19世紀の事件!?893話「星付きレストランの謎」ネタバレ|アニメ名探偵コナン

目次
【スポンサードリンク】

名探偵コナン893話「星付きレストランの謎」

2018年2月24日放送の893話「星付きレストランの謎」の簡単なあらすじを紹介します。

2月最後の放送でしたが、2月3日、10日はアニメオリジナルの「幕末維新ミステリーツアー山口編・萩編」で、2月17日はデジタル・リマスターの91話「強盗犯人入院事件」でしたね。

さて今回は新たなお話になりますが、漫画orアニメオリジナルなのでしょうか?あらすじと一緒にお届けしていきます。

  1. 「星付きレストランの謎」の対象マンガ
  2. 893話「星付きレストランの謎」のあらすじと予想
  3. 893話「星付きレストランの謎」のネタバレと感想<2ページ>

※ここからはネタバレを含むため注意が必要です。

 

【スポンサードリンク】

 

1. 「星付きレストランの謎」の対象マンガ

アニメを見る時に気になる漫画の原作かどうか。今回の「星付きレストランの謎」は、アニメオリジナルのお話です。

1月の放送の名探偵コナン889話・890話「新任教師の骸骨事件 前編・後編」では、今後のコナンの中でも特に重要になってくる人物の若狭留美が登場したりと、物語が進んできました。

只今、少年サンデーでは青山先生がおやすみしているため、物語が進んでいません。そのため、アニメの話が進みすぎないように調節もしているのかなと思います。

893話はどうやら一話完結型なので、物語を把握してない方でも大丈夫ですね!

 

【スポンサードリンク】

 

2. 893話「星付きレストランの謎」のあらすじと予想

公式ページのあらすじは↓のようになります。

小五郎、コナン、蘭は湖畔にある人気レストランにやってくる。テーブルには始まったばかりの5人分のディナーが供されていたが、肝心の客の姿はなかった。

この後、コナンたちは頭から血を流したオーナーシェフの口石を発見。小五郎が消えた客の事を訊ねると、口石は裏口を指し示す。

ドアには「呪」と書かれた紙が貼られ、5人の足跡は10m先の湖に続いていた。コナンは現場の状況に違和感を抱き、謎めいた事件の真相に迫るが…。

 

ネクストコナンズヒントは「メアリー・セレスト号」

ネクストコナンズヒントに「メアリーセレスト号」と出てていたため、恐らくこの豪華客船が事件に何か関係がありますね。

あらすじ動画の中で、謎の男性がアタッシュケースを開いていたため、何か事件に関係あるのかなと思います。

テレビのあらすじの中でコナンが「メアリー・セレスト号事件じゃない?」と発言しています。これは実在するのかな?とGoogle先生で調べて見ると…。

どうやら1872年にポルトガル沖で発見された、無人のまま漂流された船のことでした。つまり今回の事件が関係があるのか、それとも小五郎達がいったレストランが誰もいなかったということで、「メアリー・セレスト号事件」と似ているということなのでしょうか?

 

【スポンサードリンク】

 

三ツ星レストランということはミシュラン?

「三ツ星レストラン」と聞くと、やはりミシュランの三ツ星という意味なのかな?と捉えることができます。

今回の事件はコナン達が行く、レストランが有名どころでそこで事件が起きるというのが想定できますね。どのような展開になるのでしょうか。

893話「星付きレストランの謎」のネタバレと感想

今回はアニメオリジナルのお話とするため、どんな話だったのか?ということが気になる方も多いかと思います。ここからはお話のネタバレと感想をお伝えしていきます。

 

小五郎達がレストランに付くともぬけの殻に

コナンと蘭、小五郎は、湖が見える三ツ星レストラン「CUCINA」に付くと…。どうやら先客がいるみたいとのこと。

しかし、中に入ると客の姿はなく、テーブルの上で5人前の料理が載っているテーブルがありました。

この風景を見た小五郎とコナンは「メアリー・セレスト号事件」に似ていると話す。19世紀に実際に起きた未解決事件と似ているとのごと。暖かいスープや料理が残っているため。

 

【スポンサードリンク】

 

シェフの口石が何者かに殴られていた

ここのレストランの口石が何者かに殴られて、頭を怪我していました。そして、裏口から湖につながる道には足跡が…ドアには「呪」と書かれた紙が刺さっていました。

コナン達は何かの事件に巻き込まれたと思い、警察に連絡をし、お話はスタートします。

 

消えたのは同じ会社の5人。

いなくなった5人は恩田交易の会社の人であることがわかりました。残っていたスマホの写真から、5人全員の身元が割れていました。

小五郎達がくる20分前に5人は来店をしており、そこから乾杯やら料理を食べている時に、口石が何者かに殴られてしまったとのこと。

 

恩田交易には黒い歴史が。

恩田交易は3年前に貴金属の密輸で、警察の取り調べを受けていました。しかし、その責任を一人の重役が被ったとのこと。なんとその重役が、口石というシェフと同じ苗字でした…。

これは事件の香りがしますね。口石はブログに「呪」と張り紙が貼られたとあげていました。そして、シェフの口石も湖に足跡を残し、消えてしまいました。冷蔵庫には「呪」と書かれたあらたら張り紙が…。

 

警察が湖を捜索する中…コナンは。。

シェフの口石が湖に消えたとのことで、千葉刑事達が湖を捜索している中、コナンと高木刑事は湖とは反対の方向に。どうやら「呪」の2枚の紙を合わせると、地図になっており、コナンはそこに行くことに。

そして、目的地には倉庫があり、開けてみると…なんと紐で縛られた恩田交易の5人が現れました。

コナンは全て口石が自作自演であることを突き止めました…。

 

 

その頃、貸金庫では

恩田交易の社長がおり、そこにシェフの口石がナイフを持って現れました。どうやら、恩田交易の亡くなった口石は、シェフの父親みたいでしたね。

そこに目暮警部と小五郎、コナンが到着し、これまでの全ての謎を解きました。5人は元々、社長の呼び出しにより監禁されていた倉庫にきて、縛られてしまったのです。

しかし、全て仕組んでいたのは口石で、わざとヒントを残すことで小五郎にこの謎を解いてもらうことを予想していました。

こうして、貸金庫に裏帳簿を持って逃げようとした恩田を呼び出すためだったのです…。

 

口石は父親の名誉のために犯行をおこなった

口石はとあるきっかけで父親には責任がないことを知りました。そのため、わざとヒントを残し、裏帳簿のありかを暴くことで、父親の無実を晴らしたかったみたいですね…。

見事にその通りになりましたが、なんとも悲しい事件でしたね…。

 

「星付きレストランの謎」の感想

今回はアニメオリジナル事件でしたが、相変わらず悲しい事件でしたね。「メアリー・セレスト号事件」とも関連付けたりと、ミステリーファンの方には面白い内容だったのではないでしょうか?

次回はマンガのお話に戻り、物語の重要な人物が登場します。3月3日放送のコナンはこちらになります。

名探偵コナン894話・895話「となりの江戸前推理ショー 前編・後編」(アニメ)の考察とネタバレ(感想)

合わせて読みたい2018年映画の『ゼロの執行人』↓

【予備知識】2018年劇場版名探偵コナン第22弾「ゼロの執行人」のあらすじを公開!

【スポンサードリンク】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる