは推理できます。

※いずれ…正体ばらします。いずれ…わかります。などなど考えられます。

ここまで見て、伊織がただの秘書ではなく、推理力や戦闘力が高いのがここだけの情報でわかります。では、正体は何なのか…?

【スポンサードリンク】

伊織無我の正体は元公安の警察?

この正体というのが102巻の掲載のお話で判明します。

それは黒田兵衛との会話で、

黒田「点検するその癖…まだ抜けてないのか?榊原…」

と、黒田とまさかの顔見知りであり、さらに特別な言葉を使います。そして・・・

伊織「昔の潜入先での偽名で呼ばれると当時の事を思い出して気が滅入ります…」

これを聞いたコナンが、点検と消毒…公安か!!!となります。

つまり、ここまで考察した通り、伊織無我の正体は元公安警察だったということが判明します。

それは、推理力や戦闘力など一定の能力が高いことも納得です。

伊織無我と黒田兵衛との関係

今回、伊織無我が公安というのは、黒田兵衛との発言で判明しました。

つまり、この会話から黒田も公安警察であることが確定します。

そして、関係性としては黒田が上司、伊織が部下という関係がほぼほぼ固いと思います。プラスすると安室透の上司も黒田ということも言えます。

今となっては公安警察を伊織が辞めてしまったので、黒田と伊織は元上司と部下というところが固いでしょう。

【関連記事】黒田兵衛の正体は公安のボス??

【スポンサードリンク】

伊織無我と安室透の関係とは?

さて、このお話では少し気になる点があります。

伊織無我がとある人物と会っており、それがポアロという店で「金髪の彼」という人物であったみたいです。これは黒田が会ったみたいだな、と言ったことからの会話。

「喫茶ポアロで謎解きを」が初登場だったので、ここまで含めると伊織無我が安室透に会ったと解釈した方が良いでしょう。

実際にあの事件にいたのは平次とコナンと安室さんなので、伊織無我があったのは安室透で確定でしょう。実際に伊織が言ったコメントが

伊織「ああ…金髪の彼…過去の柵を引きずっているようですが…悪くないかと…」

と安室透について語っています。

恐らくこの文脈からは、公安の元先輩としては悪くないという部分を言っていると思います。

安室さんが29歳で、伊織が30歳であるため、先輩というのは納得です。ただ、会話から恐らく初めて会ったというのもわかるので、安室と繋がっているというのはなさそうです。

【スポンサードリンク】

伊織無我と諸伏景光(スコッチ)の関係

さて公安と言えば、もうひとり欠かせないのがヒロです。

伊織も元公安ならヒロと関わりがありそうですが、実際の所わかりません。

安室について「過去の柵」と言っており、これがヒロが亡くなったことだとすると、ある程度の組織に潜入していたことは知っていると思います。

ただ、関係について名言されていないので、知らない説が濃厚でしょう。

さらに黒田が伊織のことを“榊原”と言っており、安室のことをバーボンと言っていることから、伊織の潜入は組織の潜入ということはなさそうな感じがしています。

ここまで揃えるとヒロとの関係は薄いのかなと思います。

【関連記事】スコッチ・諸伏景光(ヒロ)の正体

伊織無我はなぜ公安を辞めたのか?

元公安ということで、今では大岡紅葉の執事として務めています。

黒田との会話で潜入搜査時代は気が滅入ると言っており、いい思い出ではないことは間違いないです。

まだ詳細はわかりませんが、何かしらの事件をきっかけに辞めたと考えてよいでしょう。

そして辞めた後は大岡紅葉…大岡家に仕えることになりました。黒田が大岡家と知り合いであることから、黒田の経由?で仕えることになったとも考えられます。

【スポンサードリンク】

伊織無我のまとめ

今回は紅葉の執事である伊織無我についてまとめました。

ただの執事かと思いきや、意外と重要な人物でもありそうなことがわかります。

元公安ということで今後どのようにコナン達と絡んでいくのか?注目していきましょう!

【関連記事】「黒田兵衛/黒田管理官」の漫画&アニメの登場回は何話

伊織無我の正体

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

この記事の目次