羽田秀吉と由美の馴れ初め!900話「王手」のネタバレ|漫画コナン

目次
【スポンサードリンク】

名探偵コナン900話「王手」のネタバレを大公開!羽田秀吉と由美の馴れ初め

太閤名人がついに最後のタイトル「名人戦」のシリーズ2話目。前回の899話「封じ手」では、羽田秀吉の恋人である由美が誘拐されてしまいました。

秀吉は由美を助けて、名人戦に間に合うことはできるのでしょうか?

今回は900話「王手」の簡単なネタバレと感想(考察)をお届けしていきます。

こちらのFile900はアニメで785話・786話「太閤恋する名人戦 前編・後編」放送された原作となります!

※ここからはネタバレの内容になるため注意してください。

  1. 900話「王手」のあらすじとネタバレ
  2. 900話「王手」の感想と考察

 

【スポンサードリンク】

 

名探偵コナン900話「王手」のあらすじとネタバレ

コナン「この神社で有名な井戸といえば…この加藤清正が掘ったと伝わる清正の井戸だよ?」

と、秀吉へ送られた脅迫状の「第一局」に書かれた、井戸の場所についてコナンが清正の井戸と言うのでした。

灰原が言うには、この清正の井戸を写メで撮って携帯の待ち受けにしたところ、TVタレントが急に売れだしたから、運気が上がるパワースポットとして有名になりました。

清正は豊臣秀吉の家来であったため、太閤名人なのに知らないのかよ!と少年探偵団に突っ込まれるのでした笑

 

900話のネタバレ① 暗号の意味とは?

ここで阿笠博士が最初の暗号を見て、何故、このヒントが今いる神社を指しているのかを理解できなかった…。

一局目の内容は

脅迫状「七つの神社の内の一つが、盗賊に襲われ宝物殿が二日で空になり、井戸に身を潜めていた神主の娘も連れ去られた」

ここでコナンが解説する。7つの神社というのは、将棋の七大タイトルである名人、竜王、棋王、王将、王座、棋聖、王位を意味している。

棋譜や首なしの“棋士”と言っていることから、将棋関係であることがわかる。

さらに将棋は本来「双玉」で、王の取り合いではなく財宝の取り合いを意味したゲームであり、「宝物殿が二日で空になり、」という部分を玉である王が消えたということ。

七大タイトルの中で、名前に王が無いのは「名人戦」と「棋聖戦」、そして2日かけて戦うのは「名人戦、竜王戦、王位戦、王将戦」の4つ

この2つの条件が当てはまるのは名人戦となる。「めいじん」の名前が入った神社は「明治神宮」となるのです。

 

【スポンサードリンク】

 

900話のネタバレ② 名人戦の対局相手は…

記者「羽田六冠がタクシーで東京に!?」

山梨県の時和ホテルに集まっていた記者達は驚きを隠せなかった。

ここで関係者が携帯にはかけているも、全く応答がない…と言うと、秀吉の対戦相手である名人は、

名人「持っておらんよ…対局中は携帯電話の類いに一切、手を触れないというのが暗黙のルール…

彼に何があったかは計りかねるが…彼は「長考する」と宣言して席を立った…この名人、勝又、力との勝負をまだ捨ててはいないという事だ…

待とうじゃないか…私を敗り、七冠を制して神になろうとしているあの男を…」

対戦相手の勝又名人がイケメンですね…。

 

【スポンサードリンク】

 

900話のネタバレ③ 羽田秀吉と由美の馴れ初め

明治神宮の清正の井戸であることがわかった一同。井戸に由美がさらわれたヒントがあると踏んできた、秀吉…。

今回の「待ち時間が尽きるまで」と書かれているのが、あと残りは「約3時間50分」でちょうど午後3時間頃がタイムリミットとなる。

急いでみんなでパワースポットに並ぶことになる。パワースポットである井戸は結構並んでおり、この行列を見た秀吉は、

羽田秀吉「ダメだな僕は…将棋に待ったはないのに、僕は待たせてばっかりだ…由美さんと出会った時もそうだったし…」

ここで一同は由美と秀吉の馴れ初めを聞くことに。

 

【スポンサードリンク】

 

10年前の東都環状線が出会い

10年前ぐらい「順位戦」を終えた秀吉は、東都環状線に乗っていた。その日の試合はいつもよりも後味が悪い試合であったため、秀吉は精神的にヘトヘトになっていると…

由美「ねぇちょっと!ちょっとってばー…」

と秀吉はいつの間にか寝ており、その時にたまたま由美に寄りかかっていたのでした。由美は

由美「それより早く降りて!あなたこの駅で降りるんでしょ?切符持ってるじゃない!じゃあ私、こっちだから…」

と、駅に降りた由美は、今のっていた外回りではなく内回りの駅のホームへ行きました。

 

由美は秀吉のために電車を通り過ごした

まさか?と思った秀吉、ここで由美が携帯電話を出して

由美「あー!美和子?ゴメン、電車の中でウトウトしちゃって駅5、6個すっ飛ばしちゃってさー。今、内回りの電車で戻るとこ…だからカラオケボックスには先に…」

秀吉「ま、待っててくれたんですか?自分が下車する駅通り過ぎてるのに…僕を起こさずに待っててくれたんですね!!」

由美「ええ…あなたの笑顔があんまりかわいかったから♡」

という、二人の馴れ初め、由美の優しさを聞いた一同は感動し、探偵団は全員ぜったいに助け出そうと言うのでした。

 

【スポンサードリンク】

 

900話のネタバレ④ 目的の井戸に到着する

一同は清正の井戸につき、コナンと秀吉は井戸になにかしらのヒントがあると、覗き込むと…小石の中に何かあることに気づく。

そしてその何かをとってみると「香車の駒」でした。

駒の底には「第二局」と刻まれているから、これは犯人のこしたてがかりということになります。

さらに香車の裏を見てみると「七 ⊥ 三」のような図形が書かれていたのです。秀吉やコナンは全くこの図形を理解できずにいた…。

 

犯人は部屋で将棋を指す

その頃、犯人は何やら室内で将棋を指している様子。

犯人「さぁ王手だ…羽田秀吉…お前は私の「と金」を取らざるを得まい…さすれば私の持ち駒である…この「飛車」が…お前の攻めを蹴散らし陣形は総崩れ…

私の勝ちは揺るぎ無い…決まっていた事なのだよ…10年前からな」

と犯人がいる部屋には拘束されている由美の姿が…どうやら、10年前の試合が鍵を握っているのかもしれませんね。

 

【スポンサードリンク】



 

900話のネタバレ⑤ コナンに電話がかかってくる

図形に関しては全くわからないコナンの元に、佐藤刑事から電話がかかってきました。

ここでどうやら佐藤刑事は、由美が2日も無断欠勤しており、家にも帰っておらず、携帯もつながらないため、コナンに電話をしてきたみたいです。

ここで電話越しにいる秀吉が、犯人は警察に言ってはダメということから「しーっしーっ」というジェスチャーをコナンにするも…

 

コナンは伝えてしまう

コナンは秀吉のジェスチャーを無視して

コナン「知ってるよ!今、僕らも探してるとこ!」

と言い、この後に由美はおとといの夜に酔っ払ってしまい、タクシーに乗っていた知らない街で降ろされ、携帯も財布もなく、公衆電話でコナンに電話をするも途中で小銭が切れたみたい。という嘘を伝えました。

さらにコナンは

コナン「由美さんなら絶対、何とかして連絡して来ると思うから…その時の為にミニパトスタンバらせといた方がいいと思うよ!」

と、コナンはここでパトカーの出動の準備を整えたのです。佐藤刑事と一緒にいた苗子は「交番に行けばいいのに…」と心の中で思うのでした。

 

【スポンサードリンク】



 

900話のネタバレ⑥ 「香車」の意味とは

ここで香車の意味について、秀吉に話を聞いて見ると。

香車は安産祈願の御利益や、昔、遊郭の遣り手の事を呼んだとかあるとのこと…。灰原が遊郭の遣り手については聞くと、

香車の事を「ヤリ」と呼ぶからでは?と言うと、子供達がなんで槍なの?とさらに聞くとコナンが、香車はどこまでもまっすぐ前に進むから槍のようだから…。

と言いかけた時に「七と三」の意味に気づいた様子。同じく秀吉も何かに気づいた様子。

ここでコナンは博士に車の準備をさせて

コナン「知りたきゃ向こうに着いてから教えてやるよ!恐ろしい名前のついた坂の途中にある場所だけど…お前らも来るか?」

と言うのでした。残りの持ち時間は3時間4分で、File900は終了します。

file901に続く…。

 

【スポンサードリンク】



 

名探偵コナン900話「王手」の感想

今回は秀吉と由美の馴れ初めについて、細かく触れられたお話でした。

二人が出会ったのが10年前であり、今回の犯人も10年前と言っていたので何か関係がありそうですよね。

次回以降のお話も注目していきましょう!901話のネタバレはこちら↓

「香車」の意味とは!?901話「禁じ手」のネタバレ|漫画コナン

羽田秀吉についてはこちら↓

羽田秀吉が養子になった理由とは?赤井秀一/世良真純/メアリーとの関係性を公開!

赤井秀一やメアリーの正体についてはこちら↓

【コナン】FBI捜査官“赤井秀一”とは?赤井一家や安室透との確執まで公開!

“世良メアリーの正体”とは?幼児化の原因/時期|赤井務武/灰原との関係性

2020年の映画はこちら↓

【赤井一家】2020年度の映画第24弾「緋色の弾丸」のあらすじと予想|劇場版コナン

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる