「安室じゃない…公安警察、降谷零だ」はハロウィンの花嫁で言った?意味などを徹底考察

URLをコピーする
URLをコピーしました!
【スポンサードリンク】

「ハロウィンの花嫁の予告の「安室じゃない…公安警察、降谷零だ」の意味って?」

「ハロ嫁で安室はあの名言を言ったの?」

2022年公開の映画「ハロウィンの花嫁」

予告の中でも安室さんの活躍がわかるような動画が多かったです。

では…実際に映画を見てみて…やっぱり最高でしたね!感想は以下記事に↓

【関連記事】ネタバレ有り「ハロウィンの花嫁」の感想

では、今回の記事では安室さんが予告動画で言っていた

「安室じゃない…公安警察、降谷零だ」

は実際に映画で言ったのか?どんな意味なのか?というのを解説していきます。

※この記事ではネタバレを含みます。

目次
【スポンサードリンク】

ハロウィンの花嫁で安室が名言を言う予告動画

こちらの予告動画①の最後に安室こと降谷零が黒電話を壁に叩いて

「安室じゃない…公安警察、降谷零だ」

と言いました。では、この名言はどこで言われたのか?実際に紹介していきます。

【スポンサードリンク】

「安室じゃない…公安警察降谷零だ」は映画で言った?

実はこの予告で話していた「安室じゃない…公安警察、降谷零だ」は実は映画ハロウィンの花嫁では言ってないです。

予告を見て楽しみにしていた人からすると、すごい残念でした…。

では、なぜ予告で使われたのか?考察していきます。

「安室じゃない…公安警察、降谷零だ」を使った理由とは

予告で使ったということは、なにか意図があるかもしれません。

では、僕なりに考察をしてみると…

今回の映画では最初から最後まで、降谷零の登場でした。

安室透としての登場は一回もありませんでした

さらにコナンの前でも公安であることを隠さずに、素のままでいました。

ゼロの執行人では、安室でありましたが…今回は降谷でした。

そういったことを含めて、今回の映画では安室透ではなく、降谷零として登場したということを予告で伝えたかったのかなと思います。

みればわかりますが…ハロ嫁は降谷零としての魅力がある映画でした!

【スポンサードリンク】

「安室じゃない…公安警察、降谷零だ」のまとめ

今回の映画ではなく、いつもの安室さんじゃなく降谷零と伝えたいために予告動画に入れたと思います。

映画本編では、出てこなくて残念でしたが、そういった意味ならしょうがないかなと思います。

今回の映画では完成度も高いので、見てない方はぜひみてください!

【関連記事】2023年最新!名探偵コナンの26作目の映画はあの人物達と…!?

【関連記事】ハロウィンの花嫁の犯人の動機や伏線|プラーミャが降谷に首輪爆弾を付けた理由

関連記事】ハロ嫁の安室透の“口パク”を解説!ハロウィンの花嫁の予告で出た内容の意味

【スポンサードリンク】
安室じゃない、公安警察、降谷零だ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる